瞬発力を鍛えて憧れのテニスプレイヤーへ!

テニス のスクール・教室

スマッシュが決まれば気分爽快!ラリーが続くようになると上級者気分です。テニスは上達に従って自然に少しずつ運動量が増えるので、ムリせず体力をつけられます。

テニスについて

年齢や性別、身体的個性を問わず広く親しまれているテニス。オリンピックやパラリンピックで採用されている競技であり、プロテニスプレイヤーを目指す人も数多くいる定番のスポーツです。ラケットとボールさえあれば気軽に楽しめるため、日頃の運動不足解消、体力増進を目的に始める人も少なくありません。テニスは、定年後の夫婦共通の趣味や、子どもを持つ親同士のコミュニケーションなど、いろいろな楽しみ方が出来るスポーツです。

インドアスポーツとしても知られるテニスの魅力とは

テニス
テニスとは、シングルもしくはダブルスの形式でコート内の球を打ち返すスポーツです。ルールには多くの決まり(ポイントの数え方、試合の進行方法、各種マナーなど)があるため初心者のうちは覚えるのに苦労しがちですが、実際にプレーを重ねることですぐに習得できます。近年では、屋内コートの貸し出しもあるため天候に左右されにくく、学生から社会人まで幅広い年代で人気のスポーツとして知られています。
テニスの歴史
テニスの起源を遡ると、そのルーツは紀元前の古代エジプトにあると言われています。その後11世紀から15世紀にかけてフランスを中心に各国へ広がり、日本へは1870年代にアメリカから伝来しました。また、テニスといえば一般的に「硬式」を指す場合がほとんどですが、日本では「軟式」「硬式」の異なるタイプに分かれます。軟式テニスは日本独自の形式として形成され、現在でも教育分野で積極的に取り入れられています。
テニスの楽しみ方
テニスは長年親しまれ続ける国民的スポーツです。近年ではテニスを題材にしたアニメや漫画、ドラマ、ミュージカルなどの作品が多く、教育の一環としても取り入れられていることから、日本人にとって身近なスポーツと言えるでしょう。そんなテニスは、プレーを楽しむのはもちろん、ルールを覚えて観戦を楽しむのもおすすめです。また、技術を磨けばプロテニスプレイヤーやコーチなどの仕事にも活かしていくことが可能です。

テニススキルを習得して目指せる仕事

プロテニスプレイヤー
プロテニスプレイヤーとは、全英、全仏、全米、全豪などの各種大会へ出場し、賞金やスポンサー料をもらう仕事です。大会出場を主な収入として活動するプロテニスプレイヤーは「ツアープロ」とも呼ばれ、厳しい練習や体調管理が欠かせません。プロテニスプレイヤーになるには特別な資格は必要ありませんが、アマチュア大会を中心に実績を多く残し、スポンサーと契約を結ぶ必要があります。
テニスコーチ
テニスコーチとは、テニススクールでレッスンを行うインストラクターを指します。レッスンは初心者からアマチュアプレイヤーまで幅広く、中にはプロテニスプレイヤーに専属でつくテニスコーチもいます。専属のテニスコーチは技術的なレッスンに加えて選手の体調管理なども行いますが、スクールなどでは技術的なレッスンのみが一般的です。テニスコーチになるのに資格は必要ありませんが、生徒からの信頼性や指導力が問われます。
ガット張り職人
ガット張り職人とは、テニスラケットのガット(ネット部分)を張り替える仕事です。ガットの張り替えは劣化したラケットを再び優れたコンディションへ導けますが、要求に合ったガット張りには非常に高度な技術が必要とされます。ガット職人になるには、職人のもとへ弟子入りしたりラケットメーカーへ務めるのが一般的です。テニスブームが続く現代ではガット張り職人の需要も高く、テニス業界を支える存在と言えるでしょう。

テニスのスクール探しのポイント

テニスのスクール・教室を選ぶポイント

テニススクールは、趣味で始める人向けのスクールと、競技者を目指したチームが併設されているスクールと大きく2つに分類できます。未経験者や初心者を対象としたクラスはもちろん、ジュニア向けのプレーヤーズクラスから、インストラクターとマンツーマンのプライベートレッスンなどがあります。さらには、各ショットを集中的に磨けるショット別クラスなどがあります。体験レッスンを通じて、インストラクターの教え方、レッスン生の年代やレベルを確認した上でスクール選びをしてみましょう。

テニス関連の資格取得・検定受験を目指す

テニス関連の資格といえば、日本テニス協会の「指導員資格」や日本プロテニス協会の「プロテニスコーチ資格」がよく知られています。これはテニススクールの指導員やコーチとしての認定資格です。無資格でも実績と経験でテニスを教えることもできますが、資格取得しておけばインストラクターとしての就職・転職に有利です。

テニス関連の仕事で活躍

競技者としてテニスの技術を持ち合わせている人ならば、スポーツクラブやテニス教室でインストラクターとして活躍することができます。趣味で始めたスポーツを職にするのは容易ではありませんが、テニスは大会などの出場経験や実績があればプロとしても活動できるスポーツです。

テニスを趣味や日常に活かす

趣味として気軽に楽しめるテニス。ペアで練習することもあるので、他の生徒とのコミュニケーションが自然に生まれるのもテニススクールの魅力です。日頃の運動不足、ストレス解消はもちろん、体力増進、健康にも効果的。気軽に出来るスポーツであるため、休日の家族とのコミュニケーションとして楽しむこともできるでしょう。

テニスアクセスランキング(スクール別)

2017年11月12日~2017年11月18日集計

テニスにある人気スクールランキングです。みんながどんなスクールを見ているのかチェックしましょう。

テニスの動画

都道府県からテニスの講座・レッスンを探す

テニス以外のスポーツ・フィットネス関連で講座・レッスンを探す