ゴルフのバックスイングのコツと正しい体重移動について

ゴルフのバックスイングのコツと正しい体重移動について

ハーフスイングを習得したら、次はいよいよフルスイングですね。このとき、バックスイングで悩む方も多いのではないでしょうか?どうすれば、スムーズにバックスイングを習得できるのでしょうか?バックスイング習得のコツ、体重移動のポイントなどを解説します!


オーバースイングしないこと

オーバースイングとは、バックスイングの時にクラブを振り上げすぎることです。これは、上半身と下半身のねじれよりも手の力で飛ばそうとするため、飛距離が伸びないことが多いですし、ショットも安定しません。それに振り上げすぎると遠心力が強く働いて理想の位置でクラブが止まってくれず、ますます悪循環に陥ります。

ゴルフスイングは、トップの位置が大切です。バックスイングのトップの状態になった時、一度体を立ててみてください。手の位置が肩の高さで、ゴルフクラブが地面と平行であれば理想です。力は入れなくて大丈夫です。100%のうち20、30%くらいの力でクラブを握りましょう。

アドレスを構える時、背骨という軸を右寄りにする

バックスイングのトップでは右足に、振り下ろすときには左足に体重が残るのが理想のゴルフスイングです。プロは、バックスイングのトップの状態で体重の9割を右足に乗せることができています。それ実践するには、まず背骨を軸として考えてみましょう。真っ直ぐ立っている時、軸は地面から90度になっています。背骨を右側に傾けると、体重は右足にかかりますね。ゴルフスイングも全く同じ原理です。つまり、ゴルフクラブを構える時、背骨を少し右寄りにするのです。すると、スイングすると自然に右足に体重がのります。

右腰を右側へスライドさせないこと

もう1つ大事なことは、右足から左足へのスムーズな体重移動です。バックスイングの時、右腰を右側へスライドさせないことがコツです。右腰が右へ移動し過ぎてしまうと、身体が右へ回転しにくくなるのです。回転しないと、飛距離は伸びませし、左足に体重が乗りにくくなります。右腰をスライドさせるのではなく、後ろに回すイメージを持つと良いです。また、バックスイングでトップの位置にある時は左肩が右ひざの真上か少し内側の真っすぐ上にあるかどうかも大切です。正しい体重移動ができているかのチェックポイントとなります。

まとめ

正しいバックスイングを習得できれば、面白いように飛距離が伸びます!どんどんスコアも伸ばして、ゴルフを楽しんでくださいね!

本記事は2016年06月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもとに安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

関連する投稿


正確な方向性と飛距離を実現させるアイアンの打ち方、スイングのポイント

正確な方向性と飛距離を実現させるアイアンの打ち方、スイングのポイント

ゴルフでの出番も多いアイアン。正確な方向性と飛距離が要求されるアイアンショットの打ち方の基本ポイントをお伝えします。これでミスショットを減らし、スコアをアップさせてください!


強いインパクトを生み出して飛距離を伸ばす、ゴルフのドライバーショットの打ち方

強いインパクトを生み出して飛距離を伸ばす、ゴルフのドライバーショットの打ち方

ゴルフのドライバーは最も長いクラブ。それ故に、アイアンとは全く異なる打ち方が求められます。強力なインパクトを生み出して飛距離を大きく伸ばす、ドライバーの打ち方のコツをご紹介します。


アプローチショットをマスターしよう!ゴルフのアプローチの打ち方とは?

アプローチショットをマスターしよう!ゴルフのアプローチの打ち方とは?

グリーンを狙うアプローチショットは、スコアに直結する重要なショットです。状況に応じたさまざまな打ち方がありますが、基本的な打ち方だけでもマスターすれば、初心者でもそれなりのスコアが叩き出せるようになります。


ハーフスイングはゴルフスイングの基本!初心者はまずこれをマスターしよう

ハーフスイングはゴルフスイングの基本!初心者はまずこれをマスターしよう

初心者がいきなりフルスイングでクラブを振り回すのはNGです。飛距離も出ませんし、フォームのクセが直せなくなってしまいます。まずは腰の高さまでのハーフスイング(ハーフショット)を徹底的に練習しましょう。そうすれば、フルスイングもスムーズに習得できますよ!


