ベトナム語 の教室・講座・学校

ベトナム語を学んで国際ビジネスを!ベトナムは急速な経済発展中の親日国。年々交流が活発になっています。ビジネス通訳が特に不足しているので、目指すなら今がチャンス!

ベトナム語について

ベトナム語には「クオック・グー」と呼ばれる表記が用いられています。クオック・グーはローマ字(フランス語アルファベット)をベースにしており、日本人にも学びやすいものです。また発音には6つの音調があり、抑揚が大きく変化します。これは日本人にはあまりなじみがありませんが、文法がシンプルで語形の変化もないため、日本人にとっては比較的学習速度が早い言語といわれています。ベトナムは親日国としても知られ、日本企業の進出も盛んになっているためベトナム語が話せる人材の需要も高まってきています。

ベトナム語のスクール探しのポイント

ベトナム語の教室・講座・学校を選ぶポイント

ベトナム語には12の母音、28の子音、6つの音調があり、世界的にも正確な発音が難しい言語とされています。しかし、語彙の多くは漢字に置き換えられる言葉が多く文法もシンプルなため、読み書きの習得がしやすい言語です。ベトナム語の実践的な会話力を磨きたい人は、なるべくスピーキングとヒアリングに時間をかけてレッスンしてくれる教室を選ぶべきでしょう。単語の発音に頼らず、文脈から意味を拾ってもらえるよう、正しい文法を使ったスピーキングの学習にも注力するのが良いでしょう。

ベトナム語関連の資格取得・検定受験を目指す

ベトナム語の資格検定に関して、英検のような公的検定や交流団体が主催する団体資格はまだ設けられていません。ただし、ベトナム語の読解力のみを評価する「リスニング検定」という民間資格は設けられています。またホーチミン市人文社会科学大学では外国人を対象としたベトナム語検定試験が行われています。

ベトナム語関連の仕事で活躍

ベトナム語を活かす職業としては観光の通訳ガイド、ビジネス通訳などが代表的です。またベトナムに営業拠点を持つ日本企業やベトナムとの貿易を手掛ける企業では、ベトナム語のビジネス文書翻訳などの仕事に就くこともできるでしょう。そうした仕事への就職の際には留学などの滞在経験が評価されることが多いようです。

ベトナム語を趣味や日常に活かす

近年はベトナムの急速な経済発展でビジネス交流が盛んになりましたが、観光需要も順調に増えています。「ベトナム旅行の際に現地の人と交流を楽しみたい」と日常会話を学ぶ人も少なくありません。また日本はベトナムから多くの留学生を受け容れ、4万人近いベトナム人が滞在しています。在日ベトナム人協会では両国の友好のためにボランティアを募っていますが、こうした国際交流に参加するのも楽しいのではないでしょうか。

ベトナム語アクセスランキング(スクール別)

2017年06月18日~2017年06月24日集計

ベトナム語にある人気スクールランキングです。みんながどんなスクールを見ているのかチェックしましょう。

ベトナム語の動画

都道府県からベトナム語の講座・レッスンを探す

ベトナム語以外の英語・語学関連で講座・レッスンを探す