体を引き締めたい人向けのパワーヨガと服装について

体を引き締めたい人向けのパワーヨガと服装について

精神面や肉体をリラックスさせて健康づくりを行うヨガに対して、より肉体の強化や引き締まった体を維持していくために行われるのがパワーヨガです。この記事では、パワーヨガというヨガの新しいジャンルについて詳しくご紹介します。パワーヨガについての知識を深め、ぜひ今後の健康づくりの参考にしてみてください。


よくあるヨガと、パワーヨガの違い

ヨガは、もともとインドの宗教文化をベースにして考えられた健康法で、現在では世界各国で取り入れられるほどの知名度を誇るようになりました。日本でも、男女を問わず全国でヨガスタジオやジムが展開されているため、近年では非常に身近な存在となっています。そんなヨガには、ホットヨガやエアリアルヨガなど多くのジャンルがありますがいずれも目的や重要視する効果が異なります。中でも、近年注目されているのがインナーマッスルをはじめとした全身の筋肉にアプローチができるパワーヨガです。パワーヨガでは、美しいボディラインの維持に欠かせないインナーマッスルを効率よく鍛えられるので、お腹やわき腹などの引き締めを期待できます。

服装はどんなものがいいの?

パワーヨガへは、一般的なヨガで着用する服装で参加しても大きな問題はありません。ただし、ゆっくりとしたペースで穏やかに行う一般的なヨガに比べて、パワーヨガではより筋肉にアプローチがかかるようなやや難儀なポーズを行います。

そのため、必ず伸縮性がよく体や肌にストレスがかからない服装を心がけるようにしましょう。また、通常のヨガよりも多くの汗をかくので、吸水性に優れた素材の服装を選ぶのも大切です。

パワーヨガ終了後に着替えをしないまま帰宅しなければならない場合などは、速乾性に優れた服装を選んでおけば着用時の不快感もなく済みますね。そのほか、パワーヨガ専用のウェアを着用するのもおすすめです。服装に不安がある場合は、必ず事前にスタジオやジムに確認を取っておくようにしましょう。

パワーヨガを行う際に気を付けること

パワーヨガは、一般的なヨガに比べて体力の消費量も多くなります。そのため、免疫が下がっている時期や体力が消耗している際にパワーヨガを行ってしまうと、思わぬ体調不良を招いてしまう可能性があります。

パワーヨガを行う場合は、必ず体調が優れている日を選ぶようにしましょう。

当日の食事については、パワーヨガ直前の食事を避け、前後2時間ほどを目安に確保するのが理想的です。また、汗を多くかくため水分補給を忘れずに行いましょう。

まとめ

パワーヨガは、全身の筋肉にアプローチをかけてより引き締まったボディラインを目指す方におすすめのヨガの1種です。パワーヨガに適した服装と注意事項をよく把握して、ぜひ今日からあなたもパワーヨガを始めてみてくださいね!

本記事は2016年09月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもとに安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

関連する投稿


ヨガの歴史や音楽を学び、さらにヨガの魅力を知ろう

ヨガの歴史や音楽を学び、さらにヨガの魅力を知ろう

ヨガには古代から長々と続いてきた長い歴史がありますが、こうした背景を知っておけばヨガも更に楽しめます。いったいヨガにはどんな意味があるのでしょうか?また、ヨガの歴史を知れば日本とヨガの関係も自ずとわかってきます。他にも、ヨガで使われる独特な音楽についても紹介しましょう。


道具(プロップス)を使うヨガ「リストラティブヨガ」について

道具(プロップス)を使うヨガ「リストラティブヨガ」について

ヨガは、身体のストレッチ効果を得るだけのものではなく、昨今では「体を緩めるためのヨガ」も注目されています。特に高齢者やヨガ初心者、マタニティー女性などが実践する「リストラティブヨガ」をピックアップしお伝えします。


家でも出来るマタニティヨガのメリットとは?

家でも出来るマタニティヨガのメリットとは?