ゴルフ基本テクニック!バンカーショットはボールではなく砂を打つ

ゴルフ基本テクニック!バンカーショットはボールではなく砂を打つ

バンカーショットを苦手としている人も多いのではないでしょうか。しかし、バンカーショットが上手く決まればゴルフはもっと楽しくなります。今回はバンカーショット上達のために知っておくべきコツやテクニックを紹介します。


最新の投稿


今話題のカジノ、実際カジノってなんなの? “カジノ流儀 vol.1”

今話題のカジノ、実際カジノってなんなの? “カジノ流儀 vol.1”

最近なにかと話題のカジノ。テレビや雑誌などのメディアで多く見かけるようになりましたが、実際カジノって何なのか?と疑問に思ってる方もいらっしゃると思います。2016年12月にカジノにまつわる法案が可決し、日本にもカジノがやってくるのが現実味を帯びてきましたね!今回はそんな話題のカジノの記事を紹介します。


タロットで、迷う人生から決められる人生へ。

タロットで、迷う人生から決められる人生へ。

誰でも、ネットを開けば、手軽に情報が得られる時代です。クリック一つで、自分が求める情報を得、クリック一つで消すことができます。気晴らしにネットサーフィンをすることもできます。いつでもどこでもできるので、とても便利です。でも、玉石混交のさまざまな情報がどんどん得られるので、情報過多で、迷路に迷い込んでしまうこともあるでしょう。便利な時代になるほど、安易に煽られない自分、本当に必要な情報を選択できる自分を作ることが、とても重要になってきます。そのために、自分を見つめる静かな時間を持ちましょう。瞑想、坐禅、内観もあります。また、古来からの象徴体系を受け継ぐタロットも、優れた方法の一つです。


なぜ武道の姿勢は疲れずに集中力を高める事に役立つのか??

なぜ武道の姿勢は疲れずに集中力を高める事に役立つのか??

昔から武道・武術をやっている人は姿勢がいいと言われます。これは単に礼儀作法の一環だけでなく、生死をかけて勝負に挑んできた武道家たちが辿り着いた境地ともいえるでしょう。そこには無駄なく、機能性の高い姿勢を求めてきた結果が集約されています。どういう姿勢を重視しているのか、その一部をご紹介します。


バイオリンは幼児(子供)の脳に良い効果を与えるって本当?

バイオリンは幼児(子供)の脳に良い効果を与えるって本当?

子供の脳に良い影響をもたらすと科学的に立証されている楽器がバイオリンです。小さい子供がいる家庭の場合、習い事を考えている方は多いのではないでしょうか? 小さい頃から脳の発達を活性化させることで、将来どのような大人になるのかが変わってきます。ここでは、「バイオリンが子供の脳へどのような効果・影響をもたらすのか」や「習わせるタイミング」について見ていきましょう。


ドラム教室(レッスン)に習いたい人に伝える初めての教室選び

ドラム教室(レッスン)に習いたい人に伝える初めての教室選び

今や、便利なネット時代。独学でドラムを勉強しようと検索すれば、様々な動画などが出てきます。 でも、「ドラムの楽譜の読み方がちんぷんかんぷん」「自分に合ったスティックの握り方が分からない」などと、独学では自分自身ではなかなか解決できない疑問がわんさか溢れてくることが多いですよね。しかも、変な打ち方のクセがついてしまうことも。 そんな時は、思い切ってドラム教室のドアを叩いてみましょう! ドラム教室は、ドラム初心者の強い味方になってくれます。ここでは、ドラム初心者のための教室の選び方についてお伝えします。