1. 調剤報酬請求事務とは

調剤報酬請求事務 の学校・講座

調剤報酬請求実務を学んで収入UP!調剤薬局では複雑な事務処理をこなせるエキスパートが優遇されています。スキルがあれば実務経験がなくても就職・転職に有利です。

調剤報酬請求事務について

ジェネリック医薬品の使用促進や、医療費削減が進んだことで、より専門性が増した調剤報酬などの調剤事務。「調剤報酬請求事務」は、そのような調剤報酬に関わる事務を迅速かつ的確に対応することが求められます。また、患者さんへ分かりやすい説明ができることも必要です。調剤報酬請求事務の主な仕事は、調剤薬局等での受付や、処方せんの入力、会計、レセプト(医療費の明細書)処理等です。薬剤師の仕事を補佐する調剤報酬請求事務の需要が年々高まっています。

調剤報酬請求事務のスクール探しのポイント

調剤報酬請求事務の教室・講座を選ぶポイント

現場では、薬剤に対する広範な知識が求められ、取り扱う薬剤は多岐にわたります。時間があまり取れない人は、期間集中講座など効率的な学習ができるスクールを選びましょう。コツさえつかめば1ヶ月程度で資格を取得できることもあります。短期集中型のスクールは、必要な部分をリーズナブルに資格を取得したい人にもオススメです!じっくり学べるスクールなら負担をかけずにゆとりを持って学ぶことができます。就職サポートなどが充実しているスクールもあるので、資格取得後のケアについても調べておきましょう。

調剤報酬請求事務関連の資格取得・検定受験を目指す

現在、さまざまな団体・企業が独自に試験・資格を設定しています。「調剤報酬請求事務技能認定」や「調剤報酬請求事務専門士」などが代表的な民間資格です。薬局によっては特定の資格に手当が付くこともあります。就職を考えている薬局がどの資格を重視しているのか事前にチェックしましょう。

調剤報酬請求事務関連の仕事で活躍

現在、薬剤師が不足傾向にあるため、薬剤師の負担軽減のための調剤報酬請求事務が今まで以上に必要とされています。薬局の窓口業務は要求される専門スキルが高いですが、業界未経験の人でも資格を所持していれば、就職・転職に有利になります。医療関係の求人は安定的で、長期間働きやすいことも魅力です。

調剤報酬請求事務を趣味や日常に活かす

薬の知識があることで、病気の時に飲む薬も、どんな効果や副作用があるのかを知ることができ安心して薬を飲むことができます。また、自分の体質に合わせた栄養剤や補助食品、サプリメントを知ることもできて、病気のとき以外でも活用できる知識になります。健康的で安心・安全な生活を送りたい人にオススメです。

調剤報酬請求事務アクセスランキング(スクール別)

2019年08月11日~2019年08月17日集計

調剤報酬請求事務にある人気スクールランキングです。みんながどんなスクールを見ているのかチェックしましょう。

  • 1
    東京都
    ニチイ(本部)
    ニチイ(本部)

    ★ニチイが選ばれる理由★ ■現場から生まれたカリキュラム■ ニチイには、全国約9,000件の契約医療機関があり、また約1,400ヵ所の介護事業所、約200ヵ所の保育…

  • 2
    高知県
    資格スクール大栄高知校
    資格スクール大栄高知校

    大栄では、長年の実績に基づく学びやすい教材・カリキュラム・わかりやすい授業をはじめとするサポートで、お客様の目標実現のお手伝いをしています。学習中もカウンセリングを実…

  • 3
    東京都
    ヒューマンアカデミー通信講座*『たのまな』
    ヒューマンアカデミー通信講座*『たのまな』

    資格取得・キャリアアップ ヒューマンアカデミーの通信講座は、全国各地に拠点を構える通学スクールのノウハウを活かした内容。受講生がつまづきやすい個所をより丁寧に解説でき…

調剤報酬請求事務のおすすめ体験レッスン

都道府県から調剤報酬請求事務の講座・レッスンを探す

調剤報酬請求事務以外の医療関連で講座・レッスンを探す