1. 正確な方向性と飛距離を実現させるアイアンの打ち方、スイングのポイント
正確な方向性と飛距離を実現させるアイアンの打ち方、スイングのポイント

正確な方向性と飛距離を実現させるアイアンの打ち方、スイングのポイント

正確な方向性と飛距離を実現させるアイアンの打ち方、スイングのポイント

ゴルフでの出番も多いアイアン。正確な方向性と飛距離が要求されるアイアンショットの打ち方の基本ポイントをお伝えします。これでミスショットを減らし、スコアをアップさせてください!

アイアンはグリーンを狙うために、番手を使い分けるクラブ

アイアンは1番から9番まであり、数字が小さくなるほど飛距離が伸びます。ですが同時に、ボールは浮きやすくなり、球を捉えることは難しくなります。これは、ロフト角が番手によって違うためです。

ロフト角とは、シャフトの中心線に対するクラブのフェース面の角度のことで、小さいほど飛距離が出ます。そして、番手が小さいほどロフト角は小さいです。グリーンとの距離を測って、どの番手のアイアンを使うか決めましょう。

アイアンショットの平均的飛距離

アイアンのクラブをチョイスする時に、飛距離の目安を知っておくと良いです。以下の表を確認してみましょう。

アイアンの種類 男性 女性
5番アイアン 160ヤード 110ヤード
6番アイアン 150ヤード 100ヤード
7番アイアン 140ヤード 90ヤード
8番アイアン 130ヤード 80ヤード
9番アイアン 115ヤード 70ヤード
※日本でほとんど使われない番手や、初心者には難しい3番、4番のアイアンは除いています。

実践!正確なアイアンショットを打つ方法

正確なアイアンショットを打つには、ハンドファーストに構えることが重要です。ハンドファーストとは、アドレスの時の手の位置が、クラブヘッドよりも左足側にあることを言います。ハンドファーストの構えでスイングすると、ダウンブローに打ち込めます。ダウンブローとは、アイアンショットの正しい打ち方で、クラブヘッドでターフ(芝生)を削るイメージでボールを最下点で打ち込む技術です。これができると、ダフリが少なくなり、方向性や飛距離も安定します。

ダウンブローのおすすめ練習方法

1つ目は、ティーアップして打つ方法です。ティーをなるべく高くして、クリーンにボールを正確に打ち込めるようにするのです。これは、芝がない練習場でもできる方法なので、オススメです。すくい打ちにならないようにすることがコツです。

2つ目は、ボールの7センチか10センチ後ろに鉛筆を置く方法です。その鉛筆にクラブが当たらないようにスイングするのです。

まとめ

これらの基本に気を付けて練習していれば、最もアイアンショットを打ちやすいボールの位置などもわかってきます。正確なアイアンショットで、グリーンをミスなく狙いましょう!

本記事は、2016年06月2日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


「ゴルフ」の講座・レッスン

  1. TOP
  2. 習い事で毎日を楽しくマガジンTOP
  3. ゴルフ
  4. 正しいミックスボイスの出し方と効率良い練習方法9選!