低い裏声を安定して出すコントロール方法

低い裏声を安定して出すコントロール方法

高い裏声は、カラオケなどでも頻繁に使いますし、比較的身近で練習しやすいです。でも、低い裏声はどうでしょうか?おそらく、「難しい」とか「練習方法もあまり聞いたことがない」という感じでしょう。「低い裏声を出せることがカラオケマスターへの近道」、そう言っても過言ではありません。この記事では、その理由と効果的な練習方法についてお伝えします!


低い裏声を安定して出せるようになると、歌はがぜん上手くなる!

低い裏声を出せるようになることは、即ち『音域が広がる』ということです。地声と裏声の分岐点を喚声点と言いますが、その喚声点を感じさせないスムーズな歌声を手に入れることができます。歌える歌が広がりますね。男性だったら平井堅さん、女性だったら宇多田ヒカルさんのようになれるかもしれません!この2人は、裏声の中でもファルセット(息漏れのある声で裏声の一種)を極めた歌手で、低いファルセットをきれいに歌いあげています。

安定した低い裏声を手に入れるために!まずは高い裏声を出す練習を

声の高低は、声帯の下にある輪状甲状筋によって調整されています。輪状甲状筋は、裏声を出すことによって鍛えられます。また、輪状甲状筋を鍛えることで、音感を矯正して歌声を鍛えることができるのです!最初は慣れないので、出ても細く弱い裏声にしかならないと思いますが、繰り返し練習することが大切です。

裏声を出す練習方法

1.まず身体全体を脱力させ、リラックスします。力むと、思ったように声が出ないからです。

2.いーち、にーい、さーん、しーい、ごーと50まで裏声で数えます。

3.慣れてきたら、数が進むにつれて裏声を高くしたり、奇数を裏声、偶数を地声にしてみましょう。

数の呼び方には、多くの母音が含まれています。よく「あーあーあー」と、発声練習している人を見かけますが、「あ」の音だけでなく、「い」「う」「え」「お」も練習した方が良いのです。なぜなら、母音は喉、舌、唇などの器官を調整し、共鳴の仕方を変えることで発声を分けているからです。それぞれ鍛える響きが違うので、「いーち」、「にーい」、など、数を裏声で数える方法は良い練習になります。

ただし、少しでも喉に違和感を感じたら、無理せずに休んでくださいね。練習したばかりだと、喉に負担がかかってしまうことがあるので、注意しましょう。

低い音を安定させる練習とは?裏声をより低いトーンで出すために

低い裏声を安定して出す練習

1.高い裏声が出しやすくなったら、次は裏声の音域を下へ下へと落としていきます。イメージは、「低い声を響かせるように」です。

2.裏声を高音から低音へ、低音から高音へと行ったり来たりします。

さらにファルセット(息漏れのある裏声)だけでは物足りない方に、力強く元気な裏声を出す練習方法もご紹介します。そのためには、声帯を閉じる感覚を自分のものにすることが大切です。

力強い裏声を出す練習

1.「はー」と息を吐きながら止めます。

2.声帯が閉じた状態を認識します。

3.声帯が閉じた感覚がつかめたら、そのまま「あっ」と鋭く短く発声します。

4.鋭い「あっあっあっあっ」を繰り返し、最後に「あーーー」と伸ばし、その部分を裏声にします。

これらの練習を繰り返すと、低い裏声がしっかり出せるようになっていきます。

まとめ

低い裏声の練習は、音痴の矯正にもつながりますし、喉への負担も軽減させます。ぜひ、マスターしてカラオケで大活躍してください!きっと、周りのみんなが驚くはずです。

本記事は2016年04月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもとに安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

関連する投稿


話す声、歌う声の上達方法『vol.3正しい呼吸法』

話す声、歌う声の上達方法『vol.3正しい呼吸法』

今回は、正しい腹式呼吸法についての記事を書いていきたいと思います。


話す声、歌う声の上達方法『vol.2 ブレスの入り口』

話す声、歌う声の上達方法『vol.2 ブレスの入り口』

今回は、息を吸う場所についての記事を書いていきたいと思います。 腹式呼吸についてお話する前に、呼吸することが可能な場所から「ブレス」を取った場合のご説明をさせていただきます。 息を吸い込む方法は「鼻」や「口」、あるいは「鼻口両方」から吸い込むことが出来ます。その時々の状況に応じ、吸い込む場所を使い分けられるように訓練していきます。それぞれ、ブレスの長所と短所が有るのが理由になります。これから、それぞれのブレスの特徴を書いていきます。


