【2023年最新】社会福祉士の通信講座・大学おすすめランキング・主要7社を徹底比較

社会福祉士 通信

社会福祉士は、いわゆる「ソーシャルワーカー」と呼ばれる身体障害や精神障害などにより生活に支障をきたしている方の相談業務や社会的支援を行う専門家です。

社会福祉士を名乗るには「社会福祉士及び介護福祉士法」に基づく国家資格を受験、合格することが必要となりますが、受験資格に細かな制約があり、取得できるまでの道のりが長い資格でもあります。

数年かけて取得を目指す資格なので、働きながら取得を目指す方が多く、自分のペースで学んでいける通信講座がとてもおすすめです。

この記事では社会福祉士の資格取得ルートや、おすすめの通信講座の情報をご紹介します。

是非参考にしていただき、最適なルートと講座で合格を手に入れましょう。

目次

社会福祉士の資格取得は12通りのルートがある

社会福祉士試験を受験するには、受験資格を満たしていることが必要となります。

資格取得までのルートとして、大きく分けて以下の3つのルートがあります。

  • 福祉系大学・短大等(指定科目履修)ルート
  • 短期養成施設等ルート
  • 一般養成施設等ルート

福祉系大学で18の指定科目の履修を終えている場合は、それだけで受験資格を満たします。
短大で指定科目を刺繍した場合は、相談援助実務の経験が必要となります。

短期養成施設とは、社会福祉士に必要な知識の習得や相談援助の実習を行う施設のことです。
福祉系大学・短大で基礎科目を履修した者、社会福祉主事養成機関(2年以上)を修了した者、児童福祉士司等の実務を4年経験した者は、短期養成施設ルートでの取得が可能です。
※福祉系大学・短大・社会福祉主事養成機関修了者は実務経験が必要

一般養成施設とは、いわゆる福祉の専門学校です。
一般大学・短大を修了または相談実務を4年経験した者は、このルートでの取得が可能です。
※一般短大卒業の場合は相談実務経験が必要

それぞれ年数にも細かな規定があります。上記の詳しい内容は次項の表をご参照ください。

社会福祉士の資格取得ルート一覧

受験資格取得までが複雑な社会福祉士資格。12通りの資格取得ルートをまとめたものがこちらです。

福祉系大学・短大等(指定科目履修)ルート

大学・短大 相談援助実務 受験資格取得までの期間
福祉系大学等(4年) 4年
福祉系短大等(3年) 1年以上 4年以上
福祉系短大等(2年) 2年以上 4年以上

短期養成施設等ルート

短期養成施設等ルートは、以下の学校・実務経験にプラスして短期養成施設での必要カリキュラムの履修(9か月)が必要となります。

大学・短大等 実務経験 受験資格取得までの期間
福祉系大学等・基礎科目履修(4年) 4年9か月
福祉系短大等・基礎科目履修(3年) 相談援助実務(1年以上) 4年9か月以上
福祉系短大等・基礎科目履修(2年) 相談援助実務(2年以上) 4年9か月以上
社会福祉主事養成機関(2年以上) 相談援助実務(2年以上) 4年9か月以上
4年以上の実務経験※ 4年9か月以上

児童福祉士司/身体障害者福祉司/査察指導員/知的障害者福祉司/老人福祉指導主事のいずれかの実務経験が必要

一般養成施設等ルート

一般養成施設等ルートは、以下の学校・実務経験にプラスして一般養成施設での必要カリキュラムの履修(1年)が必要となります。

大学・短大等 相談実務経験 受験資格取得までの期間
一般大学等(4年) 5年
一般短大等(3年) 1年以上 5年以上
一般短大等(2年) 2年以上 5年以上
4年以上 5年以上

最短で社会福祉士の資格を取得するには?

最短で社会福祉士になるためにはどのルートを選択すべきなのか?

学歴別・実務経験別に分けてその期間を比較していきます。

学歴別:最短で社会福祉士の受験資格を取得する方法

学歴 最短取得期間
福祉系大学等(4年)卒業
  • 指定科目履修:0か月
  • 基礎科目履修:9か月※短期養成施設で必要カリキュラムを履修
福祉系短大等(3年)卒業
  • 指定科目履修:1年※相談援助実務経験1年
  • 基礎科目履修:1年9か月※短期養成施設+相談実務経験
福祉系短大等(2年)卒業
  • 指定科目履修:2年※相談援助実務経験2年
  • 基礎科目履修:2年9か月※短期養成施設+相談実務経験
一般大学等(4年)卒業 1年※一般養成施設で必要カリキュラムを履修
一般短大等(3年)卒業 2年※一般養成施設(1年)+相談援助実務経験(1年)
一般大学等(2年)卒業 3年※一般養成施設(1年)+相談援助実務経験(2年)
高校卒業 福祉系大学等・指定科目履修(4年)
中学卒業 通信制高校(3年)+福祉系大学等・指定科目履修(4年)

最短で取得できるのは、福祉系大学で指定科目を履修する、または福祉系短大で指定科目を履修し実務経験を積むというルートです。

その他のルートでは一般養成施設や短期養成施設、実務経験を必要とするため、期間は4年9か月以上となります。

実務経験別:最短で社会福祉士の資格を取得する方法

実務経験 最短取得期間
以下の実務経験が4年以上ある

  • 児童福祉士司
  • 身体障害者福祉司
  • 査察指導員
  • 知的障害者福祉司
  • 老人福祉指導主事
9か月※短期養成施設で必要カリキュラムを履修
相談援助実務経験4年以上 1年※一般養成施設で必要カリキュラムを履修
相談援助実務経験2年以上4年未満 2年※福祉系短大等・指定科目履修(2年)
相談実務経験1年以上2年未満 3年※福祉系短大等・指定科目履修(3年)
相談実務経験1年未満 4年※福祉系大学等・指定科目履修(4年)

実務経験が十分にある方は、短期養成施設または一般養成施設で必要カリキュラムを履修することが最も近道となります。

実務経験が浅い方は福祉系大学・短大で指定科目を履修するのが最短です。

実務経験を活かしたルートを考えるのであれば、経験を多く積んで養成施設を通る方が費用も少なく、働きながら受験資格を得ることも可能となります。

社会福祉士の資格取得は通信のみでは取得不可

社会福祉士の資格には上記のような受験資格が必要となります。したがって、通信講座のみで資格を取得することは出来ません。

ただ、実務経験を積みながら養成施設に通う、大学や短大でじっくり学ぶなど選択肢は豊富です。

ご自分に合う方法を選び、最短での受験資格取得を実現した後は、通信講座を利用して自分のペースで社会福祉士試験合格を目指しましょう。

社会福祉士資格におすすめの通信講座ランキング

社会福祉士資格取得を目指す方におすすめの通信講座をご紹介します。

※こちらの記事に記載されている料金は全て税込価格です

会社名・講座名 料金(税込) 特徴
ユーキャン・社会福祉士講座 59,000円
※キャンペーン価格:54,000円(3月22日まで)
合格点を取ることを第一に考えた効率的テキスト
アガルート・合格カリキュラム 65,780円 頻出知識を中心に網羅的にまとめられたテキストと講義
資格の大原・社会福祉士合格コース[早期学習チャレンジ] 99,000円 大原で蓄積した合格ノウハウをもとに作成したカリキュラム
TECOM 福祉教育カレッジ・合格フルパック 39,710円 受講生満足度92%のプロフェッショナルによる講義
東京アカデミー 48,000円※入学金5,000円を含む オリジナルテキストと演習問題で学ぶ
ふくし合格ネット・合格フルセット 49,500円 Web講義とeラーニングで知識定着・得点力アップ
小高塾・2023年度社会福祉士通信制受験対策講座 88,000円 塾長作成の暗記用塾テキストと49回もの頻繁な小テス

ユーキャンの社会福祉士通信講座

(引用元:ユーキャン公式ホームページ)

「通信講座と言えばユーキャン」と言われるほど知名度の高いユーキャン。社会福祉士講座の受講生の88%が働きながら合格を目指しています。

項目 内容
価格(税込) 社会福祉士講座:59,000円
※キャンペーン価格:54,000円(3月22日まで)
標準学習期間 7か月
教材の特徴 「超」効率的テキストでポイントを絞って無駄なく学べる
質問/添削 あり/あり
その他サポート内容
  • 受講生専用インターネットサービス「学びオンライン プラス」
  • 試験直前までサポート
  • 試験解答速報
  • 最新の法改正情報も適宜お知らせ
割引・返金制度 なし
キャンペーン情報 なし
合格率・合格実績 2004~2021年度までにユーキャンから7,652名の合格者を輩出
教育訓練給付金 あり

価格

社会福祉士通信講座の受講料の相場は60,000円です。

ユーキャンの講座は相場通りの価格となっています。

教材の特徴

(引用元:ユーキャン公式ホームページ)

ユーキャンの社会福祉士通信講座の教材内容はこちらです。

  • メインテキスト5冊・・・わかりやすさを追求し、出るポイントを絞ったテキスト
  • チェック&ドリル2冊・・・ハンディサイズの重要事項のまとめと〇✖確認問題
  • 社会福祉士国家試験問題集・・・過去問3年分
  • ガイドブック
  • 添削・質問関係書類

