1. 最新テクニック3Dマツエクって何?どれくらいの本数をつけるべきか
pine-aix015_1

最新テクニック3Dマツエクって何?どれくらいの本数をつけるべきか

pine-aix015_1

最近人気の3Dマツエクという方法があります。今主流となっている、普通のマツエクはマツエク自体まつげが傷みやすい、自前のまつげが少ないとボリュームが出ないという悩みもありました。
しかし、それを解決する方法が、現在海外で大流行している3Dマツエクという方法です。ここでは自前のまつげ量に左右されない、まつげを痛まず行える3Dマツエクについてご紹介します。

1.従来のマツエクとはどこが違うのか

今までのマツエクはまつげ1本に対して1本のエクステを付けていました。しかし3Dマツエクは自前のまつげ1本に対して、0.05mm~0.07mmの極細毛を2~5本の束にして付ける方法です。極細毛がかなり細いので、見た目がふさふさしてボリュームが出ます。そして今までのマツエクと違い、より自然なまつげに仕上がります。

3Dとは、まつげ1本に3本付けると言う意味合いがあります。今までは1D (まつげ1本に1本)
だったのですが、ここ最近で3Dマツエクが流行し始めました。中には4Dやそれ以上もあるそうです。海外では3Dマツエクが主流となっており、日本でも施術してくれるマツエクサロンが多く登場し始めました。

2.3Dマツエクのデメリット/メリットとは

張り切ってこれから3Dだと思った方のために、まずはデメリットから紹介します。
現状の3Dマツエクのデメリットとしては、値段が高い、施術時間は1Dの約2倍かかる、1束外れるとダメージ(見た目)が大きい、お手入れの手間が多い、クレンジングが難しいなどがあげられます。

しかし、これらを超えるメリットも沢山存在します!
それは、密度がないまつげでもボリュームが出る、自前のまつげが抜けてしまってもカバーできる、まつげが細いので負担が掛けられない場合でもエクステができる、極細なので付け心地が軽い、沢山つけてもごわごわしないといったことがあげられます。

特に従来マツエクをしてきた方は3Dマツエクをすると「付け心地」が格段に良くなったと感じる人が多いようです。軽くてぱっちりした目に仕上げてくれる3Dマツエクの人気が出るのも当たり前なのかもしれませんね。

3.3Dマツエクの持ちについて

3Dマツエクは軽いのが特徴です。特に極細の毛を使うので、自毛1本に3本付けても重さを感じません。今までのエクステを残している人がいたら、それと実際に持ち比べてみるとその細さと軽さを実感できるはずです。

実は従来からもフレアタイプ(数本が束になっているもの)がありましたが、それは今までの毛の細さをまとめたものなので、非常に重いものでした。さらに、自毛に対する負担が大きく、ごっそり抜ける危険性もありました。
それに対して3Dマツエクは、自毛の太さに対して3~5本の間で調整してくれて、重さもとても軽いです。
その比較は0.05mmエクステ9本分(3D)が0.15mmのエクステ(従来)と同じ重さになるくらいです。50本エクステをしていた方なら約半分の重さになるということです!

この軽さは目元に負担をかけないので持ちがとても良いと評判です。1か月程度持つのでその間のメンテナンスは必要ありませんし、軽くてまつげに負担がないので持ちが良いと言われています。

4.3Dマツエクの付け方や仕上がりについて

軽いし施術している感じがしないことで好評の3Dマツエクは、ごってりしていないのにしっかり濃く長いまつげに仕上がり、自然なボリューム感を出せるのも魅力でしょう。カールも綺麗なので、伏し目になった時も自然な感じに見えます。

3Dマツエクの大きなメリットは軽くて自然に見えることですが、従来品よりもナチュラルにボリュームが出せることに人気が高いようです。
3Dマツエクは自まつげ1本に数本が束になった(人によって3~5本の束を付ける)エクステを装着します。そのため元々自まつげが少ない、エクステしてもボリューム感に乏しかった人は、3Dマツエクを使えば自然なボリュームを出すことが可能になります。

従来は、50本しかまつげが無かった人は50本しかマツエクはつけられませんでした。ところが3Dなら1本に複数付けるので、50本しかない方でも100本・150本・200本といったボリューム感を出す演出ができます。そのため、まつげが少ない人にとっては最適な方法になるでしょう。

また、細いまつげの方にも向いています。今までまつげが細いのでエクステができなかった人でも3Dマツエクは非常に軽いので、細い自まつげに付けることもできます。
従来のエクステと違い、非常に軽いので細い自まつげでも負担が少なく、キレイにボリュームを出すことができます。つまり3Dマツエクは今までマツエクでも不可能だったボリュームを独特の付け方によって出せるようになったということです。

3Dマツエクの仕上がり具合は自然なボリューム感を味わえます。自まつげでは出せない密度感を味わえるので、場合によってはアイラインが不要な方もいます。また長めより短めの3Dエクステをナチュラルに付ける付け方が流行しており、自然な仕上がりに人気が集中しています。

5.3Dマツエクの気になるお値段とは

気になるお値段ですが、サロンによっても変わります。ただ100束(1束3~4本)程度で8,000~9,000円前後のようです。当然ボリュームが増えるとその分1000円単位で増えてきます。
従来のエクステの平均値段を4,000~5,000円程度とするとその倍近いのが3Dマツエクの現在の相場です。またサロンの数も従来のマツエクより少ないのですが、徐々に増えてきているため値段も落ち着いてくると予想されます。

まとめ

3Dマツエクは海外で大流行していることからも分かる通り、多くの女性に支持されている施術方法です。従来のマツエクのデメリットを上手にカバーしてくれる画期的方法です。今までまつげが少ない、細いといったタイプの方でも気軽に試せるのも良いところですね。ぜひ、3Dマツエクに興味がある人は、近くのマツエクサロンに足を運んでみてはいかがでしょうか?

本記事は、2017年03月16日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


「まつ毛エクステ(まつエク)」の講座・レッスン

  1. TOP
  2. 習い事で毎日を楽しくマガジンTOP
  3. まつ毛エクステ
  4. 正しいミックスボイスの出し方と効率良い練習方法9選!