「妊娠を境に体質や日々の体調が激変した……」なんて経験をした方は多いのではないでしょうか?そんな時、助けになるのがマタニティヨガです。現在マタニティ生活を送っている方もそうでない方も、マタニティヨガについての知識を深めてぜひ今後の生活に役立てていってください。この記事では、マタニティ生活で辛い毎日を楽にするマタニティヨガについて詳しくご紹介します。


ピラティスとヨガの違いについて知ろう

ピラティスとヨガの違いについて知ろう

ピラティスとヨガの動き自体は似ています。これからエクササイズを始めようという人も、この両者の違いに疑問を持つ人は多くなっています。しかし、両者が目指すものは大きく異なります。どちらも優れた効果があるエクササイズですが、まずは両者の違いをしっかりと理解しておきましょう。


まるで空中ブランコ!エアリアルヨガで痩せる!

まるで空中ブランコ!エアリアルヨガで痩せる!

テレビや雑誌での特集が話題を呼び、近年では都内を中心に絶大な人気を誇るエアリアルヨガをご存じでしょうか?この記事では、ヨガマットの上で行う従来のヨガとは異なる効果や楽しさを持つ、エアリアルヨガについて詳しくご紹介します。気になる方はぜひ目を通していってくださいね!


最新の投稿


自宅で始めるパン屋開業(経営)の道。厨房(設備)はどうすれば?

自宅で始めるパン屋開業(経営)の道。厨房(設備)はどうすれば?

「自分で焼いたパンを多くの人に食べてもらいたい。しかも、それがお金になるなら、本当にすてき!」美味しいパンを焼ける人なら、このような気持ちを持つことは不思議ではありません。では、その夢、叶えちゃいましょうよ! 「無理だわ」と思っている方がいるなら、この記事を読みながら検討してみてください。ここでは、パン屋開業のノウハウをお伝えします。


パン作り職人の勤務時間や労働時間、仕事内容ってなにしてるの?

パン作り職人の勤務時間や労働時間、仕事内容ってなにしてるの?

「パン屋さんは朝早い」というイメージが未だに残っていますが、パン作り職人は現代でも朝早く仕事をしているのでしょうか。パン職人は一日どのような流れで仕事をしているのでしょうか。 これからパン店開業に向けて準備を始めたいという方にとって、労働時間や仕事内容はとても気になります。 ここでは、パン職人とパン店の一日の流れに関してまとめています。仕事としてパン作りをしたいと考えている方は参考になさってください。


パン教室開業に資格は要る?儲かるの?収入は?

パン教室開業に資格は要る?儲かるの?収入は?

「パンが美味しく焼ける。それも、お店に並ぶものと遜色ないパンを。」そんな方は、パン教室を開いてみてはいかがですか? でも、パン教室ってどのように開けば良いのでしょうか?それに、資格や設備はどんなものが必要で、そもそも儲かるのでしょうか?ここでは、パン教室の開業の様々な疑問点に迫ります。


パン屋開業に資格は必要?菓子製造業許可と飲食店営業許可の違い

パン屋開業に資格は必要?菓子製造業許可と飲食店営業許可の違い

新しくパン屋を開業するときに必要な資格は、営業形態によって違うことをご存知ですか。イートインにするのか、テイクアウトにするのか、それともパン教室という形にするのかによって、必要な許可が違います。 さらに、食パンと調理パンは法律上の取り扱いが違うため、食パンだけを販売するのか、調理パンも販売するのかによって必要な許可や資格が異なります。今回は、パン屋開業のために必要な資格についてご紹介します。


  [水性画材を使った作品]

[水性画材を使った作品]

今回のイラストに使用された画材、透明水彩は、絵の具とそれに加える水の量の加減により 仕上がりが大きく左右されます。 絵の具を少ししか出さずに塗ると全体的に薄くなり、インパクトのない仕上がりになってしまいます。 カラーインクはすでに色が作られているので、そのまま直接塗ることができ、 同じ透明の水性画材でも鮮やかなはっきりとした色がでます。 色にコントラスト(濃淡)を付けたいときは、水を加えて薄い色を作って描きます。 今回は、背景に余白の多い涼し気なイラストを選んでみました。