社会福祉士試験は全19科目、試験範囲が大変広い試験です。

ユーキャンの社会福祉士講座のテキストは、合格点を取ることを第一に考え、マトを絞ってわかりやすく構成されているのが特徴です。働きながら受講する方が88%というのも納得の内容となっています。

メインテキストにプラスして、副教材のチェック&ドリルや問題集で知識の定着を図ります。

質問/添削

質問はメールや郵便で1日3問まで可能です。

添削は通常課題5回、修了課題1回の全6回。提出した課題はコンピュータ分析されて詳しい解説を加えて返却されます。

自身では気付けない弱点にも気付くことができるので、確実に弱点を解消していくことができます。

モチベーションが上がるコメント付きなのもうれしいポイントです。

その他サポート内容

(引用元:ユーキャン公式ホームページ)

受講生専用インターネットサービス「学びオンライン プラス」では、当講座の講義動画やミニテストなどのコンテンツが用意されています。スマホやタブレットで隙間時間の学習に便利です。

社会福祉士試験は年1回、毎年2月に行われます。

ユーキャンの社会福祉士通信講座の標準学習期間は7か月ですが、もし7か月で学習が終わらなくても試験月まで全てのサポートを利用することが可能です。

また、直近の試験までの期間が7か月に満たない場合は、その翌年の試験まで引き続きサポートを受けることができます。

例えば、2021年11月から受講を始めると2022年2月の試験日まで3か月しかありません。この場合は、2023年2月の試験までサポートを受けて自分のペースで学習を進められるということになります。

教育訓練給付金

ユーキャンの社会福祉士通信講座は、教育訓練給付金制度の対象講座です。

この制度は、一定の条件を満たした方が厚生労働大臣の指定する講座を受講・修了した場合、ハローワークに申請することで終了時点までに支払った学費の20%(上限100,000円)が支給されるものです。

ユーキャンの社会福祉士通信講座の場合受講料59,000円の20%11,800円が対象者に支給されます。

詳しくはこちらをご覧ください→教育訓練給付金制度について

ユーキャンの社会福祉士通信講座の特徴

(引用元:ユーキャン公式ホームページ)

ユーキャンの社会福祉士通信講座の特徴はこちら。

  • 相場通りの受講料
  • 講座は1コースのみ、シンプルな講座設定
  • 無駄なく学べる効率的テキスト
  • 安心の質問・添削指導
  • 合格者7,652名輩出の合格実績

受講生のうち働きながら受講する方が88%と社会人からの支持の厚いユーキャンの社会福祉士通信講座。

無駄なく効率的に学べる内容が忙しい方々からの高い支持につながっています。

講座選びに迷うことなく、価格も相場通りであることも受講を決めやすいポイントです。

合格実績は充分、質問受付や添削指導も丁寧で初受験の方も安心です。

ユーキャンの社会福祉士通信講座で学習した人の口コミ・評判

ユーキャンの社会福祉士通信講座の口コミをご紹介します。

添削指導では励ましの言葉が多くて、やる気を維持させる工夫が感じられました。添削課題や過去問題を通じて、解答するコツが身についていたので、本番の試験中もいっさい慌てることはありませんでしたね。

丁寧な添削を受け、モチベーションを高く保ちながら学習を進めることができます。

社会福祉士試験はマークシート式なので、焦らず落ち着いて試験を受けることが重要となります。ユーキャンで添削を受け過去問で本番さながらの演習をすることで、自信を持って安心して試験に臨むことができます。

ユーキャンの社会福祉士通信講座をおすすめする人

(引用元:ユーキャン公式ホームページ)

ユーキャンの社会福祉士通信講座はこんな方におすすめ。

  • 働きながら社会福祉士資格取得を目指す方
  • 丁寧なサポートを受けながら受講したい方
  • 実績重視で講座を選ぶ方

ユーキャンは言うまでもなく知名度の高い通信講座です。

社会福祉士通信講座は合格者実績、働きながら合格を目指す方の割合ともにとても高い水準となっていることから、仕事と勉強を両立させながら合格を目指す方に大変おすすめです。

丁寧なサポートもあるので、通信講座でモチベーションを保って最後まで学習できるか不安という方も安心して受講できます。

ユーキャンの社会福祉士通信講座のおすすめポイント

(引用元:ユーキャン公式ホームページ)

ユーキャンの社会福祉士通信講座のおすすめポイントはこちら。

  • 受講を決めやすい価格とコース設定

ユーキャンの社会福祉士通信講座は1つのみ。講座選びに迷う時間は必要ありません。

  • わかりやすく合格のために必要な知識に絞られたテキスト

わかりやすくマトを絞った内容のテキストや知識を定着させる副教材によって、効率的な学習が可能となっています。

  • 働きながら合格を目指す方からの支持率高!

働きながら受講する方が88%。この支持率の高さは、仕事と勉強の両立を目指す方にとって心強い数字です。

  • 安心の質問受付・添削指導やインターネットでのサポート

1日3問までの質問受付、全6回の添削指導、スマホで持ち運べる講義動画やミニテストなど、サポートも充分で安心して受講を進められます。

  • 合格者7,652名輩出の実績

毎年多くの合格者を輩出し続ける、信頼度の高い講座です。

アガルートの社会福祉士通信講座

(引用元:アガルート公式ホームページ)

アガルートの特徴はなんといっても合格時の返金制度!合格時お支払金額全額返金と合格お祝い金が魅力的な通信講座です。

項目 内容
価格 65,780円
教材の特徴 頻出知識を中心に網羅的にまとめられたテキストと講義
質問/添削 あり/なし
その他サポート内容 記載なし
割引・返金制度
  • 他資格試験合格者割引制度:20%OFF※対象の資格をアガルートの講座を受講し合格された方の場合
  • 再受験割引制度:10%OFF
  • 他校乗換割引制度:10%OFF
  • 家族割引制度:10%OFF
  • 合格時お支払金額全額返金
  • 合格お祝い金10,000円贈呈
キャンペーン情報 受講料30%OFF※期間不明
合格率・合格実績 記載なし
教育訓練給付金

価格

アガルートの社会福祉士通信講座は、「総合講義」と「合格カリキュラム」の2種類です。

現在オープン記念価格で「総合講義」が43,120円、「合格カリキュラム」が59,290円とどちらも相場を下回る価格でお得に受講できます。

「合格カリキュラム」には「総合講義」にプラスして「過去問解説講座」とFacebook質問対応が含まれます。価格は10,000円程しか変わりませんので、確実に合格を目指したい方には質問もでき過去問解説も受講できる「合格カリキュラム」がおすすめです。

教材の特徴

(引用元:アガルート公式ホームページ)

「合格カリキュラム」の講座内容はこちらです。

  • 総合講義約100時間・・・テキストの内容を噛み砕いて丁寧に解説
  • 総合講義テキスト4冊・・・イラストや図を用いた理解しやすい内容
  • 過去問解説講座約30時間・・・合格に必要な知識に関する問題をセレクトして解説
  • 過去問解説講座テキスト2冊・・・必ず得点してほしい問題の一覧表付き

アガルートの社会福祉士通信講座は、頻出知識を中心に網羅的にまとめられたテキストと講義で、しっかりと合格ラインに乗る知識を身につけることができるようになっています。

全体の3~4割出題される難問・奇問を捨て、確実に取るべき問題をしっかりと読んで判断する時間を確保する力、合格するために必要な問題を選別し解答する力を養います。

講義はブラウザを選ばず音声ダウンロードも可能、オプションでUSBも購入可能です。

質問/添削

質問は「合格カリキュラム」受講生のみ、Facebookで講師に直接質問することが可能です。

割引・返金制度

(引用元:アガルート公式ホームページ)

アガルートの社会福祉士通信講座で最も注目すべき点が合格時の返金制度です。

目標年度で合格した場合、合格特典として受講料の全額返金、さらに合格お祝い金として10,000円を受け取ることができます。

つまり、目標年度で合格した場合は受講料が無料になるだけでなく、プラス10,000円の報酬がもらえてしまうという驚きの特典です!

