和太鼓演奏におけるリズムの重要性と基本パターン

和太鼓演奏におけるリズムの重要性と基本パターン

盆踊りのリズムは何拍子かご存じですか?正解は、4拍子です。和太鼓の基本のリズムは、4拍子です。4拍子ができれば、いきなり盆踊りで和太鼓を叩く ことになっても、なんとか様になります。 16分音符は、4拍子の応用とも言えます。今回は、和太鼓の演奏で重要なリズムを、初心者向けにいくつかのパターンに分けて紹介します。


2拍子

和太鼓の演奏は2拍子(1,2,1,2)の繰り返しか、4拍子(1,2,3,4)の繰り返しが多いです。2拍子は基本中の基本で、1,2と数えるうちの1だけ叩く、2だけ叩く、両方叩くを繰り返してみましょう。

盆踊りの4拍子 「ドドンガドン」

ドドンは右手、ガの部分は左手で、最後のドンは右手です。スピードを変えずに、ドドンガドンを何回か叩いてみましょう。盆踊りの曲とずれてしまうと台無しになってしまうので、常に一定のペースでこのリズムを刻めることが重要です。

最初の練習は、ずっと「ドドンガドン」を叩きます。腕が疲れてきますが、それでもリズムを崩さずに演奏するよう心がけましょう。

次に、童謡の「ちょうちょ」の歌に合わせて、和太鼓を叩いてみてください。きちんと叩けますか?「ちょうちょ」は4拍子の曲で、歌詞に合わせて叩くと4拍子のさまざまなリズムに触れることができるので、練習曲として使われています。日常の生活の中で馴染みやすいのは4拍子と言われています。まずは4拍子できちんと演奏できることを目標に練習してみてくださいね。

バチの種類

和太鼓を叩くバチの素材と長さ によって、音の印象が変わってきます。たとえば、歌舞伎の囃子(はやし)で使用されるバチは、カシでできた長バチです。盆踊りで演奏する時 はカシでできた通常の長さ(39cm程度)のバチを使います。

カシは堅い木材なので、力強い音になります。竹バチは、御神楽に用いられ、乾いた音が出ることが特徴です。演奏者が男性の場合は太めのバチを、女性の場合は細めのバチを選ぶことが多いです。

三三七拍子

応援するときにお馴染みの三三七拍子。ドンドンドン(3回打つ)、ドンドンドン(3回打つ)、ドンドンドンドンドンドンドン(7回打つ)です。意外とコンスタントにリズムを刻むのが難しいと思う人が多いです。三三七拍子は、一部のお祭りにも取り入れられていて、基本のリズムの変形版と言えます。単なる三三七拍子でも、ほかの太鼓や楽器と組み合わせるとかなり複雑に聞こえ、とてもかっこいいお囃子になります。

和太鼓の口唄歌を覚えよう

和太鼓のリズムは、楽譜として残っているものもありますが、基本は口頭伝承です。つまり、体で覚えていくことが基本で、楽譜を見ながらの演奏は基本的にありません。そのため、「口唄歌」というものがあり、太鼓の打ち方を今に伝えています。たとえば、「ドコドコ」は、休みなしの連打、「ドコドン」は、右、左、右、休みといったように表し、全部で15種類あります。スタートの一発目は必ず右手、次が左手です。初心者には口唄歌を使わないで指導されることもあります。「本格的に和太鼓を始めたい」と思ったら、口唄歌を覚えていきましょう。

まとめ

和太鼓は音が単純な分、リズムが非常に重要になります。リズムがしっかり取れていることで、楽曲の完成度が高まるのです。今回紹介したリズムの取り方を練習して、演奏技術を向上させましょう。

本記事は2016年07月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもとに安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

関連する投稿


半纏や法被などの和太鼓演奏時の衣装について

半纏や法被などの和太鼓演奏時の衣装について

練習の時はTシャツや半ズボンでも良いけれど、イベントなどで和太鼓の演奏を頼まれたら、それにふさわしい恰好をしますよね。衣装を選ぶことも楽しみの一つですが、そもそもどんな服装が良いのでしょうか? 今回は和太鼓演奏時の衣装について、初歩的な疑問から衣装の正しい着方などの、ちょっと突っ込んだ所まで詳しくお伝えします。


