声の響かせ方!共鳴発声で通る声を手に入れるには

声の響かせ方!共鳴発声で通る声を手に入れるには

カラオケなどで頑張って歌っているのに、歌声と話し声が同じで綺麗に響かないという悩みがある方は多いのではないでしょうか?カラオケが上手で、声の響きを感じる人は、実は共鳴という発声ができているのです。ここでは声の響かせ方として、共鳴発声についてご紹介します。響く声を出す方法を覚えて、カラオケで披露してみましょう! 番外編として、カラオケやプレゼンなどでしっかり使える「声の響かせ方」もまとめました。話し声に自信を持ちたい方も必見です。


口の中を広げることが大切

ボイストレーニングは鼻呼吸でなく口呼吸で行います。ボイストレーニングを習っている方なら、特別な曲以外は口呼吸で練習するように指導されているはずです。声が通ることで共鳴する人の腔(あな)は3つあり、鼻腔・口腔・咽頭腔というものです。歌は体が楽器になるので、これらの空間を使って音を響かせます。

口呼吸は口の中をホールに見立てて、口の中を広くすることです。これは口を開くのではなく「口の中を広げる」という意味です。大きく口を開けてしまうと声は拡散して共鳴しません。実際に口の開きは小さくても構わないのですが、口の中は開くようにします。これはなかなか難しい方法で、普通は舌が上がっているので口の中が狭いはずです。

秘訣として、舌は下げておきます。鼻呼吸すると舌の奥は喉上に上がって口が狭くなるのがわかります。鼻呼吸した後に空間を作ろうとしても発声に間に合わないので、最初から口呼吸で舌を下げておくようにします。

よく通る声の出し方は「ブタバナ」トレーニングにあり

口呼吸すると口の空間は広くなります。つまり、歌を歌うときに言葉をすぐに発せられるようになるのです。また、基本ポジションはすべて「オ」から始まり、ここから色々な言葉につなげていきます。息を吸うときは、すでにこの「オ」が発せられるように準備しておきます。試しに鼻呼吸で「オ」を発しようとすると、時間がかかるはずです。

そして声の圧力を高めたり、良い声を出すためにはたくさんの息が必要になります。ボイストレーニングではいわゆるインナーマッスル(横隔膜)を使います。同時に、たくさんの息を吸って良い声を出していくようにします。そして良い声を出すには喉頭を下げておきます。具体的には、喉頭を下げる行為はちょうどあくびをしたときのポジションです。

口呼吸と口の中の基本ポジション「オ」、喉頭を下げることが理解できたら、ブタバナトレーニングをご紹介しましょう。これは軟口蓋(なんこうがい)を開けるトレーニングです。軟口蓋は、口の中の奥に位置する上アゴ部分です。ここを鍛えると、伸びやかな音色と発声が手に入ります。

ブタバナトレーニングの方法ですが、まずアゴを下げて息を吸いながら、イビキをかくときの音のように「フゴフゴフゴ」という音を出します。鼻のほうまで振動させるようにします。このとき、音を途切れさせずに長さを保ちます。軟口蓋と周辺をリラックスさせていないと発声できませんから、イビキのような大きな音を出す必要はありません。

共鳴のコツを覚えて上手に発声するには

喉だけで頑張って歌うと高音は苦しく、長時間発声することができません。しかし共鳴という方法がつかめると声帯は楽になり、豊かな音色を実現し、長時間の発声が可能になります。この共鳴を実現するトレーニングをご紹介しましょう。

1.アゴを下げて口から息を吸います
2.鼻濁音「ng」を発声する場所(上アゴの奥)に舌の奥をつけます。このとき舌先は下げておきます。
3.小鼻の脇両方をそれぞれ人差し指で軽めに押さえて、しゅーという音をたてて鼻だけで息をします。
4.息をしながら「ng」を発声します。発声と同時に「ブーン」という音が鳴るはずです。大きな声でなくても、響けば発声はできています。

まとめ

このトレーニングは口の中や周囲の筋肉がついていないと難しい場合があります。最初は息を流すトレーニングだけ行って、徐々に発声していくといいでしょう。高音などは声帯の少ない場所しか使わないので、美しく歌うには響きをマスターしておく必要があります。このトレーニングはなかなか1日や2日では完成しませんが、続けると確実に上手になりますのでぜひ挑戦してみてください。

本記事は2016年04月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもとに安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

関連する投稿


話す声、歌う声の上達方法『vol.4 発声法』

話す声、歌う声の上達方法『vol.4 発声法』

言葉を発する際、歌を歌う際などの、すべてに適用できる、発声の基となる発声法をご紹介してまいります。


新宿の駅近で通えるボイトレスクール5選!

