1. アプローチショットをマスターしよう!ゴルフのアプローチの打ち方とは?
フックもスライスもなし!真っ直ぐ飛ばすゴルフスイングの方法
  • 2016年5月29日UP
  • カテゴリ:ゴルフ

アプローチショットをマスターしよう!ゴルフのアプローチの打ち方とは?

フックもスライスもなし!真っ直ぐ飛ばすゴルフスイングの方法

グリーンを狙うアプローチショットは、スコアに直結する重要なショットです。状況に応じたさまざまな打ち方がありますが、基本的な打ち方だけでもマスターすれば、初心者でもそれなりのスコアが叩き出せるようになります。

綺麗なゴルフスイングは正しいグリップとアドレスから

アプローチショットはゴルフボールを確実にカップインさせるために必要なショットです。アプローチショットは、正しいスイングができていないと、十分な飛距離が出せなかったり、グリーンの方向に飛ばなかったりと、残念な結果に終わってしまいます。

美しいゴルフスイングを保つためには、正しいアドレスが重要です。アドレスとは、構え方や姿勢のことを指しています。正しいアドレスができていなければ、セオリー通りのタイミングでボールを打っても、期待する方向へボールが飛ぶことはありません。

グリーン近くのアプローチショットも怖くない!

ショートホールなどでは、少ない規定打数でカップインを目指さなければいけません。そのため、グリーン近くからのアプローチショットでは緊張するはずです。打球がグリーンを越えて飛んで行ってしまった経験がある方もいるかもしれませんね。グリーン近くのアプローチショットの場合、腕の力だけで飛ばしてはいけません。

できるだけ肩を振り子のように大きく動かして、腕に伝えるようなイメージでゴルフクラブを振ってみましょう。打ち方を変える意識を持つことで、ボールが飛びすぎることなく、イメージ通りのオン(ボールがグリーンに乗ること)が期待できます。

体幹を鍛えて力任せのダウンスイングから卒業しよう

長めのアプローチショットが求められるホールでは、腕を大きく振って力任せのダウンスイングに頼っている方も多いのではないでしょうか。力任せでクラブを振れば、たしかに飛距離は伸びるかもしれません。ですがOBの可能性も同時に増えてしまいます。クラブを構えた時にむやみに体重移動をしないように注意し、腰や体全体がねじれないように体勢を整えましょう。

姿勢に意識を集中させるとクラブが振りにくい場合は、体幹が弱っている証拠です。一連の動きがスムーズにできるよう、体幹トレーニングを取り入れていくと良いでしょう。体幹が鍛えられていくと、腰回りが安定しますし、ダウンスイングを力任せにせず、腕の振りだけでまっすぐボールが飛ぶようになります。

まとめ

ゴルフスイングが綺麗に決まれば、どんどんゴルフが上達します。特に正確なアプローチショットが打てるようになると一目置かれるようになりますし、満足できるスコアを出すことも可能です。ぜひ、今回紹介した内容を実践してみてください。

本記事は、2016年05月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


「ゴルフ」の講座・レッスン

  1. TOP
  2. 習い事で毎日を楽しくマガジンTOP
  3. ゴルフ
  4. ボルダリングに必要不可欠なトレーニングと筋トレのメソッドを公開