話す声、歌う声の上達方法『vol.1基礎トレーニングとその順序』

話す声、歌う声の上達方法『vol.1基礎トレーニングとその順序』

「ボーカルスクールや話し方教室に通っているけど、一向に上手くならない」という声をよく耳にします。そんな方々のために、上達するための「マスターすべき順番」を述べていきたいと思います。声や音のことを文章にするのは容易ではなく、漠然とした説明となってしまう部分も多々あるかと思いますが、ご了承の程宜しくお願いいたします。


綺麗な裏声を出す練習法と裏声が出なくなった時の対処法

綺麗な裏声を出す練習法と裏声が出なくなった時の対処法

裏声がかすれて綺麗に出なかったり、そもそも裏声が出なかったりという方は多いです。地声には限界があるので裏声が上手に出せないとカラオケで歌える曲も限られてしまいますよね。この記事では誰にでもできるカンタンな裏声の出し方についてまとめたものを紹介します。


正しいミックスボイスの出し方と効率良い練習方法9選!

正しいミックスボイスの出し方と効率良い練習方法9選!

地声で出せる音って限られていますよね。特に男性で声変わりをしてしまうと今までは高音が出せていたのに急に出せなくなってしまうことも良くあることです。しかし、ミックスボイスをうまく使い分けることにより高音域を出すことができるようになるのです! 今回は、楽に発声できるミックスボイスの出し方をご紹介します!


最新の投稿


中国人とのコミュニケーションで覚えておきたいタブー!Vol.2『食事』

中国人とのコミュニケーションで覚えておきたいタブー!Vol.2『食事』

中国人にとって食事というのは、コミュニケーションにおける重要なツールです。これはビジネスだけではなく、友人関係でもとても大切な場となります。 今回は中国で食事をする時に覚えておくといい習慣とマナーをご紹介しましょう。


タロットは直観力を磨き、潜在力を引き出す強力なツールです。

タロットは直観力を磨き、潜在力を引き出す強力なツールです。

将棋や囲碁では、プロの棋士とAIとの対戦が話題になり、企業のAI導入計画聞くことも多くなりました。一気にAI(人工知能)は身近な存在になってきた感があります。AIが普及するにつれ、ますます人間固有の働きが求められるようになり、直観力・創造力をいかに発揮していくかが鍵になります。皆さんは備えができていますか。視覚言語であるタロットは、私たちの右脳を刺激し、これからの時代に最も必要とされる力をつける無限の可能性を持っています。長い歴史を持つタロットは、これからもインスピレーションの宝庫であり続けるでしょう。さまざまな分野で活躍する人のもう一つの顔がタロット愛好家ということはよくあることなのです。


俳優・女優として初舞台で気をつける5か条

俳優・女優として初舞台で気をつける5か条

今回は、舞台役者として活動したい方々に! 公演中に出来るだけ円滑に物事が運べるように、初舞台を踏む皆さんや舞台を経験してみたい皆さんに向けて本番間近の、劇場にいる時のアドバイスです!


結婚式で参考にしたい演出Vol.3「挙式後の〇〇シャワー」

結婚式で参考にしたい演出Vol.3「挙式後の〇〇シャワー」

今回ご紹介するのは、挙式の後の演出についてご紹介させていただきたいと思います。一番ポピュラーな演出は「フラワーシャワー」ですが、実は他にも色々な拘りの演出がありますので、参考にしてみてください。写真イメージ:竿田(さおだ)ご夫妻


話す声、歌う声の上達方法『vol.3正しい呼吸法』

話す声、歌う声の上達方法『vol.3正しい呼吸法』

今回は、正しい腹式呼吸法についての記事を書いていきたいと思います。