1. 家でも出来るマタニティヨガのメリットとは?
yoga_013
  • 2016年9月22日UP
  • カテゴリ:ヨガ

家でも出来るマタニティヨガのメリットとは?

yoga_013

「妊娠を境に体質や日々の体調が激変した……」なんて経験をした方は多いのではないでしょうか?そんな時、助けになるのがマタニティヨガです。現在マタニティ生活を送っている方もそうでない方も、マタニティヨガについての知識を深めてぜひ今後の生活に役立てていってください。この記事では、マタニティ生活で辛い毎日を楽にするマタニティヨガについて詳しくご紹介します。

マタニティヨガって普通のヨガとどう違うの?

マタニティヨガは、通常のヨガと比べると動きやポージングが穏やかで、より体に負担がかかりにくいように考えられています。特に妊婦の体調を第一に考えているので無理な姿勢やストレッチは一切なく、筋肉を優しくほぐしながら呼吸法を工夫することで穏やかに有酸素運動ができるようになっています。運動不足でストレスを抱えやすい妊婦にとって、マタニティヨガは精神的なストレス解消に繋がると同時に日々の生活に運動を取り入れられるので、妊婦にとって大きなメリットがあります。

自宅でできるマタニティヨガの方法

マタニティヨガは、通常のヨガと同様に誰でも自宅で簡単に行えます。用意する道具は特別ありませんが、骨盤やお尻、お腹の赤ちゃんに負担をかけないためにも専用のヨガマットを敷いて行うのが理想的です。また、服装については身動きが楽で体の締めつけがないものを選んでおきましょう。マタニティヨガの基本姿勢は、背筋を伸ばしてあぐらをかいた状態です。この時、同時にマタニティヨガの呼吸法を取り入れるだけでも穏やかな有酸素運動ができ、重心をお尻の位置まで下げ様々なポーズをとるだけで骨盤矯正や血行促進を期待できます。呼吸法と言っても難しいものではなく、基本姿勢を維持しながらゆっくりと腹式呼吸を行うだけなので、ぜひ気軽に試してみてください。

産後でも大活躍!

マタニティヨガという名前から、妊婦に向けたヨガだと認識している方も多く存在しますが、実は産後に行っても嬉しい効果を期待できます。産後は、マタニティ生活中と同様に激しい運動やストレッチはタブーとされています。そのため、マタニティヨガを行って穏やかな有酸素運動を生活に取り入れるだけで産後の運動不足を解消していくことができます。近年では、産婦人科やクリニックでもマタニティヨガ講座が開催され、妊婦はもちろん妊娠を希望する女性も不妊解消や骨盤矯正を目的としてマタニティヨガを多く取り入れています。

まとめ

マタニティ生活中から産後の運動不足まで、体に無理な負担をかけることなく行えるマタニティヨガを始めて、心身ともに健やかな毎日を送れるようにしましょう。産まれてくる赤ちゃんも、お母さんの頑張りを応援していること間違いありません。

エリアを選んでスクール探し♪
全国にあるヨガ教室・スタジオ一覧へ

本記事は、2016年9月5日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


「ヨガ」の講座・レッスン

  1. TOP
  2. 習い事で毎日を楽しくマガジンTOP
  3. ヨガ
  4. ボルダリングに必要不可欠なトレーニングと筋トレのメソッドを公開