アガルートの社会福祉士通信講座の特徴

(引用元:アガルート公式ホームページ)

アガルートの社会福祉士通信講座の特徴はこちら。

  • 新規開講!今なら相場以下のお得な受講料
  • 総合講義と過去問を繰り返し、頻出問題を中心に知識をインプット
  • 全額返金とお祝い金のうれしい合格特典

アガルートの社会福祉士通信講座は現在、新規開講のオープン記念価格で「合格カリキュラム」が53,900円と大変お得になっています。

テキストと講義を繰り返し学び問題を繰り返し解くことで知識を定着させ、捨てるべき問題には深入りしないという合格に必要なテクニックも同時に身につけていきます。

目標年度の合格で受講料全額返金、さらにお祝い金10,000円贈呈の特典は、受講生のモチベーションアップの大いにつながります。

アガルートの社会福祉士通信講座で学習した人の口コミ・評判

アガルートの社会福祉士通信講座は開講したばかりなので、今現在口コミは掲載されていません。

しかし、国家資格から語学試験まで数多くの講座で受講生からの支持を集めているアガルート。社会福祉士通信講座の合格実績、口コミともにこれからの掲載に期待大です。

アガルートの社会福祉士通信講座をおすすめする人

(引用元:アガルート公式ホームページ)

アガルートの社会福祉士通信講座はこんな方におすすめ。

  • 実務経験・受験経験のある方
  • 合格に必要な知識に絞って学びたい方
  • 製本テキストといつでも見られる講義動画で効率的に学習したい方

合格時の特典が豪華な講座なので、受験経験者や実務経験者など、ある程度知識があり合格に近い状態にある方には大変おすすめです。

内容が絞られ、いつでもどこでも受講できる動画講義で学べることから、隙間時間を使って学びたいお忙しい方にもピッタリの講座となっています。

アガルートの社会福祉士通信講座のおすすめポイント

(引用元:アガルート公式ホームページ)

アガルートの社会福祉士通信講座のおすすめポイントはこちら。

  • 割引期間の今が狙い目!相場を下回る受講料

「合格カリキュラム」は通常77,000円円ですが、現在割引で53,900円と大変お得になっています。割引期間は記載されていないので、早めの申し込みがおすすめです。

  • 標準的な問題を見極め、確実に得点する力を身につけるカリキュラム

3~4割の難問・奇問に時間を取られることなく、確実に解答したい問題に時間をかけられるよう捨てるべき問題の傾向まで解説された、合格のためのカリキュラムです。

  • テキストの内容を噛み砕いてわかりやすく解説した講義動画

一回で理解しなくても大丈夫。製本テキストと講義動画を繰り返し学習することで、知識を定着させていきます。

  • イラストや図を用いて初学者にもわかりやすく解説されたテキスト

文字のみの部分とイラストや図を用いた部分のメリハリのあるテキストで、内容を整理しながら効率よく学びます。

  • 受講料全額返金、お祝い金10,000円のうれしい特典

目標年度での合格で全額返金、お祝い金までもらえる特典で、通信講座受講のモチベーションも上がること間違いありません。合格までもう一歩という実務経験や受験経験のある方には特におすすめです。

資格の大原の社会福祉士通信講座

(引用元:資格の大原公式ホームページ)

資格の大原は一般養成施設となっており、受験資格を持たない方向けの「社会福祉士養成コース通信課程」では全国合格率の約2.3倍の69.3%という高い合格率を叩き出しています。

この記事では、高合格率を実現するメソッドがしっかりと活かされた受験資格を持つ方向けのコースを解説していきます。

項目 内容
価格
  • 社会福祉士合格コース[早期学習チャレンジ]:99,000円
  • 模擬試験パック(自宅受験):12,200円
教材の特徴 大原で蓄積した合格ノウハウをもとに作成したステップアップしながら学べるカリキュラム
質問/添削 あり/なし
その他サポート内容
  • 模擬試験の教室受験
  • Web講義標準装備
  • 講義をアプリにダウンロード可能
割引・返金制度
  • 本試験経験者割引:20%OFF
  • 大原受講生割引:3%OFF
  • 大原社会福祉通信課程受講生割引:特別価格
キャンペーン情報 なし
合格率・合格実績 社会福祉士養成コース通信課程(新卒)合格率78.3%
教育訓練給付金 あり※特定一般教育訓練給付金制度対象

価格

資格の大原の社会福祉士通信講座は「社会福祉士合格コース[早期学習チャレンジ]」と「社会福祉士合格コース」の2種類です。

早期に学習をスタートさせ基礎学習が2回転できる「社会福祉士合格コース[早期学習チャレンジ]」は、生ライブの配信講義を受講できるWebライブと通常のWeb通信ともに99,000円です。

スタンダードの「社会福祉士合格コース」は、Webライブが80,400円、通常のWeb通信が68,200円となっています。

模擬試験で国家試験の予行演習をしたい受験経験者には、自宅・会場から選べる模擬試験のパックが12,200円で用意されています。(会場受験は15,200円)

ちなみに、社会福祉士試験の受験資格を得られる「社会福祉士養成コース」は315,000円~となっています。

教材の特徴

(引用元:資格の大原公式ホームページ)

「社会福祉士合格コース」の講座内容はこちらです。

  • 基本講義16回・・・講義・問題演習・ミニテスト
  • 講義レジュメ2冊・・・頻出項目、重要項目を効率よく確認
  • 模擬試験3回・・・基礎模擬試験・全国統一公開模擬試験・中央法規出版模擬試験

基礎力養成期の「基礎講座」、実力アップ期の「模擬試験」3回とステップアップしながら段階的に学習できるカリキュラムとなっています。

模擬試験には個人別成績表が付いており、結果分析で自分の苦手を把握、理解が不十分な項目や苦手項目を確認することができます。

質問/添削

質問はメールや電話、FAXですぐに解決することができます。

その他サポート内容

教室聴講制度として、社会福祉士合格コースの中の模擬試験を教室で受験することができます。本番の緊張感を味わいたい方におすすめです。

Web講義はWebライブを選択した方も標準装備で受講することができますので、見逃した時も安心です。

講義はアプリにダウンロードしてスマホやダブレットで持ち運び可能、隙間時間で効率よく勉強できます。

合格率・合格実績

社会福祉士試験の合格率は約25~30%です。

資格の大原の「社会福祉士養成コース通信課程(新卒)」の合格率は78.3%と全国の合格率の約2.3倍の高実績を誇っています。

そのノウハウが活かされた「社会福祉士合格コース」も信頼できる内容の講座となっています。

教育訓練給付金制度

上記の講座のうち、「社会福祉士合格コースWeb通信」が特定一般教育訓練給付金制度の対象講座となっています。

特定一般教育訓練給付金制度は、一定の条件を満たすものが厚生労働大臣の指定する特定一般教育訓練を受講し修了した場合、支払った費用の40%(最大200,000円)がハローワークから支給される制度です。

「社会福祉士合格コースWeb通信」の場合、受講料68,200円の40%27,280円が支給されます。

詳しくはこちらをご覧ください。→特定一般教育訓練給付金制度について

資格の大原の社会福祉士通信講座の特徴

資格の大原の社会福祉士通信講座の特徴はこちら。

  • 相場よりやや高めの受講料
  • 基礎固め→実力アップと効率よく学べるカリキュラム
  • いつでもどこでも学習できる講義動画
  • 通信でも決まった時間に講義を受けたい方にはWebライブ
  • 合格率78.3%の高実績

受講料は相場よりやや高めの68,200円~となっています。

講義動画とオリジナルレジュメで基礎講義、模擬試験とステップアップしながら効率よく学べるカリキュラムで、初受験の方から総復習をしたい方まで幅広く学ぶことができます。

通信講座でも決まった時間に臨場感あふれる講義を受けたいという方にはWebライブ通信がおすすめ。見逃してもWeb講義が標準装備されているので安心です。

資格の大原の社会福祉士通信講座で学習した人の口コミ・評判

資格の大原の社会福祉士通信講座の口コミをご紹介します。

本試験に臨む学習に切り替えるためにも、受講して良かったと思いました。出題されるポイントが絞られるので、そこを重点的に学習することができました。また模擬試験も数回受講して、出題傾向をつかむようにしました。

3回の模擬試験には結果分析もついているので、苦手部分に焦点を当てて効率よく克服することができます。

レジュメをノート代わりにたくさん書き込み、受験前までにたくさん活用しました。また講義映像の配信も、もう一度聞きたい箇所を倍速で再生して視聴したり、台風で学校に行けなくても講義動画を視聴できたので良かったです。

講義動画は倍速・時短で学習できます。

通学・通勤の時間などを効率よく使って学習を進めることが可能です。

大原の教材は大変使いやすく、過去問で分からない箇所は、大原オリジナルの解説を読むことで理解できました。

こちらは「社会福祉士養成コース通信課程」の受講生の口コミです。大原の合格ノウハウの詰まった教材は、わかりやすさに定評があります。

資格の大原の社会福祉士通信講座をおすすめする人

(引用元:資格の大原公式ホームページ)

資格の大原の社会福祉士通信講座はこんな方におすすめ。

  • 実績のある会社の講座を受講したい方
  • 隙間時間などを利用して効率よく学びたい方
  • 通信講座でも臨場感のある講義を受けたい方
  • 学習方法に悩んでいる方

自分のペースで学びたい方はWeb講義、ある程度決まった時間で緊張感を持って学びたい方にはWebライブと、通信講座でも受講形態を選べるのがうれしいポイントです。

講義はいつでもどこでも視聴でき、働きながら合格を目指す方にもおすすめです。

基礎講座と模擬試験というシンプルなステップの中に合格ノウハウが詰め込まれているので、副教材が多いと何から手を付けていいかわからなくなってしまう・・・と言った方にもおすすめできる講座です。

資格の大原の社会福祉士通信講座のおすすめポイント

(引用元:資格の大原公式ホームページ)

資格の大原の社会福祉士通信講座のおすすめポイントはこちら。

  • 全国の約2.3倍!合格率63.9%の信頼できる合格実績

高い合格実績の養成コースを抱える資格の大原。社会福祉士合格コースも効率よく学べる内容に定評がある信頼できる通信講座です。

  • Web通信・Webライブ選べる受講形態

講義動画では得ることができない臨場感を感じられるWebライブを選択できるのは大きなポイントです。通信講座だと怠けてしまうという方にもおすすめです。

  • 隙間時間を利用して学習可能

講義動画はアプリにダウンロードすることでいつでもどこでも再生可能で、隙間時間の学習にピッタリです。何度も繰り返し聴いて復習するときは、速度を上げてより効率を上げることもできます。

