1. 地声に近い自然な発声、チェストボイスを楽に出す方法
2_vocal_22

地声に近い自然な発声、チェストボイスを楽に出す方法

2_vocal_22

チェストボイスは地声に似ています。チェストボイスを習得すれば、色々な歌い方ができるようになりますよ!今回は歌が上手くなりたいならばマスターしておきたい、チェストボイスの楽な出し方を紹介しましょう。

チェストボイスについて知ろう

チェストボイスは発声法の中でも最もポピュラーなものです。チェストボイスは胸声とも言われ、普段、話をしている際に出す低い声がチェストボイスです。脱力した地声とも言って良いでしょう。ヘッドボイスとは真逆の発声法ですね。

チェストボイスを出している際は、声帯が最も弛緩している状態になっています。チェストボイスは誰でもそれなりに出すことはできますが、「低音をしっかり出したい」「歌が上手くなりたい」といった場合は、チェストボイスを本格的に練習する必要があります。

チェストボイスの出し方

チェストボイスを綺麗に出すためのコツが、「声帯を閉じ、喉を開く」ことです。これができれば、チェストボイスだけでなく、裏声なども出しやすくなります。

まずは声帯の閉じ方から見ていきましょう。声帯をしっかりと閉じるために、口を横に大きく開いて「あー」と発声してみてください。発声中に息が漏れるようなら、息を出さないように練習してみましょう。息漏れがなくなったら、しっかりと声帯が閉じられていますから、その感覚を忘れないようにしておきましょう。

また、喉をしっかりと開くためのコツも紹介しましょう。まずは口を縦に開いてあくびをするように喉を上下に開いてみてください。その状態で「バ、バ、バ」と発声してみましょう。この際に声をこもらせ、お腹に力をこめることがポイントです。これで高音が出せるようであれば喉がしっかりと開けている証拠ですから、この喉の形をしっかりと覚えておきましょう。

チェストボイスを上手く発声するためのコツ

良いチェストボイスを出すためには声を出す方向も意識してみましょう。チェストボイスを出す際は、名前の通り「声を胸に向かって落とす」ようなイメージで発声することがポイントです。このイメージは人によって違うこともありますから、自分にあったイメージでチェストボイスを練習してみてください。

また、チェストボイスを練習するためにはテンポがゆっくりな歌がオススメです。また、キーも低めの歌の方がチェストボイスの練習に適しています。まずはこうした歌いやすい歌から練習していって、徐々にテンポの速い歌などにも挑戦してみてください。

まとめ

チェストボイスはボイトレの基礎です。このチェストボイスがしっかりできれば高音もより出しやすくなりますから、まずはこのチェストボイスからマスターしてみましょう!

本記事は、2016年04月15日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


「ボーカル・ボイストレーニング (ボイトレ)」の講座・レッスン

  1. TOP
  2. 習い事で毎日を楽しくマガジンTOP
  3. ボーカル・ボイストレーニング (ボイトレ)
  4. 正しいミックスボイスの出し方と効率良い練習方法9選!