1. WEB・グラフィックデザイン・DTPその他とは

WEB・グラフィックデザイン・DTPその他 のスクール・講座

クリエイター/オペレーターには必須。印刷、ウエブ、広告と業界を問わない共通の汎用スキルを身につければ就職・転職・キャリアアップにダンゼン有利です。

WEB・グラフィックデザイン・DTPその他について

グラフィックデザインやDTP、コンピューターグラフィックスといった個別のスキルを総合した「アートディレクション」などを学ぶ講座や、Webデザイン・DTPとも基本スキルが共通するスマホアプリの制作を学ぶ教室など多彩な内容の講座があります。これからクリエイターを目指す人だけでなく、クリエイターとしてさらにキャリアアップしたい人も必見です。人気の高い教育訓練給付金指定講座もたくさんあります。

WEB・グラフィックデザイン・DTPその他のスクール探しのポイント

WEB・グラフィックデザイン・DTPその他のスクール・講座を選ぶポイント

希望する業界や業種が決まっている場合は職業養成系の講座を選びましょう。「Web業界で働きたい」「印刷業界で働きたい」など、業界に特化した教室・講座があります。また「グラフィック関係の仕事がしたい」「写真加工技術を身につけたい」などやりたい事を優先する場合はテクニカル系の講座を選んで、選択できる職業の汎用性を養っておくことをおすすめします。教育訓練給付金指定講座かどうかもチェックしてください。厚生労働大臣の指定を受けている講座は10万円を上限に受講料の20%を負担してくれるのでだんぜんお得です。

WEB・グラフィックデザイン・DTPその他関連の資格取得・検定受験を目指す

DTP関連の最高峰資格・DTPエキスパート認証試験が取得できる学校、DTP検定、Webデザイナー検定などが取得できる講座があります。DTP検定はクリエイター向けのI種、ディレクター向けのII種、営業職・ビジネスマン向けのIII種に分かれていますから自分の目標にふさわしい検定を選んでください。

WEB・グラフィックデザイン・DTPその他関連の仕事で活躍

専門職としてはグラフィックデザイナー、DTPデザイナー、DTPオペレーター、ウエブデザイナー、グラフィッカーなどが代表的です。そしてクリエイターを束ねる総合職としてはアートディレクターや出版プロデューサーといった職種が代表に挙げられます。スキルを学んで印刷や広告の営業職として活躍する道もあります。

WEB・グラフィックデザイン・DTPその他を趣味や日常に活かす

雑誌や書籍などの紙媒体、パソコンやスマホの画面など平面物全般のビジュアルと文章の読みやすさを総合的にデザインすることを「エディトリアルデザイン」といいます。エディトリアルデザインのスキルはホームページ制作やブログのレイアウトを構成する上でも役立ちますから、「プロを目指すわけではない」という人もいろいろな趣味に活かすことができるでしょう。

WEB・グラフィックデザイン・DTPその他アクセスランキング(スクール別)

2017年04月16日~2017年04月22日集計

WEB・グラフィックデザイン・DTPその他にある人気スクールランキングです。みんながどんなスクールを見ているのかチェックしましょう。

WEB・グラフィックデザイン・DTPその他のおすすめ体験レッスン

都道府県からWEB・グラフィックデザイン・DTPその他の講座・レッスンを探す

WEB・グラフィックデザイン・DTPその他以外のWEB・グラフィックデザイン・DTP関連で講座・レッスンを探す