1. hiphop danceの定番技、ポップコーンをマスターする具体的なダンス練習法
Beautiful teenage girl dancing hip-hop over urban city landscape

hiphop danceの定番技、ポップコーンをマスターする具体的なダンス練習法

Beautiful teenage girl dancing hip-hop over urban city landscape

hiphop danceの定番技であるポップコーンダンスは、初心者向けのダンスですが、中々に難しいと言われています。しかし、ヒップホップダンスの中では基本ステップの1つで、応用が効きやすく、覚えておくと損はしないでしょう。そんなhiphop danceの定番技、ポップコーンダンスの練習法をご紹介します!

ヒップホップダンスのポップコーンとは?

ヒップホップダンスとは、70年代後半にアメリカのニューヨークで生まれたダンスです。アップ・ダウンを基本動作とし、音楽に合わせリズムを取って踊ります。 中でも、ポップコーンダンスは、基本動作を学んだあとに、自由にオリジナルで作り変えていくことができるため、覚えておいて損はないでしょう。

ヒップダンス用語をマスターしよう

ヒップホップダンスをマスターする上で重要なのがヒップホップダンス用語をマスターすることです。

1.アップ
  アップとは、リズム取りの基本です。カウントに合わせ上方向にリズムを取ることです。
2.ダウン
  ダウンとは、アップの反対で、カウントに合わせ下方向にリズムを取ることです。
3.ステップ
  これは、リズムを取りながら動かす足の動きそのものです。
4.フレックス
  片足の指や甲を90度に身体側に曲げた形です。
5.ポイント
  フレックスの反対で、ピンと伸ばした形です。
このほかにもまだありますが、基本用語ですので覚えておいた方が良いです。ただし、ダンスは楽しく覚えるものです。用語だけで挫折せずに、分からなくなったらまず体で実践してみると良いでしょう。

ヒップホップダンスの基礎練習の仕方

数多くある基礎練習の中で、今回はポップコーンの練習方法をご紹介します。まず、練習をする前に、周囲に危険なものがないかを確認し、けが防止のため、入念に準備運動を行ってください。

1.キックの時に軸足を後ろに下げます
  注意点:慣れていないと、こける可能性があるので十分に注意してください。
2.これを繰り返すだけです。
  「キック→後ろにさがる→キック→後ろに下がる・・・」

以上が、ポップコーンダンスのスタンダードなやり方です。ただ、これだけでは応用に繋げづらいので、応用が効くダンスを身に着ける必要があります。例えば、「キックした後に一度、足を後ろに下げ、手を横に出してみる」などです。これだけで大きく印象は変わってきます。実際に、筆者もチャレンジしてみましたが、かなり難しかったです。基本といえども、初心者には難しいので、出来なくても挫けずに、何度もチャレンジしてみてください。

ヒップホップダンスが上達するには?

ヒップホップダンスが上達するにはどうすれば良いのでしょうか。答えは簡単です。ヒップホップダンスが上達するには、練習あるのみです。ただし、非効率的なやり方ではなく、効率的なやり方をした場合だけです。ヒップホップには、数十種類以上のダンスのやり方がありますし、それぞれにおいて自由性が高いというのが特徴です。ヒップホップダンスに決まったやり方は無いので、自分に合った流れにアレンジしていくことが、上達への近道でしょう。

いかがでしたか?ヒップホップダンスの定番技であるポップコーンダンスは簡単に見えて難しい技です。この記事では、説明は簡単そうに見えますが、やってみると正直難しいです。最初からできる方というのは少ないので、出来なくても自信を無くさずに頑張ってください。努力することこそが、ヒップホップダンスを上達させる近道です。

本記事は、2015年11月5日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


「ヒップホップダンス」の講座・レッスン

  1. TOP
  2. 習い事で毎日を楽しくマガジンTOP
  3. ヒップホップダンス
  4. 初心者がピアノ教室で習い事を始める時に気を付けたいこと