  • 基礎固めと実力アップの2ステップで効率よく知識を定着

大原の合格ノウハウをもとに作成したオリジナルカリキュラムは、初受験で学習方法に悩んでいる方や効率よく総復習したい学習経験者などにおすすめの効果的に実力アップできる内容となっています。

  • 3回の模擬試験で苦手克服&実力アップ

3回の模擬試験は個人別成績表付きで結果を分析し苦手克服を効率よく行うことができます。教室受験もできるので、本番の緊張感を試したい方は教室受験を利用するのも〇。

TECOM 福祉教育カレッジの社会福祉士通信講座

(引用元:福祉教育カレッジ公式ホームページ)

TECOM 福祉教育カレッジは、コスパの良さと受講満足度に注目の通信講座です。

項目 内容
価格
  • 合格フルパック:39,710円
  • 合格必勝Web講座(テキスト付):31,460円
教材の特徴 Web講座&合格教科書のW学習
質問/添削 なし/なし
その他サポート内容
  • 復習用Webテスト
  • 個人専用ID/PASS管理で自分の視聴記録をチェック
  • 講義はチャプター付
  • 全国統一模擬試験成績表
割引・返金制度 なし
キャンペーン情報 なし
合格率・合格実績 記載なし※受講生満足度92%
教育訓練給付金

価格

TECOM 福祉教育カレッジの社会福祉士通信講座は「合格必勝Web講座」とそれに過去問・全国統一模擬試験がセットになった「合格フルパック」の2種類です。

講義動画と過去問、全国統一模擬試験がついて相場を大きく下回る39,710円と、大変コスパの良い講座です。

教材の特徴

「合格フルパック」の講座内容はこちらです。

  • 合格必勝Web講座
  • 合格教科書
  • 過去問題集
  • 全国統一模擬試験

講義は社会福祉の受験対策のプロフェッショナルである飯塚慶子先生による臨場感あふれる動画で、チャプター機能が付いているので隙間時間の学習にも便利です。

全国統一模擬試験は、最新国試験出題傾向を踏まえた全国規模の大型模擬試験。国試レベルの難易度で、解説書と成績表もついてきます。

サポート内容

(引用元:TECOM 福祉教育カレッジ公式ホームページ)

TECOM 福祉教育カレッジの社会福祉士通信講座には質問受付・添削指導は含まれません。

サポートの中で注目なのは全国統一模擬試験の成績表です。客観的な学力水準と苦手科目を徹底把握することができ、学習方針のアドバイスを受け重点学習科目を明確にすることで、効率よく勉強を進めることができます。

TECOM 福祉教育カレッジの社会福祉士通信講座の特徴

(引用元:TECOM 福祉教育カレッジ公式ホームページ)

TECOM 福祉教育カレッジの社会福祉士通信講座の特徴はこちら。

  • 相場を大きく下回る受講料
  • 受講生満足度92%の質の良い講義
  • 本試験さながらの模擬試験

受講生満足度92%、価格納得度81%からも、価格の安さと講義の質への満足度の高さがうかがえます。

全国統一模擬試験には成績表が付き、2021年11月からはWeb成績表の閲覧も可能になっています。

TECOM 福祉教育カレッジの社会福祉士通信講座で学習した人の口コミ・評判

TECOM 福祉教育カレッジの社会福祉士通信講座の口コミをご紹介します。

モチベーションが上がらなかったときに使用したので取り組みやすかったです。

プロフェッショナルによる臨場感あふれる講義動画の質の良さが、多くの受講生の満足度につながっています。

社会人で働きながらの受講でした。移動しながら学習できる教材なので本当に便利でした。

いつでもどこでも視聴できる講義で、隙間時間での学習もはかどります。

TECOM 福祉教育カレッジの社会福祉士通信講座をおすすめする人

(引用元:TECOM 福祉教育カレッジ公式ホームページ)

TECOM 福祉教育カレッジの社会福祉士通信講座はこんな方におすすめ。

  • 受講料を抑えて質の良い講座を受講したい方
  • 本番に備えて本試験形式の模擬試験を受けたい方
  • 隙間時間を効率よく利用して学習したい方

TECOM 福祉教育カレッジの社会福祉士通信講座の一番の特徴はなんといってもコスパの良さです。

質の良い講義から過去問、模擬試験までそろって39,710円という受講料は他の講座と比較にならないほどの高コスパ。

講義はチャプター付きで隙間時間に利用しやすく、自分の視聴記録をチェックしてどこまで受講したかを明確にしながら進めることができるので、働きながら合格を目指す方にもおすすめです。

TECOM 福祉教育カレッジの社会福祉士通信講座のおすすめポイント

(引用元:TECOM 福祉教育カレッジ公式ホームページ)

TECOM 福祉教育カレッジの社会福祉士通信講座のおすすめポイントはこちら。

  • 低価格の受講料と質の良い講義

40,000円を切る受講料で、ベテラン講師による質の高い講座を受講することができます。

  • 受講生満足度92%の講義はチャプター付で隙間時間の学習にも便利

働きながらの受講生も満足している講義は隙間時間での学習に便利で、視聴記録を見て学習進捗を把握することもできます。

  • 本番さながらの模試は成績表付

国家試験と同等の難易度の全国統一模擬試験には、自分の苦手や重点的に学習すべきポイントが明確になる成績表が付いています。講義とテキストを繰り返し学びながら、苦手克服のためのポイントを絞った学習が可能となります。

東京アカデミーの社会福祉士通信講座

(引用元:東京アカデミー公式ホームページ)

東京アカデミーは、通学講座を中心に通信、模擬試験の実施とさまざまな角度から国家試験突破のための講座を提供しています。

項目 内容
価格 48,000円※入会金5,000円を含む
教材の特徴 基礎から実践まで総合的にレベルアップを図るオリジナルテキスト
質問/添削 あり/あり
その他サポート内容
  • 全国公開模試を無料で受験
  • 全国公開模試受講時の詳細な成績表
割引・返金制度 なし
キャンペーン情報 なし
合格率・合格実績 記載なし
教育訓練給付金

価格

東京アカデミーの社会福祉士通信講座は1種類のみです。入会金を含め48,000円と相場以下の価格に押さえられています。

教材の特徴

(引用元:東京アカデミー公式ホームページ)

東京アカデミーの社会福祉士通信講座は、オリジナルテキストとオリジナル演習問題を用いて自分のペースで学習を進めていく形をとっています。

教材の内容はこちらです。

  • オープンセサミシリーズ全2冊・・・オリジナル参考書
  • 演習問題・・・本試験を徹底分析し、出題頻度の高い分野を中心としたオリジナル問題
  • これだけチェック「人物と業績」・・・過去の本試験の分析から今後出題が予想される重要人物とその主な業績・著書を一冊に
  • 本試験問題解答と解説・・・国家試験の概要や出題基準・出題実績も掲載
  • 実践問題集・・・出題傾向を熟知したスタッフが作成した本試験レベルの問題集
  • 全国公開模試・・・実践的な練習

基礎から実践まで総合的にレベルアップを図る東京アカデミーオリジナルテキストと演習問題で、知識を定着させ、実践力を強化していきます。

演習問題に取り組んだ後は答案を郵送し、返送された答案をオープンセサミで復習することで知識をより確かなものにします。

サポート内容

質問はSOSカードという質問カードで行います。※10枚まで・追加販売なし

受験指導・実務経験豊富なアドバイザーによる回答で学習内容や学習方法などの悩みを解決できます。

演習問題は、答案を郵送すると採点された答案が返却されます。返却された答案を復習に使用することでより知識を確かなものにしていきます。

社会福祉士通信講座には、全国公開模試が無料でついてきます。Web配信される成績表で合格可能性や弱点分野の確認が可能です。

東京アカデミーの社会福祉士通信講座の特徴

(引用元:東京アカデミー公式ホームページ)

東京アカデミーの社会福祉士通信講座の特徴はこちら。

  • 講座は1種類のみ 相場より低い受講料
  • オリジナルテキストと豊富な問題集で学ぶ学習スタイル
  • 質問受付と採点指導のあんしんサポート

東京アカデミーの社会福祉士通信講座の受講料は48,000円と相場以下の価格に抑えられています。

講座には講義動画が含まれず、充実のオリジナルテキストと問題集で学ぶスタイルとなっており、採点された答案をもとにテキストで復習をし、繰り返し学ぶことで知識の定着を図ります。

全国公開模試の成績表を学習の方針決めや弱点克服に効果的に用いることで、通信講座での受講でも着実に知識を身につけていけるカリキュラムとなっています。

東京アカデミーの社会福祉士通信講座をおすすめする人

東京アカデミーの社会福祉士通信講座はこんな方におすすめ。

  • ンラインシステムを使わず、テキストのみで学習を進めたい方
  • 受講費用を抑えたい方
  • 答案の採点のサポートを受けながら安心して学びたい方

東京アカデミーの社会福祉士通信講座はテキストで学習を進めていく形をとっています。製本テキストに集中して学ぶ、独学スタイルを得意とする方に向いている講座です。

また、答案の採点が受けられるので、学習内容や学習方法に迷うことなく受講を進めていくことができます。

東京アカデミーの社会福祉士通信講座のおすすめポイント

(引用元:東京アカデミー公式ホームページ)

