1. 「音感がない!」を克服したい方必見!歌声を鍛える方法
「音感がない!」を克服したい方必見!歌声を鍛える方法

「音感がない!」を克服したい方必見!歌声を鍛える方法

「音感がない!」を克服したい方必見!歌声を鍛える方法

音感がない……そんなふうに悩んではいませんか?会社の同僚や学校の友人と一緒にカラオケに行ったとき、なぜか自分だけカラオケの音程がとれないことはありませんか?もしかして自分は音感がないので歌が下手なのでは……と悩んでいる方にぜひご紹介したい、「歌声を鍛える」方法があります。音感を矯正して音痴を克服したい方必読の方法です!

また、音痴克服のコツも合せてお読みください!⇒元音痴が教える音痴克服のコツについて

そもそも音痴はどんな状態なの?

カラオケがこれだけ発達すると、職場やアルバイト先、学校でも数多くのカラオケ大会があるでしょう。歌が上手い人はいいかもしれませんが、音痴を自覚している人にとっては苦痛になることも……。ほとんどの音痴は克服できると言われていますが、音痴にも色々種類があります。

1.耳に何らかのトラブルがある場合
2.狙った音が出せない場合
3.音感がない場合

大きく分ければ、これら3つです。耳の病気の場合は聴覚障害なので、治癒すれば音痴は解消できます。では、聴覚障害以外の、「狙った音が出せない」「音感がない」という音痴は、どのようなものなのでしょうか?

たとえば、自分が出そうとした音から外れてしまうと自覚している場合は、それほど深刻な音痴ではありません。発声器官のコントロールができていないだけなので、適切なボイストレーニングで改善できます。しかし一方、出す音の高さが認識できず、発声してもその音程が合っているかすら、自分で判断できない場合は、音感がない状態です。これはかなり重症ですが、音楽を聴く耳を鍛えること……つまり「音に慣れる」ことによって改善できます。

狙った音を確実に出すためのトレーニング

カラオケの音程がとれない場合や、歌の出だしで音がずれてしまう人は、発声器官が未熟である場合が多いと言われています。喉の筋肉には音の高さを調節する輪状甲状筋というものがありますが、この輪状甲状筋を鍛えることによって音感を矯正できます。

トレーニング方法は、裏声を使って低い音から高い音まで「オー」と言いながら徐々に上げていきます。逆に同じように高い音から低い音に下げていきます。これを繰り返し行いましょう。このトレーニングを行うと、輪状甲状筋が鍛えられ、音の高さを調節する機能が安定します。細かい音程をこの方法で練習していけば、音痴は矯正されていきます。

音感がない方が音に慣れるためのトレーニング

音感がない方の音感矯正は独学でトレーニングするわけにはいきませんので、音感がある方と一緒に行うのが一番良い方法です。もちろん、楽器がある場合は楽器の音を元に、友人の場合は友人の出す声(この場合、音感のある友人に頼んでくださいね!)と同じ高さの声を出してみましょう。トレーニングに協力してくれている方に音程が合っているかどうか確認してもらいます。合っていない場合は、もう少し高いのか低いのか指示してもらいましょう。

自分の出している音の高さが、合っているかどうかを理解することが大切で、出している音がずれていると認識できれば、音感矯正は上手くいくでしょう。音感がなくて、音痴を矯正できないと思い込んでいる人は、このようなトレーニングで克服することが可能です。ご自分でトレーニングする場合は、音の出る楽器を自分で鳴らして、スマホなどで録音して聞いてみるといいでしょう。

まとめ

音痴と言われる方の大抵は、耳にトラブルがない限り、トレーニングで克服できます。音痴であることに臆して歌を歌わないと、ずっと音痴のままでいることになります。克服するには、歌を歌って何度も経験を重ねていくことが大切です。音楽を聴いたり、音の出だしを覚えたりすることで歌に慣れ、なによりも歌を歌い続けることで発声することに慣れていきますよ!

本記事は、2016年04月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


「ボーカル・ボイストレーニング (ボイトレ)」の講座・レッスン

  1. TOP
  2. 習い事で毎日を楽しくマガジンTOP
  3. ボーカル・ボイストレーニング (ボイトレ)
  4. 突然まつげが抜ける!この原因っていったい何?