1. アロマキャンドルでリラックス!自宅でも簡単に作れるアロマキャンドルの作り方とは
aroma_009
  • 2016年10月20日UP
  • カテゴリ:アロマ

アロマキャンドルでリラックス!自宅でも簡単に作れるアロマキャンドルの作り方とは

aroma_009

電気ではなく火を使うアロマ道具「アロマキャンドル」は、香りでの安らぎはもちろん、見た目がかわいい・おしゃれなど多くの魅力が詰まったアロマグッズです。今回は、アロマキャンドルの魅力や選び方のコツ、手作りの方法までを一挙にご紹介します。

アロマキャンドルの魅力

アロマキャンドルは、ガラス容器に入ったものからキャンドル単体のものまで多くのデザインが販売されており、その香りや色は数えきれないほど存在します。選ぶことも楽しみの1つであるアロマキャンドル最大の魅力は、実際に火を灯して揺らめく炎を眺められることや、強すぎない優しい香りが立つことです。
揺らめく炎を眺めたりアロマの香りを楽しむことは、自律神経に作用し、高いリラックス効果を得ることができると言われています。また、余計な道具がいらず火を灯してあとは好きなように過ごすだけ・・・と、いった使い方もアロマキャンドルの魅力だと思います。

アロマキャンドルの選び方のコツ

香りも形状も異なるアロマキャンドルのお気に入りを見つけるには、まず選び方のコツを知ることから始めましょう。
アロマキャンドル選びで大切なコツは、素材・香り・形の3点を意識することです。アロマキャンドルと言えば「どれも同じロウソクでしょ?」と思う方も多いかもしれませんが、アロマキャンドルの成分はミツロウや大豆ワックスなどの天然素材から原油などの化学製品から作られたものまで様々です。特に、アレルギー体質を持つ方などは、はじめに素材選びに重点を置いて選んでおくとよいでしょう。
次に、アロマで用いられやすい香りにはラベンダーや柑橘(かんきつ)系などがありますが、いずれも自律神経への働きかけが少々異なります。香りを選ぶ際、好みはもちろんその効果も意識して選べるとよいですね。そして、形状は好みやお部屋のインテリアに合わせて自由に選んでみましょう。形状には、キャンドル単体の固形キャンドルやお風呂に浮かべるフローティングキャンドルなどがあります。

手作りアロマキャンドルで楽しさ倍増!

アロマキャンドルは非常に多くの商品が販売されていますが、自分のオリジナルキャンドルを作ることもできます。世界に1つだけのオリジナルアロマキャンドルなんて、なんだかおしゃれですよね。
作り方は、ロウの原料となるソイワックスを耐熱カップに入れ電子レンジで3~4分加熱し、80度を目安に温め溶かしていきます。途中、よくかき混ぜながらワックスが全て溶けきったらアロマオイルを混ぜ(全体の6%の量が目安)、好みの容器に移してゆっくりと冷ましていきます。そして、ワックスが半分近くまで固まってきたら芯を真っすぐ挿し、箸や竹串などで倒れないようにしながら完全に固まらせたら完成です。
簡単な手順で作る工程も楽しい手作りアロマキャンドルは、家族や友達と作れば盛り上がること間違いありません。

まとめ

お部屋のインテリアに合わせやすいアロマキャンドルは、自分で楽しむのはもちろんプレゼントにもおすすめのアロマグッズです。市販の商品のワンランク上を目指すなら、かわいいものが大好きな娘さんとも盛り上がれる手作りアロマキャンドルに挑戦してみてはいかがでしょうか?

エリアを選んでスクール探し♪
全国にあるアロマが習えるスクール・教室一覧へ

本記事は、2016年10月20日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


「アロマ」の講座・レッスン

  1. TOP
  2. 習い事で毎日を楽しくマガジンTOP
  3. アロマ
  4. 介護職員基礎研修の廃止に伴う介護実務者研修とは?