relaxation_002_1

便秘解消!リンパドレナージュの驚くべき効果

relaxation_002_1

リンパドレナージュ(リンパマッサージ)の手法を応用した、セルフで実践できる便秘解消法をご紹介します。リンパドレナージュは体の老廃物を流す手法です。主にリラクゼーションや美容目的で施術されていますが、便秘解消にも役立つことが注目されています。便秘改善は体全体の体質を変えることにもつながりますので、体の悩みが多い人にこそチャレンジしてほしいマッサージです。

便秘解消で体質改善をしよう

女性の中には何日もお通じの滞りがあって辛い思いをされている方もいます。口臭や体臭の原因となる他、食欲不振、お腹の膨張感等を伴いますので、早めのケアが大切です。また、便秘の方の多くは冷え性の傾向にあります。手足や腹部を触ると冷たい、靴下を重ねて履いても温まりにくいといった悩みを抱えていることも。便秘を改善することで体が軽く感じられますし、動きやすくなることで体質も少しずつ改善されていきます。特に、リンパドレナージュの手法を使って体内のリンパの流れを良くすると、さらに便秘改善が進みます。

お腹周りのリンパの滞りを解消しよう

リンパドレナージュで便秘改善をするためには、お腹周りのリンパの滞りを改善させることが第一です。リンパの流れが滞り老廃物が流れにくい状態になると、体全体の代謝が滞り便秘がちになってしまいます。便秘解消のためにはお腹周りのマッサージを行い、リンパの老廃物を流すことを意識します。同時に腸を刺激するために、へその下を基点に反時計回りでさすっていきましょう。手のひらの熱と摩擦でお腹が温かく感じる程度のマッサージがリンパドレナージュの正しい方法と言えますが、指の腹に力を入れて、反時計回りに軽く押しながらさすっていくと、より腸への働きかけが進みます。

リンパドレナージュで健康維持

お腹への直接のアプローチは排便促進に効果的ですが、あくまで一時的な対処法です。ただ腸を刺激するだけで、場合によっては逆効果になることも。長時間の腸マッサージは体調不良の原因にもなります。毎日、自然でスムーズなお通じを手に入れ、スッキリとした毎日を維持するためには、体全体のリンパの流れを良くすることが先決です。お腹のマッサージを行う前に、鎖骨周り、耳の後ろから首すじ・肩にかけて、膝と肘の裏を軽くマッサージします。こぶしを当てて「気持ちいい」と感じる程度に刺激します。耳の裏から肩へ向けて、鎖骨の中心から肩へ向けて、という方向でさすっていきます。これだけでも体全体が暖かく感じられるようになりますし、肌のくすみが取れ、ツヤがアップします。

お手入れ後に意識してやっておきたいこと

リンパドレナージュを行った後は、体内の老廃物がうまく外へ排泄されるよう、ノンカフェインの温かいお茶や常温のミネラルウォーターをいつもより少し多めに飲みましょう。これだけでも便秘が改善されやすくなります。リンパドレナージュは毎日行う必要はなく、週に1~2回の頻度で十分です。お風呂上りのセルフケアでも効果がありますし、時間に余裕があれば、月に1度ほどサロンでリンパドレナージュを受けてみるといいでしょう。また、軽くストレッチすることや、呼吸を深く取ることも一案です。

まとめ

リンパドレナージュは敷居が高いと感じる方も多いのですが、セルフマッサージでもできる手軽な健康維持法です。便秘解消に薬を使いたくないと考えている方は、ぜひリンパドレナージュの方法を取り入れてください。ちょっとの時間があればマッサージできますので、継続しやすいのも大きなポイントです。

本記事は、2015年12月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


「リンパドレナージュ・リンパマッサージ」の講座・レッスン

  1. TOP
  2. 習い事で毎日を楽しくマガジンTOP
  3. リンパドレナージュ・リンパマッサージ
  4. ボルダリングに適した服装とシューズはどういうもの?