自分にピッタリなラケット選びは上達への第一歩!具体的なテニスラケットの選び方を学ぼう

自分にピッタリなラケット選びは上達への第一歩!具体的なテニスラケットの選び方を学ぼう

テニスラケットを買おうと思い、テニスラケットコーナーに行くとさまざまなことが書かれていますね。サイズであったり、重さであったり、使われている素材であったりと、テニスラケットに詳しくない方には、どれが自分に合ったラケットなのか、なかなかわかり辛いです。今回は自分にピッタリなラケットを選ぶ方法をお教えします!


自分にフィットするラケットとは

そもそも、自分に合うラケットとは、どのようなものを指すのでしょうか。自分の力を100とすると、ピッタリ合うラケットとなると。120のパワーを出させてくれるラケットをイメージする人も多いでしょう。

正解は、100のパワーがあるとすれば、きちんと100出るというのが良いラケットです。合わないラケットだと、100の力を100出し切ることはできません。持っていて負担が少なく、違和感がないことが基本的なポイントになります。

初心者向けのラケット

初心者向けのラケットで重要なことは、安定性があることと持ちやすいことです。軽量(300gまで)でフレームの厚いラケットを選びましょう。フレームは17mm〜30mmまでありますが、フレームが厚ければ厚いほどボールが飛びやすいので、ボールを飛ばすことがなかなかできない初心者は、フレームが厚いものをチョイスすると、ボールを飛ばす楽しさを味わえます。

ソフトテニスのラケットの選び方

硬式テニスとソフトテニスのラケットの選び方は基本的に同じですが、硬式ラケットとソフトテニスラケットでは作りが違います。最大の違いは、軟式ラケットには前衛向けのモデルと後衛向けのモデルがあるという点です。 前衛向けは2本のシャフト、後衛向きは1本のシャフトと言われていますが、初心者は2本のシャフトから入っていくと良いでしょう。

ソフトテニスは、ラケットがしなることでゴムボールを飛ばします。そのため、厚みのあるラケットほど空洞部分が大きく、壊れやすいことも特徴です。強度・重さを考えると、初心者には中厚と呼ばれる厚みのラケットが最適です。店頭で販売されている多くのソフトテニスのラケットは、ほとんどが中厚の製品なので、さほど厚みを気にしなくても大丈夫です。

さらに、重心がトップに寄ったものと、手元に寄ったものがありますが、初心者はまだプレーのスタイルも確立されていないので、この中間のミディアムタイプでOKです。

ラケットの寿命は、使い方・頻度によって異なります。テニスラケットは、ボールのぶつかる衝撃で徐々にフレームが傷んできます。ある日いきなり壊れるものではありませんが、毎日練習する人の場合、テニスラケットの寿命は2年と言われています。なんだか最初の頃に比べて飛びが悪くなったと感じたら、買い換えるようにしましょう!

あると便利なテニスグッズ

ラケット関連のテニスグッズで、揃えておきたいものはグリップテープです。グリップはラケットとプレイヤーをつなぐ部分ですので、磨耗が激しいです。さらにこのグリップテープは滑り止めの役割も持っています。古くなったらすぐに新しいものに巻き直すことが基本です。

まとめ

初心者は、テニスの楽しさを一番吸収する時期でもあります。せっかくテニスを始めようと決めたのですから、気に入ったラケットを選ぶことが一番です。初心者に合った道具選びで、楽しくプレーしましょう!

本記事は2016年06月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもとに安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

関連する投稿


知らぬは怪我の元、硬式テニスにおけるテニス用品との上手な付き合い方

知らぬは怪我の元、硬式テニスにおけるテニス用品との上手な付き合い方

年齢性別を問わず多くの方に親しまれているテニスは、プレイスタイルに合わせたテニス用品選びが何より大切です。 万が一、自分がプレイするテニスコートやその他の環境を無視してテニス用品を揃えると、思わぬ事故に繋がる危険性があります。楽しくテニスを続けていくためにも、テニスコートの特徴やテニス用品の正しい選び方を見ていきましょう。


数あるテニススクールやテニス教室の中で、自分にピッタリなところを選ぶには?

数あるテニススクールやテニス教室の中で、自分にピッタリなところを選ぶには?

テニススクールやテニスラウンジ、テニスクラブなど、多くの呼び方があるテニス教室へ通う際、あなたが重視したいのはどのようなポイントですか?利便性や金銭面のメリットももちろん大切ですが、それぞれのスクールに存在する異なる個性については把握できていますか?長く楽しくテニスを続けるためにも、スクール選びの要点を押さえておきましょう!


