これでカラオケ上達!腹式呼吸で高音を出す方法

これでカラオケ上達!腹式呼吸で高音を出す方法

これでカラオケ上達!腹式呼吸で高音を出す方法

「友達のように高音がうまく出ない……」なんて、お悩みではないですか?そんな人は腹式呼吸を意識してみましょう。腹式呼吸を実践すると、高音が出しやすくなるのです。今回はカラオケをもっと楽しむために役立つ腹式呼吸のコツを紹介しましょう!

腹式呼吸について

胸式呼吸は肺の上部で呼吸をします。誰もが自然としている呼吸法ですね。運動をしている際の呼吸法と言っても良いでしょう。その反面、腹式呼吸は意識してやる必要があります。ボイトレでも真っ先に教えられる項目です。腹式呼吸は寝ているときやリラックスしているときに、自然としている呼吸法であり、肺の下部を使って呼吸することが特徴です。腹式呼吸ではお腹が膨らみますが、これは肺の下部に空気が入ることで、肺の下にある横隔膜が押し下げられるからなのです。横隔膜が押し下げられると内臓が圧迫されて、お腹が膨らんで見えるというわけです。

どうして歌うときは腹式呼吸にするの?

腹式呼吸にはメリットがたくさんあります。腹式呼吸にすると身体の余計な緊張を取り除くことができ、声帯のこわばりを抑えたり、歌声をコントロールしやすくなります。また、腹式呼吸にすると呼気量も自然と増やすことができます。高音や長音を安定的に出す際に有利です。一方、胸式呼吸では肩や胸などの筋肉が使われるので、歌を歌っていると疲れやすくなってしまうデメリットがあるのです。

腹式呼吸のやり方

腹式呼吸を練習する際には、脱力して身体の力を抜くことがポイントです。そのため、ゆったりとイスに腰掛けてみたり、寝そべった姿勢で練習してみると良いでしょう。腹式呼吸を行う際には、まずゆっくりと息を吐くことから始めてみましょう。限界まで空気を吐き出したら、次はゆっくりと時間をかけて空気を吸い込みます。

この際、お腹に空気を溜めるように意識してみましょう。「もうこれ以上はムリ!」となるまで空気を吸ったら、またゆっくりと口から息を吐き出します。また、腹式呼吸をやる際にはなるべくお腹以外が動かないように注意することが大事です。身体の動きを見るために、腹式呼吸の様子を撮影してみるのも良いでしょう。もしもお腹以外に「胸が動いてしまう」「肩が上下してしまう」といった場合には、胸や肩の動きを手で押さえることがオススメです。

まとめ

腹式呼吸は歌のうまさを追求したい人なら、ぜひ習得しておきたいものですが、それには練習が欠かせません。とはいえ腹式呼吸に慣れるまでには、そこまで時間はかかりません。ちょっとした空き時間にでも練習してみると良いでしょう。数週間続ければ、きっと今よりもずっと高い歌声が手に入るはずです。

本記事は、2016年05月02日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


「ボーカル・ボイストレーニング (ボイトレ)」の講座・レッスン

  1. TOP
  2. 習い事で毎日を楽しくマガジンTOP
  3. ボーカル・ボイストレーニング (ボイトレ)
  4. 突然まつげが抜ける!この原因っていったい何?