1. 実はカンタン?綺麗な裏声の出し方についてまとめてみた
実はカンタン?綺麗な裏声の出し方についてまとめてみた

実はカンタン?綺麗な裏声の出し方についてまとめてみた

実はカンタン?綺麗な裏声の出し方についてまとめてみた

裏声がかすれて綺麗に出なかったり、そもそも裏声が出なかったりという方は多いです。地声には限界があるので裏声が上手に出せないとカラオケで歌える曲も限られてしまいますよね。この記事では誰にでもできるカンタンな裏声の出し方についてまとめたものを紹介します。

鼻歌を歌ってみる

裏声の練習初期では鼻歌が効果的です。歌の途中で裏声が出せない方でも、鼻歌では小さくとも綺麗に裏声が出せることがあります。口をふさぎ、小さくてもいいので裏声を出してみましょう。慣れてきたら徐々に声量を大きくし、口を開いて裏声を出してみましょう。

喉の開き方を変えてみる

裏声を綺麗に出せないのは喉が十分に開いていない可能性があります。裏声を出せない人が裏声を出そうとすると無意識に緊張し、喉が締まってしまうことがよくあります。裏声の練習をする際、意識的に喉を開いてみましょう。あくびをする時の喉の形が裏声を出すのに適していると言われています。

裏声が綺麗な歌手のマネをしてみる

裏声の上達を著しく早める方法の一つが、裏声が綺麗な歌手のマネをすることです。自分の好みで裏声が綺麗な歌手のマネをしながら裏声を綺麗に出すイメージやコツを掴みましょう。聴くだけでなく動画も一緒に見ながら、その歌手になりきれば意外とすぐに綺麗な裏声を出せるようになるかもしれません。

リラックスして「オ」の音で裏声を出してみる

裏声が出せない要因の一つとして、「力み過ぎ」が挙げられます。喉の力を抜き、リラックスして「オ」の音、例えば「ホ」や「ヨ」などで裏声を出してみましょう。この時、無理に声を張る必要はありません。優しい小声で高音を出すようにすれば裏声の感覚が身についてくるはずです。

地声と裏声を交互に出す

「裏声は出せるけど歌いながら裏声が出せない」ということがあります。そのような場合、地声と裏声を交互に出し、地声を出している時と、裏声を出している時の声帯の開き具合の違いを確かめることができます。これを繰り返すことで、声帯を器用に開いたり閉じたり出来るようになるので、曲の中で綺麗な裏声を出す感覚が分かるようになります。

基本的に裏声の出し方や練習は簡単で誰でもできるものばかりです。裏声を出せるようになると歌える曲の幅が大きく広がります。カラオケで高得点を出したり、いろいろな曲を気持ちよく歌ったりするには裏声を避けては通れません。この記事に書かれている方法を通してコツや感覚を掴むことで、今まで以上に歌う喜びを知ることになるでしょう。

エリアを選んでスクール探し♪
全国のボイストレーニングが習えるスクール一覧へ

本記事は、2015年8月1日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


「ボーカル・ボイストレーニング (ボイトレ)」の講座・レッスン

  1. TOP
  2. 習い事で毎日を楽しくマガジンTOP
  3. ボーカル・ボイストレーニング (ボイトレ)
  4. ボルダリングに適した服装とシューズはどういうもの?