中学生から始めるソフトテニス講座!ソフトテニスラケットの選び方と具体的な動き方を解説

中学生から始めるソフトテニス講座!ソフトテニスラケットの選び方と具体的な動き方を解説

中学からテニスを始めようとすると、多くの学校ではソフトテニスから始めることになります。ソフトテニスは日本発祥のスポーツでもあり、硬式テニスとは違った立ち回り、ラケットの持ち方をします。今回はそんなソフトテニスのラケットの持ち方と前衛の動きに重点を置いて話したいと思います!


放置厳禁!手遅れになる前に始めたいテニス肘の治療方法について

放置厳禁!手遅れになる前に始めたいテニス肘の治療方法について

テニスで一番怖い怪我が『テニス肘』ではないでしょうか。悪化すると、一生付きまとう怪我になりかねません!正しいストレッチ方法を学び、テニス肘の発生を予防することは、上達のためにとても大切なことです。一緒に学んでいきましょう!


ボレーとスマッシュを覚えて攻めのテニスを目指そう!

ボレーとスマッシュを覚えて攻めのテニスを目指そう!

『テニスの勝敗は前衛で決まる』と言われるほど、試合において前衛の動きや立ち回りは大切になってきます。テニスはとにかく攻めることが大切です。相手との駆け引きを攻略する上で大切な『ボレー』と『スマッシュ』を確実にキメる方法について学んでいきましょう。


最新の投稿


自宅で始めるパン屋開業(経営)の道。厨房(設備)はどうすれば?

自宅で始めるパン屋開業(経営)の道。厨房(設備)はどうすれば?

「自分で焼いたパンを多くの人に食べてもらいたい。しかも、それがお金になるなら、本当にすてき!」美味しいパンを焼ける人なら、このような気持ちを持つことは不思議ではありません。では、その夢、叶えちゃいましょうよ! 「無理だわ」と思っている方がいるなら、この記事を読みながら検討してみてください。ここでは、パン屋開業のノウハウをお伝えします。


パン作り職人の勤務時間や労働時間、仕事内容ってなにしてるの?

パン作り職人の勤務時間や労働時間、仕事内容ってなにしてるの?

「パン屋さんは朝早い」というイメージが未だに残っていますが、パン作り職人は現代でも朝早く仕事をしているのでしょうか。パン職人は一日どのような流れで仕事をしているのでしょうか。 これからパン店開業に向けて準備を始めたいという方にとって、労働時間や仕事内容はとても気になります。 ここでは、パン職人とパン店の一日の流れに関してまとめています。仕事としてパン作りをしたいと考えている方は参考になさってください。


パン教室開業に資格は要る?儲かるの?収入は?

パン教室開業に資格は要る?儲かるの?収入は?

「パンが美味しく焼ける。それも、お店に並ぶものと遜色ないパンを。」そんな方は、パン教室を開いてみてはいかがですか? でも、パン教室ってどのように開けば良いのでしょうか?それに、資格や設備はどんなものが必要で、そもそも儲かるのでしょうか?ここでは、パン教室の開業の様々な疑問点に迫ります。


パン屋開業に資格は必要?菓子製造業許可と飲食店営業許可の違い

パン屋開業に資格は必要?菓子製造業許可と飲食店営業許可の違い

新しくパン屋を開業するときに必要な資格は、営業形態によって違うことをご存知ですか。イートインにするのか、テイクアウトにするのか、それともパン教室という形にするのかによって、必要な許可が違います。 さらに、食パンと調理パンは法律上の取り扱いが違うため、食パンだけを販売するのか、調理パンも販売するのかによって必要な許可や資格が異なります。今回は、パン屋開業のために必要な資格についてご紹介します。


  [水性画材を使った作品]

[水性画材を使った作品]

今回のイラストに使用された画材、透明水彩は、絵の具とそれに加える水の量の加減により 仕上がりが大きく左右されます。 絵の具を少ししか出さずに塗ると全体的に薄くなり、インパクトのない仕上がりになってしまいます。 カラーインクはすでに色が作られているので、そのまま直接塗ることができ、 同じ透明の水性画材でも鮮やかなはっきりとした色がでます。 色にコントラスト(濃淡)を付けたいときは、水を加えて薄い色を作って描きます。 今回は、背景に余白の多い涼し気なイラストを選んでみました。