東京アカデミーの社会福祉士通信講座のおすすめポイントはこちら。

  • 相場以下の受講料

社会福祉士通信講座の受講料の相場60,000円を下回る48,000円で受講することができます。

  • オリジナルテキストと演習問題で自分のペースで学習

講義動画がない分、メインテキストや問題集が充実しています。製本テキストで黙々と勉強するのが向いているといった方におすすめです。

  • 答案採点や模試の成績表配信で理解度や弱点の把握が可能

採点された答案や模試の成績表をもとに、今後の学習方針や苦手部分に焦点を当てた学習を計画することができます。答案の提出・採点のサポートが学習意欲の向上にもつながります。

ふくし合格ネットの社会福祉士通信講座

(引用元:ふくし合格ネット公式ホームページ)

ふくし合格ネットは社会福祉士と精神保健福祉士の講座を提供している通信講座です。

項目 内容
価格 合格フルセット:49,500円
教材の特徴 Web講義とeラーニングによる繰り返し学習で知識定着・得点力アップ
質問/添削 あり/なし
その他サポート内容 フルセット受講生には「法改正レジュメ」「追加の過去問(eラーニング)」プレゼント
割引・返金制度 なし
キャンペーン情報 なし
合格率・合格実績 記載なし
教育訓練給付金

価格

ふくし合格ネットの社会福祉士通信講座には「合格基本講座」「合格過去問演習」「合格模擬試験」などがあり、この3つを含めたフルセットを49,500円で受講することができます。

「合格基本講座」のみで43,780円ですので、インプットもアウトプットも含んだ「合格フルセット」は大変お得な講座となっています。

教材の特徴

(引用元:ふくし合格ネット公式ホームページ)

「合格フルセット」の講座内容はこちらです。

  • 合格基本講座・・・オリジナルテキストを用いた全19科目の解説講義とeラーニングでの「一問一答問題集」
  • 合格過去問演習・・・eラーニングでの過去3年分の過去問演習
  • 合格模擬試験・・・本試験と同様の形式のオリジナルWeb模擬試験

Web講義とeラーニングで進める学習スタイルです。※合格基本講座のテキストのみ郵送

「合格基本講座」のメインテキストによる学習で知識を取り込み(インプット)、「一問一答問題」、「過去問演習」、「模擬試験」のアウトプットで知識の定着を図ります。

基礎力、実践力、得点力までバランスよく総合力を強化できるカリキュラムとなっています。

サポート内容

ふくし合格ネットはメールでの質問受付を行っており、他の受講生の質問とそれに対する回答を閲覧することもできます。

フルセット受講生特典として法改正をまとめた「法改正レジュメ」と合格過去問演習に含まれるもの以前の2年分の過去問がプレゼントされます。

ふくし合格ネットの社会福祉士通信講座の特徴

(引用元:ふくし合格ネット公式ホームページ)

ふくし合格ネットの社会福祉士通信講座の特徴はこちら。

  • フルセットでお得な受講料
  • エキスパートが開発したオリジナル教材でいつでもどこでも学習可能
  • 充実した過去5年分の過去問

ふくし合格ネットの社会福祉士通信講座は、Web講義とeラーニングでいつでもどこでも学習可能です。

隙間時間を利用して、インプットとアウトプットを繰り返しながら知識の定着を図ります。

模擬試験には要点を押さえた解説もついており、実施後は予想問題演習として繰り返し復習することができます。

ふくし合格ネットの社会福祉士通信講座で学習した人の口コミ・評判

ふくし合格ネットの社会福祉士通信講座の口コミをご紹介します。

合格ライン予想もやはり海老澤先生だけが的中していました。分析力が半端じゃないと思います。問題の内容が難しいか難しくないかだけじゃなく、色々総合して考える感覚が研ぎ澄まされていると思いました。

エキスパートによる講義は、過去の出題傾向を徹底分析した質の高いものとなっています。

分からないことは質問すれば当日中にはお返事がいただけました。この内容でこんなに格安で良いのかと思ってしまう程です。

講師による丁寧なサポートも受けながら安心して受講することができ、満足度が非常に高いことがうかがえます。

海老澤先生の合格ボーダー予想、ドンピシャでしたね。高齢受験で不安でしたが、一問一答問題とWeb講座の聞き流しにだいぶ助けられました。

いつでもどこでも学習できるスタイルで老若男女問わず幅広い受講生から支持を得ています。

ふくし合格ネットの社会福祉士通信講座をおすすめする人

(引用元:ふくし合格ネット公式ホームページ)

 

ふくし合格ネットの社会福祉士通信講座はこんな方におすすめ。

  • 隙間時間を利用して学習したいお忙しい方
  • 受講料の安い講座をお探しの方
  • 基礎から実践力までバランスの良い講座を受講したい方

Web講義とeラーニングでいつでもどこでも学べるスタイルは、仕事や育児をしながら合格を目指す方にピッタリの学習方法です。

相場以下の受講料で、社会福祉士試験合格に必要な内容をバランスよく効率的に受講することができます。

ふくし合格ネットの社会福祉士通信講座のおすすめポイント

ふくし合格ネットの社会福祉士通信講座のおすすめポイントはこちら。

  • 受講料を抑えてポイントがしっかり押さえられた講義を受講できる

合格者の声では講義のわかりやすさや合格ライン予想の的確さを評価する声が多数見られます。相場以下の受講料で質の良い講義が受けられる講座です。

  • インプットとアウトプットでしっかり知識を定着させることができる

過去問と模擬試験、一問一答問題集の豊富なアウトプット教材で、知識をしっかりと定着させることができます。繰り返すことでさらに確実な力が身につきます。

  • いつでもどこでも学習できるWeb講義とeラーニング

小高塾の社会福祉士通信講座

(引用元:小高塾公式ホームページ)

小高塾は2022年実施の社会福祉士試験合格率56.7%、毎年43.6~80.6%と高い合格率を保っている実績のある通信講座です。

項目 内容
価格 88,000円
教材の特徴 各試験科目に対応する暗記用の塾テキストと49回もの頻繁な小テスト
質問/添削 あり/なし
その他サポート内容
  • 成績表の返送
  • 課題提出時の質問回答
  • 秋と年末の模試実施※希望者のみ・受講料は別途必要)
  • 夏のスクーリング※希望者のみ・スクーリング代は受講料に含まれる
割引・返金制度 なし
キャンペーン情報 なし
合格率・合格実績 2022年2月実施国試 合格率56.7%※全国31.1%
教育訓練給付金

価格

小高塾は教材作成・印刷や、塾生答案の成績作成、答案・成績に対する指導を全て小高塾長1人が行っている通信講座です。

価格は88,000円と相場より高い設定となっていますが、計49回の動画配信と小テスト、成績表の返送など大変面倒見の良い講座となっています。

教材の特徴

小高塾の社会福祉士通信講座の講座内容はこちらです。

  • 試験科目に対応する暗記用の塾テキスト
  • 5日ごとの計49回の小テスト・・・塾テキストの内容が覚えられたかの確認
  • 動画配信・・・49回の各講座の解説

5日ごとに計49回の小テストが行われ、各回の教材は毎週発送、毎回質問も可能です。

小テストは自己採点し提出する必要があり、これにより学習内容の定着を確認しながら学習を進めることが可能となっています。

サポート内容

小高塾では、小高塾長による丁寧な質問回答を受けることができます。

また希望者には有料の模擬試験、無料(受講費用に含まれる)のスクーリングも用意されています。

合格率・合格実績

小高塾の社会福祉士通信講座は、2022年実施国試合格率56.7%の高い合格率を誇る通信講座です。

過去15年の間毎年43.6~80.6%と高い合格率をキープしています。

小高塾の社会福祉士通信講座の特徴

小高塾の社会福祉士通信講座の特徴はこちら。

  • 相場より高めの受講料
  • 49回もの小テスト実施
  • 小テストを自己採点し結果を返送する必要あり
  • 2022年2月試験56.7%と高い合格率を誇る講座

小高塾の社会福祉士通信講座は、5日に1回の小テスト実施で学習内容の定着を確認しながら学習を進めていくスタイルをとっています。

ホームページには受講資格として「講座期間の通信講座の小テスト(5日ごとに1回の小テスト)を自宅受験して採点結果を返信できる方」「1回の小テスト自宅受験のために5日間で計8時間の学習時間を確保できる方」という記載があり、小テストの実施に重点を置いた講座になっていることがわかります。

49回の講座解説動画もついており、相場より高めの受講料ではありますが指導が丁寧で面倒見の良い講座であるといえます。

小高塾の社会福祉士通信講座で学習した人の口コミ・評判

小高塾の社会福祉士通信講座の口コミをご紹介します。

レジメは最終的には4巡しました。そのおかげか、試験問題を開いたとき、問題が簡単に感じ、少し不安はありながらも、手応えを感じておりました。勉強法から教えていただき、試験が近づくにつれ、何度も励まして頂き、当日までの過ごし方、当日の心構えも教えて頂き、全てその通りにやってみました。小高先生を信じて入塾して、本当によかったです。

