介護保険事務 の学校・講座

介護をオフィスワークで支援しましょう。保険請求や給付管理などの事務作業で現場の負担を軽くします。介護保険事務士など関連資格が多くキャリアアップにも役立ちます。

介護保険事務について

介護サービスが提供される場合、利用者は自治体から介護保険料として9割が給付されます。介護サービスを提供する側は、自治体に対してその9割分の報酬を請求します。この請求事務を行うのが介護保険事務の仕事です。介護保険事務資格は、日本病院管理教育協会が認定する資格で、請求業務以外にも施設経営やサービス向上についてのアドバイスなどを行います。事務的なポジションから介護や福祉の現場に貢献するための資格と言えます。

介護保険事務のオススメ講座・レッスン

全ての講座・レッスンを見る

介護保険事務の体験レッスン

  • 【無料】講座説明会

    藤仁館医療福祉カレッジ(※旧藤仁館学園グループ)【無料】講座説明会

    料金受講料0円 その他0円

    【疑問・不安を解消!】 介護・福祉業界について、仕事内容、資格の種類について丁寧にご案内させて頂きます。 スケジュール・・・【詳細を見る】

全ての体験レッスンを見る

介護保険事務アクセスランキング(スクール別)

2016年11月27日~2016年12月03日集計

介護保険事務にある人気スクールランキングです。みんながどんなスクールを見ているのかチェックしましょう。

介護保険事務の教室・講座を選ぶポイント

介護保険事務(介護事務)のスクールは、資格について専門的に学んでいくコースと、コンピュータや事務など関連する業務についても同時に学んでいくコースと、大きく2つに分かれています。それによって受講期間が変わるので、年に2回しかない資格試験から逆算してスクール選びをするといいです。また、講座内容に応じて受講料も大きく変わるため、事務やコンピュータ業務の経験があまりない方は関連業務も学べるコースを選ぶと良いです。将来のキャリアを考えて、コースを選ぶことをオススメします。

介護保険事務関連の資格取得・検定受験を目指す

介護保険事務資格は、介護系の資格の中で数少ない事務系の資格です。そのため介護福祉士や介護職員初任者研修(ホームヘルパー)などの実技系資格と並行して取得することで、スキルや業務範囲の幅が大きく広がります。また、これから介護系資格の学校へ通おうと思っている方にも、介護系資格の導入としてオススメです。

介護保険事務関連の仕事で活躍

主な就職先は、在宅介護サービス事業者や訪問介護ステーション、老人保健施設、在宅介護支援センター、病院などです。勤務先によっては、売上管理や受付業務なども行うため、一般事務としてのキャリアを同時に積むこともできます。その中でも介護保険に関するスペシャリストとして大きな戦力となれます。

介護保険事務を趣味や日常に活かす

介護保険事務という資格は、介護保険に限らず介護全体の事務のスペシャリストと言えます。そのため資格取得の際には、介護保険のみならず介護全般において実務的な知識を得ることができます。介護関連の制度は整備が進んではいるものの、まだ複雑さが残っています。自分自身や家族で介護を利用する事になった場合には、実務的な知識がとても役立ちます。

都道府県から介護保険事務の講座・レッスンを探す

介護保険事務以外の介護・福祉関連で講座・レッスンを探す