建設の専門知識を学んで憧れの現場監督へ!

建築施工管理技士 のスクール・講座

施工管理技術のスペシャリスト!工事を安全でスムーズに行うために現場を管理する専門家です。ゼネコン/工務店が有資格者を欲しがっているのでキャリアアップに最適。

建築施工管理技士について

建築施工管理技士とは、施工管理技術のスキルをもったエキスパートのことです。専門家の視点から工事管理をすることで、施工計画から安全管理までをスムーズに進めます。近ごろは施工管理技術のバリエーションが豊富になってきているので、建築業界では建築施工管理技士のニーズがますます高まっています。建築系の資格として有名な「一級建築士」「二級建築士」へのキャリアアップのために、建築施工管理技士をめざす人もたくさんいると言われています。これからもいっそう注目される職業として、仕事の幅も広がっていくでしょう。

建設のプロフェッショナルになろう

建築施工管理技士
建築施工管理技士は、鉄筋工事、大工工事、内装仕上げ工事などの建築工事を総括して管理する技術者をいいます。現場の工程管理や部材の安全・品質管理をはじめとし、建築に必要な業者の手配・指導など、活動範囲は多岐にわたります。現場を管理することが主な仕事内容となりますが、建築工事に関わる多くの専門知識を習得していることから大規模な建設工事(公共工事など)では重宝される存在です。
建築施工管理技士の資格とは
建築施工管理技士は国土交通大臣によって認められる国家資格です。建築施工管理技士の資格には1級・2級があり、取得者はそれぞれ「1級建築施工管理技士」「2級建築施工管理技士」と呼ばれます。また、1級建築施工管理技士は建設現場の主任技術者として高く評価され、主に施工計画の作成・管理・指導などを行います。一方、2級建築施工管理技士は工程管理や現場全体の安全・品質管理など、管理業務を担当するのが一般的です。
建築施工管理技士の受験資格
建築施工管理技士の受験資格を得るには、卒業した学校の位に応じた実務経験年数が必要です。たとえば、1級建築施工管理技士は3年~14年以上、2級は6ヵ月~8年以上の実務経験年数があると受験資格を取得できます。また、建築施工管理技士の技術検定試験には「学科試験」「実地試験」があります。実地試験のみを受験する場合は、学科試験に合格しておきましょう。

建築施工管理技士の資格を活かした職業

建築(一式)工事
建築施工管理技士は建築(一式)工事に携わることができます。建築(一式)工事とは、28種類の工事業種のうち、「建築」と「土木」のみを行う総合的な建築工事をいいます。建築一式工事では、建設施工管理技士の管理のもと、企画、指導、調整までが行われ、工事は全て一つの業者が行うのが一般的でしょう。下請け業者を介さない建築工事で総合管理を行うため、確かな技術・知識はもちろん、優れた指導力と管理能力が問われます。
鳶(とび)職人
鳶職人とは、主に高所作業を行う仕事です。鳶職人には大きく分けて「足場鳶」「鉄骨鳶」「重量鳶」があります。作業内容や工事期間は種類によってもさまざまですが、職人数が多いのは「足場鳶」と「鉄骨鳶」だと言われています。鳶職人が行う工事は後に作業を行う他業種へも影響を与えやすいため、手際や効率がよい作業が求められるでしょう。鳶職人の工事だけでなく、幅広い知識を持っていることが望ましいです。
監理技術者
監理技術者とは、個人の戸建て住宅を除く工事で建築工程や安全・品質を管理する仕事です。民間・公共を問わず工事現場には必ず設置される管理監督者で、「現場監督」とも呼ばれます。施工計画書の作成から建築物の完成までを監理・監督するため高い指導力と責任感が問われ、1人で複数の現場を掛け持つということも珍しくありません。

建築施工管理技士のスクール探しのポイント

建築施工管理技士のスクール・講座を選ぶポイント

資格試験は工事や施工管理法など幅広い分野から出題されるので、受験対策は効率よく進めることが大切。受験経験や実務経験がある人は出題されやすいところをピンポイントで学べる講座を選ぶと良いでしょう。試験範囲を広くカバーするならば、試験範囲と講座の内容をチェックしておくと安心です。新しい施工技術についても学べると試験への対応力がアップします。仕事や家庭の用事などで忙しい人も、通信講座ならばムリなく勉強を続けられます。

建築施工管理技士関連の資格取得・検定受験を目指す

建築施工管理関連の資格では、国家資格「建築施工管理技士」が有名です。これには受験資格(学歴や実務経験)がありますが、1級と2級に分かれているので段階的にステップアップできます。建築系の大学や短期大学を卒業していない人でも、実務経験やスクールでの勉強次第でチャレンジできます。

建築施工管理技士関連の仕事で活躍

建築現場の管理者として、工務店、建築会社、ゼネコンなどへ就職する道があります。また、店舗デザインのプロデューサーとして活躍している人もいます。これらの業界・職種は有資格者のニーズがとても強いため、資格を持っていれば就職・転職で優遇されやすいでしょう。

建築施工管理技士を趣味や日常に活かす

建築物の品質や工事費用などの知識を活かして、こだわりのマイホームづくりやリフォームに役立てることができます。プロ目線から住まいにぴったりの素材を選んだり、理想の予算で工事を依頼したりすることもできるでしょう。DIYやインテリア、ガーデニングが趣味ならば、安全性の高い住居デザインづくりができるようにもなります。

建築施工管理技士アクセスランキング(スクール別)

2018年01月14日~2018年01月20日集計

建築施工管理技士にある人気スクールランキングです。みんながどんなスクールを見ているのかチェックしましょう。

  • 1
    東京都
    総合資格学院池袋校
    総合資格学院池袋校

    総合資格学院は、1000の企業・団体をサポートし、各種資格セミナーや資格取得支援を実施している【建築士】【宅建士】受験指導のエキスパートです! 総合資格学院は、「個別…

建築施工管理技士のおすすめ体験レッスン

都道府県から建築施工管理技士の講座・レッスンを探す

建築施工管理技士以外のCAD・建築・インテリア関連で講座・レッスンを探す