質の良いレジュメと講義、手厚いフォローで合格を手にすることができます。

小高塾のレジュメを信じてひたすら暗記を繰り返したことで、今回の第33回社会福祉士国家試験に合格できたと思っています。小高塾で勉強を続けることは大変です。しかし、小高先生を信じて勉強すれば、必ず合格できます。

毎回の小テスト提出は決して楽ではないものの、そのおかげで合格をものにできたという声からは信頼性の高さがうかがえます。

小高塾の社会福祉士通信講座をおすすめする人

小高塾の社会福祉士通信講座はこんな方におすすめ。

  • 5日間で計8時間の学習時間を確保できる方
  • コツコツ勉強するのが得意な方
  • 高い実績を誇る講座を受講したい方

小テストの自己採点・結果の返送が求められ、5日間でテキストを覚えるのに6時間、小テスト実施に1時間、小テストの採点等に1時間の計8時間が必要とされています。

自身で計画的に学習時間を確保・管理し、コツコツと勉強を進めていける方が伸びやすい講座であるといえます。

学習時間の確保は難しい課題ですが、この学習法が高い合格実績につながっていることは間違いありません。

小高塾の社会福祉士通信講座のおすすめポイント

小高塾の社会福祉士通信講座のおすすめポイントはこちら。

  • 49回もの小テストで細かく知識の定着を確認しながら学習を進めることができる

講義を聞き流すだけではわからない学習内容の定着度を、頻繁に行われる小テストによって確認しながら学習を進めることができます。

  • 質問受付やスクーリングなどの手厚いサポート

塾長自らが行う質問受付や希望者へのスクーリングなど、手厚いサポートも魅力的です。

  • 合格率64.7%の高い合格率

小テストの自己採点・結果の返送が必要というシステムは他の講座にはなく、学習時間の確保が大変な面もあります。しかし、着実に知識を自分のものにできるこの学習方法が高い合格率を生み出していることは確かです。

社会福祉士資格&受験資格取得におすすめの通信大学一覧

はじめに解説した通り、社会福祉士資格の取得には12通りのルートのいずれかを通り、受験資格を得ることが必要となります。

ここでは受験資格を満たすことができる通信制の大学の中からおすすめの大学を3つご紹介します。

※下記の学費はあくまで一例です

大学名 学費 特徴
聖徳大学 607,100円※4年間 専任講師による手厚いサポート
日本福祉大学 1,162,040円※4年間 充実したインターネット学習システム
佛教大学 874,500円※4年間 50年以上に渡る実績に支えられた教育プログラム

上記3校について詳しく解説していきます。

聖徳大学

(引用元:聖徳大学通信教育部公式ホームページ)

聖徳大学通信教育部 心理・福祉学部 社会福祉学科は、社会福祉士国家試験合格率が67.6%と通信制大学の中で6年連続1位の実績を誇る、福祉のプロを目指す方におすすめの学科です。

項目 内容
価格
  • 正科生:607,100円※4年間
  • 正科生2年次編入学生:468,100円※3年間
  • 正科生3年次編入学生329,100円※2年間
特徴 自宅に送られる教科書や学習指導書を使って学習
質問/添削 あり/あり
その他サポート内容
  • 通学課程と同じ専任講師による添削指導
  • 直接指導を受けた方が効果的な科目で実施されるスクーリング
  • 国家試験対策講座・模擬試験の実施
合格率・合格実績
  • 2021年社会福祉士試験合格率67.6%
  • 通信制大学の中で6年連続第1位

聖徳大学の通信教育学部 社会福祉学科では、大学・短大・専門学校を卒業した方は最短2年で社会福祉士試験の受験資格を取得することができます。

教科書や学習指導書を使って学習→学習成果をレポート提出→専任講師による添削を受け合格したら科目修了試験受験→科目修了試験合格で単位認定という流れで進められます。

高い合格実績の秘密は専任講師による手厚いサポート体制。レポートやスクーリングでの充実した学習指導を受けることができます。

また、社会福祉士と精神保健福祉士の受験資格を同時に取得することもでき、より専門性を高めることができることも特徴の一つです。

日本福祉大学

(引用元:日本福祉大学通信教育部公式ホームページ)

日本福祉大学通信教育部 福祉経営学部 医療・福祉マネジメント学科は、社会福祉士試験合格者数が13年連続で全国大学第1位、2020年度新卒者合格率57.2%(全国29.3%)の高い実績を叩き出している学科です。

項目 内容
価格
  • 1年次入学:1,162,040円※4年間
  • 2年次編入学:890,440円※3年間
  • 3年次編入学:664,940円※2年間
  • 4年次編入学:585,440円※1年間
  • 単位制:1単位5,500円
特徴 在宅学習でもスクーリング単位を取得できるオンデマンド科目の充実
質問/添削 あり/あり
その他サポート内容
  • ヘルプデスク
  • 知識豊富な大学教員による学習相談や指導
  • 国家試験対策講座
合格率・合格実績
  • 社会福祉士試験合格者数13年連続全国大学第1位
  • 2020年度新卒者合格率57.2%
教育訓練給付金 対象講座あり

日本福祉大学通信教育部  医療・福祉マネジメント学科は、インターネット学習が充実しているのが大きな特徴です。

「オンデマンド学習」「テキスト学習」「スクーリング学習」「テキスト+オンデマンド学習」と自分のライフスタイルに合わせた学習方法の選択が可能となっています。

講義は24時間インターネットで受講でき、添削課題や科目修了試験も自宅で受講することができます。

パソコンに不慣れな方のサポートをしてくれるヘルプデスクもありますので、インターネット初心者も安心です。

佛教大学

(引用元:佛教大学通信教育課程公式ホームページ)

佛教大学通信教育課程 社会福祉学部 社会福祉学科は、50年以上に渡る実績に支えられた理論と実践を兼ね備えた教育プログラムで社会福祉士を目指す学科です。

項目 内容
価格
  • 1年次入学:874,500円※4年間
  • 2年次入学:684,000円※3年間
  • 3年次入学:478,500円※2年間
特徴 理論と実績を兼ね備えた福祉職を養成
質問/添削 あり/あり
その他サポート内容
  • 放送大学との教育協定
  • Web学習相談
  • 学習サポーター※卒業生・修了生
  • 専任教員によるリポート・卒業論文作成の直接指導
合格率・合格実績 記載なし

佛教大学通信教育課程 社会福祉学部 社会福祉学科では、社会福祉という学問を基礎から丁寧に学ぶことができます。

「テキスト履修」「スクーリング履修」「インターネットによる学習支援システム」「放送大学特別聴講制度」などさまざまな形態での講義を受講しながら、具体的な目標を持って学び、着実にステップアップを図ります。

オンライン学習、スクーリングともに充実していて、リポート提出や科目最終試験も自宅受験が可能です。

卒業生による「佛教大学社会福祉士の会」が組織されており、その実績が社会から一定の評価を得ています。

社会福祉士通信講座・通信大学の選び方のポイント

社会福祉士通信講座・通信大学を選ぶ際のポイントとして、以下の5つが挙げられます。

  • 講座の受講費用・学費
  • 教材や講義の内容
  • サポート体制
  • 合格実績
  • 会社・学校の信頼性

それぞれのポイントについて解説していきます。

講座の受講費用・学費

この記事でご紹介した社会福祉士通信講座7社の料金をまとめたものがこちらです。

会社名・講座名 料金
ユーキャン 59,000円
アガルート・合格カリキュラム 59,290円
資格の大原・社会福祉士合格コース 99,000円
TECOM 福祉教育カレッジ・合格フルパック 39,710円
東京アカデミー 48,000円※入学金5,000円を含む
ふくし合格ネット・合格フルセット 49,500円
小高塾 88,000円

主要7社の受講料の平均は約61,300円です※アガルートは通常価格で計算

社会福祉士通信講座の受講料の相場は60,000円ですので、ほぼ相場通りの平均金額となりました。

社会福祉士試験を受けるまでには、試験対策以前に受験資格の取得のための費用もかかります。

合格までにかかる無駄な費用を抑えるためにも、60,000円を目安に内容を吟味して講座選びをしましょう。

また、ご紹介した通信制大学3校の4年間の学費の目安はこちらです。

学校名 4年資格の大原・社会福祉士合格コース間の学費の目安
聖徳大学 607,100円
日本福祉大学 1,162,040円
佛教大学 874,500円

最も学費を抑えて社会福祉士試験受験資格を取得できるのは、聖徳大学の通信課程です。

受験資格を取得するためには、通信やオンライン学習の他に頻度は高くありませんが実習やスクーリングに通うことが必要となる場合があります。

通信制大学で学び受験資格を取得する場合は、学費だけでなく、スクーリングを受けられる会場までの距離や提携実習施設が近くにあるかどうかなど、立地も含めて検討することが大切です。

