ゴルフのバックスイングのコツと正しい体重移動について

ゴルフのバックスイングのコツと正しい体重移動について

ハーフスイングを習得したら、次はいよいよフルスイングですね。このとき、バックスイングで悩む方も多いのではないでしょうか?どうすれば、スムーズにバックスイングを習得できるのでしょうか?バックスイング習得のコツ、体重移動のポイントなどを解説します!


オーバースイングしないこと

オーバースイングとは、バックスイングの時にクラブを振り上げすぎることです。これは、上半身と下半身のねじれよりも手の力で飛ばそうとするため、飛距離が伸びないことが多いですし、ショットも安定しません。それに振り上げすぎると遠心力が強く働いて理想の位置でクラブが止まってくれず、ますます悪循環に陥ります。

ゴルフスイングは、トップの位置が大切です。バックスイングのトップの状態になった時、一度体を立ててみてください。手の位置が肩の高さで、ゴルフクラブが地面と平行であれば理想です。力は入れなくて大丈夫です。100%のうち20、30%くらいの力でクラブを握りましょう。

アドレスを構える時、背骨という軸を右寄りにする

バックスイングのトップでは右足に、振り下ろすときには左足に体重が残るのが理想のゴルフスイングです。プロは、バックスイングのトップの状態で体重の9割を右足に乗せることができています。それ実践するには、まず背骨を軸として考えてみましょう。真っ直ぐ立っている時、軸は地面から90度になっています。背骨を右側に傾けると、体重は右足にかかりますね。ゴルフスイングも全く同じ原理です。つまり、ゴルフクラブを構える時、背骨を少し右寄りにするのです。すると、スイングすると自然に右足に体重がのります。

右腰を右側へスライドさせないこと

もう1つ大事なことは、右足から左足へのスムーズな体重移動です。バックスイングの時、右腰を右側へスライドさせないことがコツです。右腰が右へ移動し過ぎてしまうと、身体が右へ回転しにくくなるのです。回転しないと、飛距離は伸びませし、左足に体重が乗りにくくなります。右腰をスライドさせるのではなく、後ろに回すイメージを持つと良いです。また、バックスイングでトップの位置にある時は左肩が右ひざの真上か少し内側の真っすぐ上にあるかどうかも大切です。正しい体重移動ができているかのチェックポイントとなります。

まとめ

正しいバックスイングを習得できれば、面白いように飛距離が伸びます!どんどんスコアも伸ばして、ゴルフを楽しんでくださいね!

本記事は2016年06月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもとに安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

関連する投稿


正確な方向性と飛距離を実現させるアイアンの打ち方、スイングのポイント

正確な方向性と飛距離を実現させるアイアンの打ち方、スイングのポイント

ゴルフでの出番も多いアイアン。正確な方向性と飛距離が要求されるアイアンショットの打ち方の基本ポイントをお伝えします。これでミスショットを減らし、スコアをアップさせてください!


強いインパクトを生み出して飛距離を伸ばす、ゴルフのドライバーショットの打ち方

強いインパクトを生み出して飛距離を伸ばす、ゴルフのドライバーショットの打ち方

ゴルフのドライバーは最も長いクラブ。それ故に、アイアンとは全く異なる打ち方が求められます。強力なインパクトを生み出して飛距離を大きく伸ばす、ドライバーの打ち方のコツをご紹介します。


アプローチショットをマスターしよう!ゴルフのアプローチの打ち方とは?

アプローチショットをマスターしよう!ゴルフのアプローチの打ち方とは?

グリーンを狙うアプローチショットは、スコアに直結する重要なショットです。状況に応じたさまざまな打ち方がありますが、基本的な打ち方だけでもマスターすれば、初心者でもそれなりのスコアが叩き出せるようになります。


ハーフスイングはゴルフスイングの基本!初心者はまずこれをマスターしよう

ハーフスイングはゴルフスイングの基本!初心者はまずこれをマスターしよう

初心者がいきなりフルスイングでクラブを振り回すのはNGです。飛距離も出ませんし、フォームのクセが直せなくなってしまいます。まずは腰の高さまでのハーフスイング(ハーフショット)を徹底的に練習しましょう。そうすれば、フルスイングもスムーズに習得できますよ!


ゴルフ基本テクニック!バンカーショットはボールではなく砂を打つ

ゴルフ基本テクニック!バンカーショットはボールではなく砂を打つ

バンカーショットを苦手としている人も多いのではないでしょうか。しかし、バンカーショットが上手く決まればゴルフはもっと楽しくなります。今回はバンカーショット上達のために知っておくべきコツやテクニックを紹介します。


最新の投稿


自宅で始めるパン屋開業(経営)の道。厨房(設備)はどうすれば?

自宅で始めるパン屋開業(経営)の道。厨房(設備)はどうすれば?

「自分で焼いたパンを多くの人に食べてもらいたい。しかも、それがお金になるなら、本当にすてき!」美味しいパンを焼ける人なら、このような気持ちを持つことは不思議ではありません。では、その夢、叶えちゃいましょうよ! 「無理だわ」と思っている方がいるなら、この記事を読みながら検討してみてください。ここでは、パン屋開業のノウハウをお伝えします。


パン作り職人の勤務時間や労働時間、仕事内容ってなにしてるの?

パン作り職人の勤務時間や労働時間、仕事内容ってなにしてるの?

「パン屋さんは朝早い」というイメージが未だに残っていますが、パン作り職人は現代でも朝早く仕事をしているのでしょうか。パン職人は一日どのような流れで仕事をしているのでしょうか。 これからパン店開業に向けて準備を始めたいという方にとって、労働時間や仕事内容はとても気になります。 ここでは、パン職人とパン店の一日の流れに関してまとめています。仕事としてパン作りをしたいと考えている方は参考になさってください。


パン教室開業に資格は要る?儲かるの?収入は?

パン教室開業に資格は要る?儲かるの?収入は?

「パンが美味しく焼ける。それも、お店に並ぶものと遜色ないパンを。」そんな方は、パン教室を開いてみてはいかがですか? でも、パン教室ってどのように開けば良いのでしょうか?それに、資格や設備はどんなものが必要で、そもそも儲かるのでしょうか?ここでは、パン教室の開業の様々な疑問点に迫ります。


パン屋開業に資格は必要?菓子製造業許可と飲食店営業許可の違い

パン屋開業に資格は必要?菓子製造業許可と飲食店営業許可の違い

新しくパン屋を開業するときに必要な資格は、営業形態によって違うことをご存知ですか。イートインにするのか、テイクアウトにするのか、それともパン教室という形にするのかによって、必要な許可が違います。 さらに、食パンと調理パンは法律上の取り扱いが違うため、食パンだけを販売するのか、調理パンも販売するのかによって必要な許可や資格が異なります。今回は、パン屋開業のために必要な資格についてご紹介します。


  [水性画材を使った作品]

[水性画材を使った作品]

今回のイラストに使用された画材、透明水彩は、絵の具とそれに加える水の量の加減により 仕上がりが大きく左右されます。 絵の具を少ししか出さずに塗ると全体的に薄くなり、インパクトのない仕上がりになってしまいます。 カラーインクはすでに色が作られているので、そのまま直接塗ることができ、 同じ透明の水性画材でも鮮やかなはっきりとした色がでます。 色にコントラスト(濃淡)を付けたいときは、水を加えて薄い色を作って描きます。 今回は、背景に余白の多い涼し気なイラストを選んでみました。