新宿の駅近で通えるボイトレスクール5選!

今回は新宿駅にあるボイストレーニングスクールをご紹介します。新宿エリアにはたくさんのボイトレスクールがありますが、今回は新宿駅から駅近のスクールに注目してみました! ※写真イメージ:USボーカル教室


話す声、歌う声の上達方法『vol.3正しい呼吸法』

話す声、歌う声の上達方法『vol.3正しい呼吸法』

今回は、正しい腹式呼吸法についての記事を書いていきたいと思います。


話す声、歌う声の上達方法『vol.2 ブレスの入り口』

話す声、歌う声の上達方法『vol.2 ブレスの入り口』

今回は、息を吸う場所についての記事を書いていきたいと思います。 腹式呼吸についてお話する前に、呼吸することが可能な場所から「ブレス」を取った場合のご説明をさせていただきます。 息を吸い込む方法は「鼻」や「口」、あるいは「鼻口両方」から吸い込むことが出来ます。その時々の状況に応じ、吸い込む場所を使い分けられるように訓練していきます。それぞれ、ブレスの長所と短所が有るのが理由になります。これから、それぞれのブレスの特徴を書いていきます。


話す声、歌う声の上達方法『vol.1基礎トレーニングとその順序』

話す声、歌う声の上達方法『vol.1基礎トレーニングとその順序』

「ボーカルスクールや話し方教室に通っているけど、一向に上手くならない」という声をよく耳にします。そんな方々のために、上達するための「マスターすべき順番」を述べていきたいと思います。声や音のことを文章にするのは容易ではなく、漠然とした説明となってしまう部分も多々あるかと思いますが、ご了承の程宜しくお願いいたします。


最新の投稿


【カジノゲーム】テキサスホールデムポーカーとは?“カジノ流儀vol.5”

【カジノゲーム】テキサスホールデムポーカーとは?“カジノ流儀vol.5”

世界で楽しまれているカジノゲームの一つ〈テキサスホールデムポーカー〉ポーカーというゲームを聞いたことがある方はいると思いますが、テキサスホールデムという言葉を聞いたことがない方が多いと思います。世界のカジノではこのテキサスホールデムポーカーが主流となっています。今回はこのテキサスホールデムポーカーについて記事を書かせていただきます。


【カジノゲーム】ルーレットとは“カジノ流儀vol.4”

【カジノゲーム】ルーレットとは“カジノ流儀vol.4”

世界中のカジノで楽しまれているゲームの一つ〈 ルーレット〉ドラマや映画などでも使われていたりするので名前を聞いたことがある方や見たことある方もいるかもしれません。「Queen of casino」と呼ばれ数多くのカジノで楽しまれているルーレットについて今回は記事を書かせていただきます。


だし(出汁)の取り方と、最適な保存方法について

だし(出汁)の取り方と、最適な保存方法について

「旨味を利用して料理を作ること」を覚えると、料理の幅は急激に広がり、そして料理の味に深みが増します。日本では「だし(出汁)」がありますが、これは料理の基本であるとともに、料理を非常に面白く、深く、個性的なものにしてくれるものです。 今回は、このだし(出汁)の利用方法について見ていきましょう。


料理の盛り付けを学べるテーブルコーディネート教室とは

料理の盛り付けを学べるテーブルコーディネート教室とは

「せっかく料理が作れるようになったのだから、だれかに見てもらいたい」 「きれいに盛り付けて、いかにもおいしそうに見えるようにしたい」 このように思うのは、ごく自然なことです。 だれかに褒めてもらえればモチベーションもあがりますし、ますます料理熱が上がりますよね。 そこでここでは、SNS映えする料理の盛り付けや、テーブルコーディネート技術についてお教えします。


表の誘惑よりも、裏の知識

表の誘惑よりも、裏の知識

スキンケア商品、キラキラとした謳い文句に誘惑されていませんか?