教材や講義の内容

社会福祉士試験は出題範囲が全19科目と広く、全科目での得点が必要です。

偏差値としては57と高くはありませんが、合格率は25~30%と低い水準となっています。

従って学習する際には、まんべんなく出題範囲を学べ、出題傾向が的確に分析され必要な知識に絞られた教材を選択することがポイントとなります。

ホームページの教材サンプルなども参考に、教材内容にも注視して講座を選びましょう。

自分のライフスタイルや性格に合った講座を見極めて、ホームページの教材サンプルなども参考に、内容に注視して講座選びをしましょう。

合格者の声には教材のどのような部分が優れていたかが詳しく書かれているものもありますので、こちらを参考にするのもおすすめです。

サポート体制

質問受付・添削指導の有無は通信講座選びで重視したいポイントの一つです。

この記事でご紹介した主要7社の社会福祉士通信講座のサポート体制は下記のようになっています。

会社名 質問受付 添削指導
ユーキャン
アガルート ×
資格の大原 ×
TECOM 福祉教育カレッジ × ×
東京アカデミー
ふくし合格ネット ×
小高塾 ×

疑問が湧いたときに解決ができないことは、通信講座受講の不安要素となります。

範囲が広く幅広い知識が必要な試験だからこそ、わからないことを質問できるサポート体制が整っている講座を選ぶことが大切です。

社会福祉士試験はマークシート式なので、添削指導が付いていない講座が多い傾向にあります。

しかし、TECOM 福祉教育カレッジや東京アカデミー、小高塾では模擬試験の結果を詳細に分析した成績表から自分の苦手分野を知り、学習に活かすことができるようになっています。

疑問や不安を理由に挫折してしまわないよう、サポート体制が整った講座を選ぶことをおすすめします。

合格実績

ご紹介した通信講座・通信制大学のうち、合格実績を公表している会社・大学はこちらです。

会社名・大学名 合格実績
ユーキャン 2004~2021年度までに7,652名の合格者を輩出
資格の大原 社会福祉士養成コース通信課程(新卒)合格率78.3%
小高塾 2022年2月実施国試 合格率56.7%
聖徳大学
  • 2021年社会福祉士試験合格率67.6%
  • 通信制大学の中で6年連続第1位
日本福祉大学
  • 社会福祉士試験合格者数13年連続全国大学第1位
  • 2020年度新卒者合格率57.2%

社会福祉士試験の合格率は25~30%と決して優しい試験ではありません。

全く実績のない会社の講座を受講するのは不安ですし、モチベーションの低下にもつながります。

合格実績はその会社・大学の講座の信頼性や質の良さに直結する数字ですので、選ぶ際のポイントとして念頭に置いておくようにしましょう。

合格者の多いユーキャンや合格率の高い資格の大原などはさすが大手というところでしょうか。

会社・学校の信頼性

合格率や合格実績、受講生からの支持りなどの数字は、会社や学校の信頼性につながります。

講師との直接のコミュニケーションが少ない通信講座だからこそ、自分が心から信頼できる講座を選択することが受講満足度にも大きく影響します。

安心して受講できる講座を選び、不安や迷いなく学習を進めていくことが合格への近道です。

社会福祉士の通信講座・通信制大学の比較

この記事でご紹介した社会福祉士通信講座・通信制大学を、以下の項目別に比較していきます。

  • 通信講座の受講料
  • 通信制大学の学費
  • 通信講座の教材内容
  • 通信講座のサポート面
  • 通信講座の割引・返金制度
  • 社会人におすすめの通信講座
  • 社会福祉士試験勉強初学者におすすめの通信講座
  • 受験経験者におすすめの通信講座

社会福祉士通信講座を料金から比較

受講料が断トツで安いのはTECOM 福祉教育カレッジの合格フルパック!

この記事でご紹介した通信講座の受講料ベスト5はこちら。

会社名・講座名 価格
👑TECOM 福祉教育カレッジ・合格フルパック 39,710円
東京アカデミー 48,000円
ふくし合格ネット・合格フルセット 49,500円
ユーキャン 59,000円
資格の大原・社会福祉士合格コース 68,200円

社会福祉士通信講座の受講料の相場は60,000円です。

上記の講座のほとんどが相場を下回る価格で提供されています。

表には含まれていませんが、アガルートの「合格カリキュラム」は現在新規開講のキャンペーンで53,900円と大変お得になっていますので、こちらもおすすめです。

社会福祉士の通信制大学を費用面から比較

3校の中では聖徳大学の受講料が最安値!

この記事でご紹介した通信制大学の学費はこちら。

学校名 4年間の学費の目安
👑聖徳大学 607,100円
日本福祉大学 1,162,040円
佛教大学 874,500円

社会福祉士試験の受験資格を取得できる上記の3校の中では、聖徳大学の学費がもっと安く設定されています。

あくまで上記の価格は4年間の学費の目安であり、受験資格を得る場合は実務経験や学歴によって受講に必要な年数が変わります。

大学の学費制度は通信講座よりも複雑になっているため、通信制大学での受験資格取得を目指す際は各大学のホームページで調べるか、直接問い合わせて詳しい説明を受けることをおすすめします。

社会福祉士通信講座を教材のボリュームや内容から比較

ユーキャンはメインテキスト5冊に講義動画が付いたボリュームのある内容。副教材も充実!

教材の内容からおすすめしたい通信講座はこちらです。

会社名 講座の特徴
👑ユーキャン 充実の教材と副教材 隙間時間に学習できる講義動画
アガルート ボリュームのある100時間の講義と30時間の過去問解説
資格の大原 3回の模擬試験で実力アップ

出題範囲が多く知識量が膨大な社会福祉士試験。その対策講座には教材の内容の充実が不可欠です。

上記の講座は教材が充実していることに加え、講義動画をいつでもどこでも視聴でき隙間時間に効率よく学べることがおすすめの理由です。

社会福祉士通信講座をサポート面から比較

質問受付は必須!添削指導や成績表の配布もあると安心

質問受付のサポートはTECOM 福祉教育カレッジ以外の全ての講座で受けることができます。

その他の注目すべきサポートがある講座はこちら。

会社名 サポート内容
ユーキャン 添削指導あり※コンピュータ分析の解説付きで返送される
資格の大原 模擬試験個人別成績表
TECOM 福祉教育カレッジ 全国統一模試の成績表Web閲覧
東京アカデミー 先刻公開模試の詳細な成績表
小高塾 模試成績表の返送 夏のスクーリング※希望者のみ

マークシート式試験のため、論述式試験が行われるような資格と違い添削指導が付いていない講座がほとんどです。

そんな中、添削指導も受けられるのがユーキャンと東京アカデミーです。

また、模擬試験の詳細な成績表が付いている講座では、自分の苦手科目の把握ができ、さらに学習方法の指南を受けることもできます。

独学では受けることのできないサポートは、通信講座受講の大きなメリットです。

社会福祉士通信講座を割引・返金制度の充実度から比較

アガルートの「お支払全額返金制度」は他の講座とは比較にならない驚きの返金制度!

他校からの乗り換えや他資格取得者への割引を設定している会社は多くありますが、アガルートの社会福祉士通信講座の「合格時お支払金額全額返金」と「合格お祝い金10,000円」は驚きの制度です。

目標年度に合格することで受講料77,000円が全額返金されるこの制度は、受講生のモチベーションアップにはもちろん、受験経験者で合格まであと一歩と合格に自身のある方に大変おすすめです。

社会人が社会福祉士を学ぶのにおすすめの通信講座・通信制大学

社会人には隙間時間での学習がしやすいユーキャンやアガルート、資格の大原がおすすめ!

仕事をしながら合格を目指す社会人の方には、いつでもどこでも受講できる講義動画付きの講座がおすすめです。

テキストを開いて勉強することができない状況でも、映像や音声で効率よく学習を進めることができます。

逆に、製本テキストのみに集中したいという方は、東京アカデミーのようなテキスト学習と問題演習に特化した講座を選ぶと良いでしょう。

社会福祉士試験初心者におすすめの講座

質問受付・添削指導などのサポートが手厚い講座を選ぼう!

社会福祉士試験初心者の方には、サポート体制が整っている講座がおすすめです。

質問受付と添削指導が揃っているのはユーキャンと東京アカデミー。

TECOM 福祉教育カレッジ小高塾では、模擬試験の結果を詳細に分析した成績表から自分の苦手分野を知り、学習に活かすことができます。

初心者には、自分の学習状況や理解度を客観的に知ることができるこのようなサポートが付いている講座がおすすめです。

社会福祉士試験経験者におすすめの講座

受験経験者の方はアガルートの合格時の返金を狙うのもあり!

社会福祉士試験受験経験者には合格時全額返金制度が設定されているアガルートがおすすめです。

合格まであと一歩という状態なら、全額返金とお祝い金を狙ってモチベーションを上げて合格を目指しましょう!

社会福祉士は通信と独学どちらがおすすめ?

社会福祉士試験は合格率25~30%の難関試験です。

全19科目での得点が必要な出題範囲の広い試験ですので、やみくもに参考書を買い集めて取り組む独学では効率の良い学習が難しいと考えられます。

また、実務に就きながらや働きながら合格を目指す方も多く、隙間時間を使った学習には適切なガイドと的を絞った教材や講義が重要となります。

以上のことから、社会福祉士試験対策には自分のペースで出題傾向の分析の元にカリキュラムが組まれている通信講座での学習が大変おすすめです。

学習目安時間は300時間で、毎年2月の試験対策の参考書等が7~8月に発売されることから、受験対策は7月ごろを目安にスタートするといいでしょう。

社会福祉士は通学と通信どちらがおすすめ?

