1. 介護職員基礎研修の廃止に伴う介護実務者研修とは?
care_03

介護職員基礎研修の廃止に伴う介護実務者研修とは?

care_03

平成25年4月から、介護職員基礎研修およびホームヘルパー1級は「実務者研修」という名前に変わり、一本化されました。従来なら、実務経験を積んで介護福祉士を目指す方は、ホームヘルパー2級を取得して、かつ3年以上の実務経験があれば介護福祉士国家試験を受験できました。

しかし近年における介護の必要性や多様化によって、この介護職員の資格制度が見直され、平成27年度からは介護福祉士の受験資格に3年の実務経験に加えて、「実務者研修」が必須事項となりました。つまりヘルパー2級も廃止されて、全てが「介護職員実務者研修」に一本化されたのです。

「介護実務者研修」が必須となった背景

近年多様化し、また必要性がますます高まる介護に関して、これまで以上に介護職員の質が問われるようになりました。それだけでなく、介護職員のキャリアアップの仕組みが複雑だったので、それをシンプルに一本化する目的でできた新しい研修制度です。

高齢化の中では従来の世帯同居も変化し、より質の高い介護サービスが求められるようになりました。そのため、介護職員が働くために必要な介護過程の展開や認知症などを学ぶことができて、介護の専門家として生涯働けるスキルを磨けるようになります。

そして介護の質を高めるためにも、介護分野の国家資格である介護福祉士の知識や技術を向上させる必要があります。そのため2016年度から、実務者研修を修了することが介護福祉士を取得するための必須事項となったのです。

「介護実務者研修」資格取得方法とは

介護技術の向上を目指し、高齢者介護を行う介護実務者研修は、実は将来の介護リーダーとして必要な研修です。実質的にはホームヘルパー1級よりも上位資格に相当します。この介護資格を取得するメリットは、サービス提供の責任者として働くことができるということです。従来介護福祉士の受験資格を取得するには3年の実務経験が必要でした。しかし平成27年度以降はそれに加えて半年以上の実務者研修(450時間)の受講を必要とします。

内訳は、介護関係で19科目の研修が400時間、医療的ケアの受講が50時間必要です。それに加えて、医療ケアの場合は50時間とは別に演習も修了しなければいけません。

また過去にヘルパー2級研修や認知症研修を行った場合は、実務者研修を一部免除されるようになります。

「介護実務者研修」の特徴

介護福祉士資格修得は、従来2年の養成施設で学習すると資格修得ができました。しかし厚生労働省による見直し後は、一定の教育課程を経て国家試験を受験する形に統一化されました。

これは平成28年1月から義務化されます。そして新カリキュラムでは、たんの吸引等の医療的ケアが追加されて、現在2年程度の養成施設で行われている1650時間の研修をさらに1800時間に拡充するようになります。現在のヘルパー2級に相当する初任者研修の修了者が、実務研修を行って介護実務者研修を修了し、介護福祉士を目指すルートができたということです。

さらに言うと認定介護福祉士(仮称)という資格も、介護福祉士の上の資格として現場職員を指導できるレベルとして、現在考えられています。

介護の仕事をされている方のキャリアパスが十分でなかったという反省が、今回の改正につながっています。ただし仕事をしながら受講するのは大変です。数年かけてすこしずつ科目を受講していくという手があります。6ヵ月連続で学習するのはどんなに気力があっても難しい場合もあります。通信教育やインターネットでの授業もありますので、ご自分の学習方法を確立して受講されるといいでしょう。

本記事は、2015年11月9日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


「介護職員実務者研修」の講座・レッスン

  1. TOP
  2. 習い事で毎日を楽しくマガジンTOP
  3. 介護職員実務者研修
  4. 正しいミックスボイスの出し方と効率良い練習方法9選!