1. 福祉用具専門相談員とは

福祉用具専門相談員 の学校・講座

誰もが快適に生活できますように。福祉用具専門相談員高齢者や体の不自由な人に福祉用具の選び方や使い方をアドバイスする専門家。意外に短期で取りやすい資格です。

福祉用具専門相談員について

高齢化社会に突入した日本では高齢者や障害者の自立を支える福祉用具の利用者が増えています。福祉用具専門相談員は福祉用具を必要とする人に対して、適切な用具を選定する仕事です。車イスや歩行器、スロープ、特殊ベッド、手すりといった大型のものから、食器や歯ブラシ、衣類など生活用品も扱います。利用者や家族の希望を汲み取って適切な用具を選択するため、社会貢献度とやりがいが高い仕事です。福祉用具の知識はもちろんのこと、介護の基礎についても学べる講座が揃っています。

福祉用具専門相談員のオススメ講座・レッスン

全ての講座・レッスンを見る

福祉用具専門相談員の体験レッスン

  • 【無料】講座説明会

    藤仁館医療福祉カレッジ(※旧藤仁館学園グループ)【無料】講座説明会

    料金受講料0円 その他0円

    【疑問・不安を解消!】 介護・福祉業界について、仕事内容、資格の種類について丁寧にご案内させて頂きます。 スケジュール・・・【詳細を見る】

全ての体験レッスンを見る

福祉用具専門相談員アクセスランキング(スクール別)

2016年11月27日~2016年12月03日集計

福祉用具専門相談員にある人気スクールランキングです。みんながどんなスクールを見ているのかチェックしましょう。

福祉用具専門相談員の講師

  • チーフ
    チーフ【講師暦】10年以上EDC医療福祉学院 仙台校

福祉用具専門相談員の教室・講座を選ぶポイント

40時間の講習で資格が取得できるので、スクールは短期のものが中心です。5日制のスクールや、6日制のスクールもあれば、土日制、通信講座もあり学び方はさまざま。カリキュラムも用具の説明や選び方だけではなく、介護や福祉、心理、リハビリテーションなど特色のある授業が展開されています。基礎から学べる講座が用意されているスクールもあるので現場経験がない初心者にもオススメです。社会福祉士や介護福祉士などすでに福祉業界で働いている方なら、さらにプラスアルファの技能としてキャリアアップに利用することもできます。

福祉用具専門相談員関連の資格取得・検定受験を目指す

福祉用具専門相談員の資格を取得するためには、厚生労働大臣が指定した講習会を受講します。40時間受講すれば資格を取得でき、誰でも受講できるのが魅力です。信頼性が高い公的な資格が取得できます。修了試験がないため講座の終了とともに修了証明書を受け取れるので、確実に資格を得られることも嬉しいポイントです。

福祉用具専門相談員関連の仕事で活躍

用具の選び方や使い方などのアドバイスを行う福祉用具専門相談員。以前は販売・レンタル店が主な職場でしたが、販売場所の拡充によって活躍の場が広がりました。現在はドラッグストアや生活用品販売店などでも活躍しています。研究開発や、商品のリサーチャーとして福祉用具メーカーで働くケースもあります。

福祉用具専門相談員を趣味や日常に活かす

資格を取得することで、日常に取り巻くさまざまな施設や用具を福祉用具専門相談員の視点から見ることができます。例えば、家具を購入する際に家族や将来のことを考えてバリアフリー仕様のものを選べるようになり、日常にちょっとした思いやりを取り入れることができます。福祉に関する基礎的な知識や、介護の知識、リハビリテーションの基礎なども学ぶことができるので、両親や祖父母、パートナーの介護にも活かせます。

都道府県から福祉用具専門相談員の講座・レッスンを探す

福祉用具専門相談員以外の介護・福祉関連で講座・レッスンを探す