社会福祉士資格取得には通学と通信どちらが良いのか、迷われる方も多のではないでしょうか。

社会福祉士資格だけでなく、さまざまな資格取得を目指す方の中で、講座選びの際に同じような悩みを抱える方が多くいらっしゃいます。

そこで、通学・通信それぞれのメリットを改めて確認しておきましょう。

通学講座のメリットとデメリット

講師による生の講義を受講し、その場での質問も可能
他の受講生とのコミュニケーションでモチベーションアップ
決まった時間に講義を受けることで強制的に勉強時間を作ることができる

通学にかかる時間がもったいない
自分の都合と合わない場合は受講できない

通学講座での直接の講師や他受講生とのコミュニケーションは、合格に向けての大きな刺激となることは間違いありません。

決まった時間に講義を受けられ、学習のリズムを作ることができる点はメリットである反面、急な仕事の都合などに合わせることができないというデメリットにもなります。

きちんと決まった時間を空けることができ、通学に時間を取られ過ぎない範囲に教室がある場合は通学講座もおすすめです。

通信講座のメリットとデメリット

自分のペースで受講できる
いつでもどこでも隙間時間を利用した効率の良い学習が可能
通学の手間を省ける

モチベーションを保ちにくい
途中で挫折しやすい
疑問点の解決がすぐにはできない

通信講座のメリットはなんといっても自分のペースでいつでもどこでも学習がでいるという点。通学かかる無駄な時間も発生しません。

しかし、1人で自宅などで受講するのはなかなかモチベーションが保ちにくく、ただテキストを読み解くだけの通信講座は飽きや挫折につながります。

また、質問受付のサポートはあってもその場で疑問を解決というわけにはいかないのもデメリットの一つです。

通信講座のメリットを最大限受けるためにも、この記事でご紹介した7社のような教材の工夫やサポート制度が充実した講座を賢く選ぶことが重要です。

社会福祉士資格取得を目指す際の注意点

社会福祉士資格取得を目指す際に注意したいことは以下の点です。

  • 受験資格の確認
  • 合格率が低い難関資格
  • 出題範囲が広くすべての科目での得点が必要

順に詳しく見ていきましょう。

受験資格をしっかりと確認する

社会福祉士試験は誰でも受けられる試験でありません。

  • 福祉系の4年制大学・短大で指定科目を履修する
  • 短期養成施設等を経る
  • 一般養成施設等を経る

上記の受験資格を満たす必要があります。

受験資格の取得方法は12通り、学歴や実務経験の有無などにより選ぶべきルートが異なります。

この記事の冒頭で解説しているのでご確認ください。

合格率が低い難関資格であること

社会福祉士試験は合格率25~30%の難関資格です。

学習目安時間は300時間で、1日2時間勉強するとして5か月ほどを要する計算になります。

また、法改正が頻繁に行われるため、独学で勉強しようと購入したテキストの内容が古くなっている場合もあります。

最新の法改正、近年の出題傾向の分析に基づいたカリキュラムを提供している通信講座を利用して、計画的に学習を積み重ねることが合格への近道となります。

科目数が多くすべての科目での得点が必要

社会福祉士試験は全19科目と出題範囲が広い試験です。

試験はマークシートで行われ、60%程度が合格ラインとなっています。

ただしすべての科目で得点することが必要なため、偏りなくまんべんなく勉強することも重要です。

この点が合格率の低さに影響しているものと思われます。

計画的な学習、偏りのない知識の習得で合格率25~30%の壁を突破しましょう。

社会福祉士試験の概要や合格率・受験資格

社会福祉士試験受験を目指そうと決めた方は、受験の前に以下のことを確認しておきましょう。

  • 次回の試験日と申込期間
  • 学習時間と勉強を始めるタイミング
  • 難易度と合格率
  • 受験資格

社会福祉士の次回の試験日と申し込み期間は?

申込できる次回試験は令和5年2月上旬 申込期間は令和4年9月上旬~10月上旬予定

今年度(令和3年度)の試験の申し込みは受付期間は令和3年10月8日に終了しています。

社会福祉士試験は例年2月に行われており、令和4年度第35回試験は令和5年2月上旬を予定しています。

受験申し込み書の受付期間は5か月前の令和4年9月上旬~10月上旬となる予定ですので、受験予定の方は申し込み忘れの内容ご注意ください。

社会福祉士試験の勉強時間と勉強を始めるタイミングは?

学習時間の目安は300時間 1日2時間の勉強で5か月ほど

社会福祉士試験の学習時間の目安は300時間、1日2時間で5~6か月ほど必要です。

計画的に学習し、本試験に備えましょう。

社会福祉士試験の難易度と合格率は?

社会福祉士試験の合格率は25~30%と低い水準で推移

偏差値は57と高くはありませんが、出題範囲が広くまんべんなく得点する必要がある点が、低い合格率の要因となっています。

資格の大原の合格率78.3%、小高塾の合格率56.7%が非常に高い合格実績であることがわかりますね。

社会福祉士の受験資格は?

受験資格は大きく分けて3つ、12通りの取得ルートがあります。

社会福祉士試験受験には、「福祉系の4年制大学・短大で指定科目を履修する」「短期養成施設等を経る」「一般養成施設等を経る」のいずれかを満たす必要があります。

受験資格を得るには12通りの方法があります。

詳しくはこの記事の冒頭部分とこちらをご参照ください→社会福祉振興・試験センター公式ホームページ

    社会福祉士の通信講座に関するQ&A

    社会福祉士試験、社会福祉士通信講座に関するよくある質問をまとめました。

    ご自分の疑問点とも照らし合わせながらご覧ください。

    社会福祉士資格の合格率は何%なの?

    社会福祉士試験の合格率は25~30%

    合格率の低い難関試験ですので、ご自分に合った学習方法で計画的に試験対策をしましょう。

    社会福祉士資格の難易度は?

    偏差値は57 国家試験としてはそれほど高い難易度ではない

    偏差値としてはそれほど高くありませんが、出題範囲が広く偏りのない知識が必要なため合格率が低くなっています。

    社会福祉士資格の合格目安の勉強時間は何時間?

    学習時間の目安は300時間

    1日2時間の勉強で5か月ほどです。コツコツ学習を積み重ねれば、短期間での合格も可能な試験です。

    社会福祉士には受験資格はあるの?

    社会福祉士試験は受験資格が複雑・・・

    受験資格については、この記事の冒頭や随所で解説しています。

    通信講座の受講だけでは受験できない資格ですので、必ずご確認ください→受験資格について

    社会福祉士の通信講座の費用はいくらくらい?

    この記事でご紹介した7社の平均は約61,300円

    社会福祉士通信講座の受講料の相場は60,000円です。

    この記事でご紹介した7社の平均はほぼ相場通りとなっています。

    社会福祉士を持っていると就職に有利なの?

    社会福祉士の就職先は高齢者施設、児童相談所、医療機関など多岐にわたる

    社会福祉士の仕事は、日常生活に困難を抱える人々に対して、相談や助言、指導、福祉サービスや保健医療サービスとの連携・調整などを行い、一緒に問題の解決を図ることです。

    上記の他、カウンセリングや相談業務に対応できる人材を募集している企業への就職などにも社会福祉士資格を活かすことができます。

    社会福祉士の通信制大学は秋入学できるの?

    社会福祉士の通信制大学の中には、秋入学(10月入学)できる学校が多数存在

    この記事でご紹介した聖徳大学、佛教大学でも秋入学のコースが設定されています。

    社会福祉士通信講座・通信制大学のまとめ

    社会福祉士資格取得を目指す方におすすめの通信講座をご紹介します。

    ※こちらの記事に記載されている料金は全て税込価格です

    会社名・講座名 料金 特徴
    ユーキャン・社会福祉士講座 59,000円
    ※キャンペーン価格:54,000円(3月22日まで)
    合格点を取ることを第一に考えた効率的テキスト
    アガルート・合格カリキュラム 65,780円 頻出知識を中心に網羅的にまとめられたテキストと講義
    資格の大原・社会福祉士合格コース 99,000円 大原で蓄積した合格ノウハウをもとに作成したカリキュラム
    TECOM 福祉教育カレッジ・合格フルパック 39,710円 受講生満足度92%のプロフェッショナルによる講義
    東京アカデミー 48,000円※入学金5,000円を含む オリジナルテキストと演習問題で学ぶ
    ふくし合格ネット・合格フルセット 49,500円 Web講義とeラーニングで知識定着・得点力アップ
    小高塾・2023年度社会福祉士通信制受験対策講座 88,000円 塾長作成の暗記用塾テキストと49回もの頻繁な小テス

    社会福祉士は平成30年時点で資格保有者は230,000人、年間10,000人以上のペースで増えています。

    高齢化社会、生活困窮者の急増などの社会問題が次々と沸き起こっている今必要性が非常に高い仕事であり、今後ますます需要が高まることが想定されている資格でもあります。

    仕事をしながら受験資格取得、試験合格を目指す方も多く、学習方法には自分のペースで学べる通信講座がピッタリ。

    自分のライフスタイルや希望する学習スタイルに合った講座を賢く選び、社会福祉士としての活躍を目指して通信講座でしっかりと学んでいきましょう。

    なお、当サイトのおすすめはアガルートの通信講座です。

    社会福祉士試験に関する関連記事

    社会福祉士試験については、以下の記事もご覧ください。

    社会福祉士は独学でも合格できる?テキストや勉強方法、合格率を紹介

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    コメント

    コメントする

    目次