1. ストリートダンスの一種、ハウスダンスとは?
sport, dancing and urban culture concept - beautiful dancing girl in movement

ストリートダンスの一種、ハウスダンスとは?

sport, dancing and urban culture concept - beautiful dancing girl in movement

メジャー化しているヒップホップダンス程は知られていないハウスダンス。しかしその歴史はヒップホップダンスとほぼ同時期から始まっています。ダンス界では知られた存在で、若者を中心に今、人気のあるダンスのひとつでもあります。そんなハウスダンスとは、一体どんなものなのでしょうか。

キレのある格好良いダンスがハウスの特徴

ハウスダンスはヒップホップダンス等に比べてステップの数が多いのが特徴です。ハウスダンスに使われる「ハウスミュージック」が、ヒップホップダンス等の曲調と比べてみると、テンポの速い曲が多いのです。ヒップホップはどちらかと言うとスローテンポな曲が多いのに対し、ハウスミュージックはアップテンポの速いリズムが多く、速い動きが求められます。

キレのあるダンスをするためには、速いステップを重くならないように軽やかに踏むことが大切です。そんな足さばきができて来ると、より躍動感が出て、見る人を惹きつけるダンスになっていきます。リズム感とセンスを兼ね備える事が、踊る上での鍵と言えるでしょう。

ハウスダンスをうまく踊るコツ

ステップの数が多く激しい動きが多いので、最初から激しく速い動きにチャレンジするよりも、まずは自分がついていけるスピードから練習するのがひとつのコツです。曲調が他のダンスに比べて速いので、その分ステップを速く多く踏む足さばきがポイントになります。

「どれだけ速いテンポのリズムに合わせてステップを踏み切れるか」は、上達を目指す際の試金石です。

また、規則的なステップの合間を縫って、フィーリングや即興で自由にパフォーマンスができるようになると、より踊るのも楽しくなり、観客も大いに沸き上がります。基本ステップの正確な足さばきや速さ、技術以外にも、センスを上乗せできれば尚楽しめるダンスです。

ハウスダンスではどんなシューズを履いている?

ハウスダンスに使うシューズはスニーカーが一般的です。時々ブーツを履いて踊る人もいますが、慣れないと重さがあるのでステップが踏みにくく、あまり初心者向けのものではないでしょう。

またスニーカーも、ハイカットとローカットがあり、見た目のオシャレ感を重視する人には高さのあるハイカットが人気ですが、ローカットに比べると重さがある分、動きにくくなります。動きやすさ重視の人や初心者の人は、ローカットから始めるのが無難です。あらかじめ中敷にクッション性のあるものを入れておくと、足を痛めることも減ります。激しいダンスの動きで足を痛めてしまわないように、工夫しておく事も大切です。

様々なストリートダンスファッション 

ストリートダンスのファッションも様々ですが、ジャージやスウェット等、ゆったりとした動きやすい格好で踊るのが主流です。しかし、最近は細めのジーンズにカッターシャツといったような、カジュアルな服装で踊る人も増えています。ファッションの要素は、踊り以外にも自分の個性が出せる表現の手段なので、ダンスをする際のファッションセンスはとても重要なものと言えます。

練習の時は機能性の高い、動きやすいもの。パフォーマンスをする時はオシャレ重視。そのように使い分けると良いかもしれません。

ヒップホップダンスの陰に隠れがちなハウスダンスですが、パワーのあるアップテンポな曲に合わせてパワフルなパフォーマンスができると、とても格好良いダンスが踊れます。注目されつつある、人気ダンスのひとつでもあるのです。

本記事は、2015年11月5日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


「ヒップホップダンス」の講座・レッスン

  1. TOP
  2. 習い事で毎日を楽しくマガジンTOP
  3. ヒップホップダンス
  4. 正しいミックスボイスの出し方と効率良い練習方法9選!