和太鼓は全身運動!健康促進やリフレッシュに最適です

和太鼓は全身運動!健康促進やリフレッシュに最適です

全身運動と言うと、きつくて苦しいイメージがありませんか?ところがダイエットや筋トレになるだけでなく、楽しみながらストレス解消までできてしまうエクササイズがあるのです!それが和太鼓。「え!意外!」と思われた方、必見です。その秘密をご紹介します。


和楽器である和太鼓と西洋のドラムとの違いとは

和楽器である和太鼓と西洋のドラムとの違いとは

夏のお祭りシーズンになるとよく登場する和太鼓!勇壮さを感じる、伝統の和楽器です。今回は、和太鼓と西洋のドラムの違いについて紹介します。


手で叩く太鼓、「小鼓」と「大鼓」の違いや特徴

手で叩く太鼓、「小鼓」と「大鼓」の違いや特徴

和太鼓の種類には手で叩く太鼓、小鼓(こつづみ)と大鼓(おおつづみ)があるのをご存じですか?今回は、小鼓と大鼓の違い、どこで習えるのかなどを紹介します。


和太鼓などの打楽器奏者に多い腱鞘炎の治療法と予防法

和太鼓などの打楽器奏者に多い腱鞘炎の治療法と予防法

和太鼓の音の響きを表現するには手首のスナップを利用します。また、太鼓の直径が大きくなるほど響きがある音を鳴らせるため、体に大きな負担がかかります。和太鼓をやっている人の中で口径が太いバチを握る時に痛みを感じるなど、腱鞘炎の症状を訴える方も少なくありません。 今回は腱鞘炎を防ぐための打ち方のコツや、バチの握り方、治療法などを紹介します。


最新の投稿


中国人とのコミュニケーションで覚えておきたいタブー!Vol.2『食事』

中国人とのコミュニケーションで覚えておきたいタブー!Vol.2『食事』

中国人にとって食事というのは、コミュニケーションにおける重要なツールです。これはビジネスだけではなく、友人関係でもとても大切な場となります。 今回は中国で食事をする時に覚えておくといい習慣とマナーをご紹介しましょう。


タロットは直観力を磨き、潜在力を引き出す強力なツールです。

タロットは直観力を磨き、潜在力を引き出す強力なツールです。

将棋や囲碁では、プロの棋士とAIとの対戦が話題になり、企業のAI導入計画聞くことも多くなりました。一気にAI(人工知能)は身近な存在になってきた感があります。AIが普及するにつれ、ますます人間固有の働きが求められるようになり、直観力・創造力をいかに発揮していくかが鍵になります。皆さんは備えができていますか。視覚言語であるタロットは、私たちの右脳を刺激し、これからの時代に最も必要とされる力をつける無限の可能性を持っています。長い歴史を持つタロットは、これからもインスピレーションの宝庫であり続けるでしょう。さまざまな分野で活躍する人のもう一つの顔がタロット愛好家ということはよくあることなのです。


俳優・女優として初舞台で気をつける5か条

俳優・女優として初舞台で気をつける5か条

今回は、舞台役者として活動したい方々に! 公演中に出来るだけ円滑に物事が運べるように、初舞台を踏む皆さんや舞台を経験してみたい皆さんに向けて本番間近の、劇場にいる時のアドバイスです!


結婚式で参考にしたい演出Vol.3「挙式後の〇〇シャワー」

結婚式で参考にしたい演出Vol.3「挙式後の〇〇シャワー」

今回ご紹介するのは、挙式の後の演出についてご紹介させていただきたいと思います。一番ポピュラーな演出は「フラワーシャワー」ですが、実は他にも色々な拘りの演出がありますので、参考にしてみてください。写真イメージ:竿田(さおだ)ご夫妻


話す声、歌う声の上達方法『vol.3正しい呼吸法』

話す声、歌う声の上達方法『vol.3正しい呼吸法』

今回は、正しい腹式呼吸法についての記事を書いていきたいと思います。