空手とヨガの共通点について[その1]

空手とヨガの共通点について[その1]

空手とヨガは全く別のジャンルになりますが、身体をどう使っていくのかについては共通点があります。これを知ると空手をやっている方にも役立ちますし、ヨガを上達させたいと思っているあなたにも興味を持っていただけると思います。


空手もヨガも身体の力みは不要

空手は武道・武術です。勝負をする際には身体の「力み」は邪魔になります。何故ならブレーキを踏んでいる状態でアクセルを踏んでいるようなものだからです。身体の力みがあることによって力を発揮させようとする力と反対の力が作用してしまいますからいいパフォーマンスにはなりません。よく緊張している時に「肩の力を抜いて」と促すのは身体の力みを取り除くためでもあります。
これはヨガのポーズを創る時にも同じことが言えます。ヨガには様々なポーズがありますが、やはり身体の力みを取り除かなければなりません。力んでいれば筋肉も硬くなりいい状態であるとはいえません。それではどうやって力みを取り除いたらいいのでしょうか?これには練習が必要です。

身体の力みを取り除くには骨格を意識する練習がオススメです

空手にもヨガにも役立つ練習として骨格(背骨)を意識する練習というのがあります。例えば、背骨を伸ばす、丸めるという動作があった時に動きながら背骨の動きをずっと観察するのです。今自分の背骨が伸びているのか丸まっているのか、どういう方向に動いているのかを追っかけることで背骨が意識できます。背骨が意識できてくると背骨に近いインナーマッスルを使うことが出来るようになってきます。インナーマッスルってよく聞く言葉ですが、内側にある筋肉なので中々使うことは難しく思われます。そこで背骨の意識です。背骨は身体の中心にありますからここを意識することで背骨に近い深部の筋肉を使えるようにするのが目的です。代表的な筋肉に「大腰筋」というインナーマッスルがあります。これは背骨と大腿骨をつなぐ筋肉で、体幹トレーニングでは重視されるものです。身体の中心にある筋肉が強化されれば空手にもヨガにも役立ちます。

身体の力みを取り除く=インナーマッスルを使う

身体の「不要な」力みは取り除く必要がありますが、全く筋肉を使わないということではありません。空手の技は筋肉も必要です。ただし相手に当たる前から力んでいたらスピードも遅くなりますし、かといって全く筋肉を使わなければ威力が出ません。そこでインナーマッスルです。特に体幹(身体の中心)にある深部の筋肉が使えるようになればスピードも維持でき威力も付く技が出せるようになるでしょう。
ヨガも同じです。ポーズを作った時に筋肉がプルプル震える位に硬直してしまったらいい変化に気付くことは難しくなります。どんなポーズを作っても外側が柔らかい状態にするのが理想ですが、この時にもインナーマッスルが使えると役立ちます。身体の力みがなくなれば呼吸法による身体の変化を感じ取ることが出来るようになってきます。

まとめ

空手とヨガは目的も違いますし、全く違う練習をしているわけですが、実は身体をどうやって使っていくのかに関しては共通点があることがお分かりいただけたかと思います。これに気付けるかどうかで質が変わってくると思います。せっかくの努力が無駄にならないように質を高める練習として骨格への意識をご紹介しました。

武術空手修気道中野道場(沼袋駅、中野駅周辺)|学費・入学金・教材費の情報や電話・資料請求できるグースクール

https://gooschool.jp/sc/0710701/sh0003/

武術空手修気道中野道場のページ。-学費・入学金・教材費の詳細情報や電話・資料請求はこちらから!

本記事は2018年01月09日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもとに安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

関連する投稿


空手とヨガの共通点について[その2]

空手とヨガの共通点について[その2]

前回は身体の使い方についてご説明しました。空手もヨガも表面の筋力よりもインナーマッスルを鍛えて使えるようにした方がいいという趣旨です。今回はもう一つ大切な要素である「脳の活性化」について考えたいと思います。


空手には投げはあるのか?? ~武術としての空手の姿~

空手には投げはあるのか?? ~武術としての空手の姿~

テレビや雑誌で空手が紹介される事が増えてきました。スポーツとしての空手はルールがあります。流派によってルールも異なってきますが、多くは「掴み」は反則としています。多分掴みを認めると柔道と区別がつかなくなってしまうという事が考えられます。それでは空手には掴みはないのでしょうか??


ボディーワークとしての空手

ボディーワークとしての空手

近年「ボディーワーク」というジャンルが注目されています。ボディーワークとは身体を効率よく使うための技術であり、スポーツから芸術の分野まで色々な種類があります。空手には古来から練習されてきた身体操作があり、日本人に合うボディーワークとしても最適です。


なぜ武道の姿勢は疲れずに集中力を高める事に役立つのか??

なぜ武道の姿勢は疲れずに集中力を高める事に役立つのか??

昔から武道・武術をやっている人は姿勢がいいと言われます。これは単に礼儀作法の一環だけでなく、生死をかけて勝負に挑んできた武道家たちが辿り着いた境地ともいえるでしょう。そこには無駄なく、機能性の高い姿勢を求めてきた結果が集約されています。どういう姿勢を重視しているのか、その一部をご紹介します。


最新の投稿


声優志望者必見!初見に強くなる方法。

声優志望者必見!初見に強くなる方法。

原稿をもらってすぐに声に出して読む、ということが苦手な人も多い様子。どうやったら上手になるのか、どうやって対策をすれば良いのか?というコツをまとめてみました!


空手とヨガの共通点について[その2]

空手とヨガの共通点について[その2]

前回は身体の使い方についてご説明しました。空手もヨガも表面の筋力よりもインナーマッスルを鍛えて使えるようにした方がいいという趣旨です。今回はもう一つ大切な要素である「脳の活性化」について考えたいと思います。


リトミックとは?こどもの教育♪音楽教育法

リトミックとは?こどもの教育♪音楽教育法

子育てに日々奮闘中のお母様方お父様方、どんなお子様に育てたいですか?実は0才~6才までの環境で人間の基礎が作られてしまうと言われています。


取った資格を「活かせる人」と「活かせない人」のちょっとした3つの差

取った資格を「活かせる人」と「活かせない人」のちょっとした3つの差

「資格を取ったあとの、資格を活かすお手伝い」に携わる整体学校の教務部 就職 開業支援担当者が、『資格を活かせる人と活かせない人の違い』をご紹介します


「サロン開業の教科書講座」Vol.3 サロンのコンセプトタイプについて

「サロン開業の教科書講座」Vol.3 サロンのコンセプトタイプについて

以前投稿させていただいた記事『「わたしでもサロン開業できますか?」に整体学校がこたえると』で触れた「サロン‎コンセプトの6大タイプ」について、ご案内いたします