4_vocal_23

カラオケで裏声が小さい方が声量を大きくする方法

4_vocal_23

カラオケで、上手に歌いたい、声量とパンチがある裏声を出したいと悩んでいる方へ。どんなときでも実践できる練習方法をお伝えします。カラオケで裏声を大きく出したい、小さい声量で恥ずかしい思いをしている方は必見です。次のカラオケで試してみてください!

裏声の出し方をマスターしよう

カラオケで裏声が出せない、裏声が出ても声量が出ないという方は、「正しい裏声の出し方」がマスターできていないのかもしれません。

裏声を出すために、喉を絞り出すような発声をしていては、聞いている方も苦しく感じます。裏声は声帯を開き、スピードがある息を出すことで簡単に発声できるようになります。裏声が小さい原因は、息が十分に足りていないからなのです。

腹筋と声帯を鍛えよう

声帯を開き、裏声の声量を大きくしたい場合は、腹筋や声帯を鍛えることが求められます。腹筋運動だけを行っても、なかなかカラオケで驚くほどの声量が出るわけではありません。息の使い方も同時に会得することが大切なのです。

今回は「ドッグブレス」と呼ばれる方法を用いましょう。犬が呼吸するように腹筋を動かしながら「ハッハッハッハッ」と声を出していきます。発声と同時にスピードのある息を出すことができますし、「Ha」の発音をするときは声帯が緩んでいます。

ですので、腹筋を鍛えるだけではなく、力を入れない発声法も同時に会得できるのです!

日々の訓練で声量がUPします

カラオケだって1日で上達することはありません。日頃の積み重ねが大切です。大好きな曲を自分の曲としてモノにしたいなら、ドッグブレス法を用いた声帯の使い方を覚えることにプラスして、毎日の訓練が必要です。裏声が出せる自分や、大きな裏声を出して歌っている人をイメージしながら、歌いこみましょう。これだけでも声の出し方が大きく変わっていきます。強く太い声が出せるようになったら、裏声の声量も大きくUPしているはずです。また、筋肉の緊張と脱力の感覚をつかむことで、力むことなく歌えるようになります。

どう頑張ってもカラオケで小さい裏声しか出ない場合は?

どんなに頑張っても、裏声が小さいままや、裏声が出せないという場合もあるでしょう。人間には「声域」があります。もちろん、訓練によって声域の幅を広げることはできますが、限界はあるのです。歌いたい曲と声域が合っていない場合は裏声を出すことが難しいので、事前にカラオケのキーを半音もしくは一音下げて歌ってみましょう。これだけでも声が出しやすくなり、裏声も大きく響くはずです。

まとめ

歌えないからカラオケが楽しくない、声が小さいからカラオケで目立たないと消極的になる前に、自分でできる声の上げ方、声量アップの練習法を取り入れてみましょう。一人カラオケなども主流となりつつあるので、練習しながらコツをつかむことも大切です。

本記事は、2016年04月16日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


「ボーカル・ボイストレーニング (ボイトレ)」の講座・レッスン

  1. TOP
  2. 習い事で毎日を楽しくマガジンTOP
  3. ボーカル・ボイストレーニング (ボイトレ)
  4. 正しいミックスボイスの出し方と効率良い練習方法9選!