relaxation_006_1

部分痩せ!リンパマッサージでダイエット

relaxation_006_1

ほっそりした顔や手足、キュッとしまった顔。女性なら誰もが憧れるモデルのような体や顔。彼女達だって生まれつきそのような痩身スタイルだったわけではありません。

もちろん素養はあったと思いますが、それは日々の努力によって生まれるものなのです。顔のむくみやたるんだお尻、二の腕、ぽっこりとしたお腹、ずんぐりした太ももなど、女性の悩みは尽きません。そんな悩みを解消すべく、リンパマッサージで部分痩せする方法をご紹介します。まずは気になる部分をマッサージしてシェイプアップしてみましょう!

1.基本的なリンパマッサージで代謝アップさせて痩せる

リンパマッサージは、溜まった水分や老廃物を流して代謝アップをさせて、部分痩せを狙います。代謝をあげることで脂肪燃焼も促進されるからです。リンパマッサージのコツは、重みを感じるくらいの強さで行うことです。

リンパが皮膚のすぐ下に流れているので、ここぞとばかりにガシガシ強くマッサージする必要はありません。お風呂上がりなど、血行が良い時に行うとさらに効果アップです。

まず、始める前に水をコップ1杯飲みます。鎖骨の真ん中にあるリンパから外に向かってマッサージ。鎖骨のリンパはリンパマッサージの中心です。ここから全身に向かってリンパを流します。リンパは耳下腺、顎下、鎖骨、脇の下、肘、腹部、鼠蹊部(そけいぶ:左右の大腿部の付け根あたり)、膝窩部(しっかぶ:膝の裏)と全身にあります。

それらをマッサージした後、最後に末端から心臓に向かってさすります。次のコラムで部分痩せにつながる、より詳細なリンパマッサージをご紹介します。

2.小顔になれる部分痩せリンパマッサージ

鎖骨の上を真ん中から外側になでるようにマッサージしていきます。この時両手で左右同時に行いますが、滑りが悪い時はボディーローションやアロマオイルなどを使うと、より効果的です。

最近はマッサージアロマオイルや脂肪燃焼を促進させるマッサージジェルもあるので、一緒に使うと効果的です。鎖骨のマッサージが終わったら、顎下から耳の下に向かってさすっていきましょう。痛気持ちいい程度の力に抑えましょう。ここで頑張る人がいますが、逆効果なので注意しましょう。

次に、頭の下から頬骨の下を通って耳の前に流します。目頭の上から目尻に円を描くように耳の前まで流します。最後に、首の横から鎖骨リンパ節に流します。

3.リンパマッサージでお腹を引き締める

ぽっこりとしたお腹を引き締めるリンパマッサージです。胸の下から恥骨のあたりまで体の中心から両手で下のほうに流します。みぞおちから肋骨を通ってわき腹まで八の字のように流します。へその周りを時計回りにゆっくりとさすります。右手を左わき腹に当てて、右わき腹に向かって手のひらで大きく流していきましょう。

これは反対側も行います。わき腹の肉を少し掴む(あるいは、揉む)様な感じにしながら交互に行うと効果的です。お腹全体をパッティングするようにかるく叩きます。最後に太ももの付け根の外から内に向かってさすります。ここには鼠蹊部のリンパがありますので、あまり力を入れずに行うようにしましょう。

4.太ももと腕に効くリンパマッサージ

太ももはまず暖めておきましょう。脂肪が多い部分はとにかく冷えています。この冷えがダイエットの大敵なのです。冷えているとリンパが上手に流れません。ある程度暖めたら、太もものお肉全体をリンパマッサージより少し強めに揉んでいきます。鼠蹊部のリンパ節と膝窩部のリンパ節をほぐして、ふくらはぎから太ももに従って流していきましょう。

二の腕は鎖骨リンパ節をほぐしてから片方の腕を前に伸ばして、反対の腕で手首から二の腕を通して、腕の付け根までリンパ節を流すようにしていきます。逆も同じようにしてください。力はあまり入れないようにしましょう。最後に、肘の付け根の内側をやさしく揉むようにして仕上げます。

まとめ

リンパマッサージを毎日行っていくと、流れが良くなるだけでなく小顔効果があったり、部分的にシャープになります。素敵なモデルさんもタレントさんも皆努力をしているのです。皆さんもぜひ参考にして、すっきり美人を目指してください!最後にリンパマッサージはあまり強くしないのがコツです。指通りが悪い時は専用のローションやお気に入りのオイルなどを使って、リラックスした雰囲気の中で行うとより効果的ですよ!

本記事は、2015年12月25日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

 


「リンパドレナージュ・リンパマッサージ」の講座・レッスン

  1. TOP
  2. 習い事で毎日を楽しくマガジンTOP
  3. リンパドレナージュ・リンパマッサージ
  4. 初心者がピアノ教室で習い事を始める時に気を付けたいこと