1. マツエクを長く美しく保つために!メイク落としの際に注意したいクレンジングの使い方
Young Beautiful Girl remove makeup by Cleansing Cotton isolated on white background, Model is a asian Beauty

マツエクを長く美しく保つために!メイク落としの際に注意したいクレンジングの使い方

Young Beautiful Girl remove makeup by Cleansing Cotton isolated on white background, Model is a asian Beauty

マツエクは月一回程度のお手入れでも、長くて魅力的なまつ毛メイクが保てることから、今や幅広い年代の方に人気です。ここではマツエクを長持ちさせるために知っておきたいクレンジング剤の選び方と使い方をご紹介します。また、マツエクをさらに長持ちさせる、クレンジング後のお手入れ方法もお伝えします!

クレンジング剤はオイルフリーを選ぶ

マツエクの人気の秘密は、常にきれいなまつ毛を保てることです。維持できる最長期間は1ヶ月程度、もっと長く持たせている方はオイルフリータイプのクレンジング剤を使っています。マツエクのグル―(接着剤)がオイルを使うと溶けやすくなるので、化粧落としはオイルタイプを使わないほうが無難なのです。水溶性のクレンジング剤では化粧落としができるか不安でも、丁寧に時間をかけて落としていけば問題ありません。

マツエクのメイクをクレンジングするには

オイルフリーのクレンジング剤を用意しただけでは不十分!マツエクを美しく保ったままメイクを落とすには、綿棒が必須なのです。それも、やわらかいコットンの綿棒を使って、やさしく丁寧にメイクを落とすことが大事です。

まず、綿棒にクレンジング剤をしみこませてマツエクの際(きわ)に沿って落とします。アイラインも同時に落としますが、クレンジング剤のついた綿棒で落としたら、今度は水を含ませた綿棒を用意してください。それでマツエクの際の皮膚についたクレンジングを取るのです。オイルフリーとはいえ、なるべく早めに拭き取ったほうが安心です。

マツエクを長く持たせるためのクレンジング後のドライヤー

マツエクの施術後には、まつ毛を水に濡らさないようにというアドバイスを受けますが、これはエクステのグル―が水に弱いからです。クレンジング後はドライヤーの冷風・弱で乾かしましょう。そのとき、エクステのカールは上向きなので、下から上に向かって乾かします。1分程度が目安です

最後の仕上げのスキンケア用品をつけるときの注意点

マツエクのクレンジングが終わってドライヤーで乾かした後は、化粧水や乳液をつけるはずです。ところがこのとき、せっかくドライヤーで乾かしたマツエクに水分や油分を含ませてはいけません。せっかく乾かしたマツエクが、台無しになってしまいます。化粧水や乳液はマツエクにつけないよう、目元を避けてつけてください。

またマツエクをしているからこそ、まつ毛美容液をつけたほうがいいでしょう(参考:まつエクがもっと長持ちする、まつ毛美容液の効果とは?)。マツエク中はまつ毛に栄養が行き届かなかったり、傷みやすいのです。せっかくきれいなマツエクをしているなら土台も健康で丈夫なまつ毛にしておきましょう。

まとめ

マツエクはデリケートなものです。メイク落としの際には、今回ご紹介したようにオイルフリーのクレンジング剤を使い、やわらかいコットンの綿棒で落としてください。また、クレンジング後のドライヤーも忘れずに!手間はかかりますが、これできれいな目元を維持できますよ!

本記事は、2016年04月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


「まつ毛エクステ(まつエク)」の講座・レッスン

  1. TOP
  2. 習い事で毎日を楽しくマガジンTOP
  3. まつ毛エクステ
  4. 初心者がピアノ教室で習い事を始める時に気を付けたいこと