歌手を目指す前に読んで欲しい8つのこと

歌手を目指す前に読んで欲しい8つのこと

いつの時代も歌手になりたい夢を持つ人はたくさんいます。それでも、「どうすれば歌手になれるんだろう?」と悩む人も多いはず。今回は、歌手を目指す人に「どうすれば歌手になれるのか」「歌手を目指すなら意識したいこと」を8つ、ご紹介します!


1.本当に歌が好きか

歌手になるための、もっとも大切な条件です。本当に心から歌が好きでなければ、歌手になるための辛く厳しい道程を乗り越えることは困難です。プロの歌手として生活していける人は、歌手デビューした中でも更にひとにぎりのごくわずかな人だけです。そこにたどり着くには、多くの困難と苦労が待ち受けています。

おそらく楽しいこと以上に、苦しいことのほうが多いでしょう。多くの人は、道の途中であまりの苦しさに諦めてしまいます。ですが、歌が好きでそれが生きがいであれば、どんなにつらいときも乗り越えていけるはずです。

そして歌が好きであれば、なぜ歌うのか迷ったとき、好きだからという自分の心に支えられて進むことができます。歌が好きで、歌手になりたいという夢を諦めず、そのために努力を重ねて高い壁を乗り越えていけるひたむきさを持ち続けられるかどうかが、歌手になるための重要な適性です。

2.表現したいものがあるか

歌手になるということは、その詩が誰かの心に響くメッセージを持っているということです。ただ歌いたいだけでは、多くの人がその歌を聞きたいと思う歌手にはなれません。自分の中に歌うことで伝えたい、表現したいことがあることが重要です。

心に湧き出すなにかを誰かに伝えたいとき、歌という方法を選んだ人が歌手です。聞く人はそのメッセージに共感し、歌手の歌を聞きたいと思うのです。そして表現したいものがあるからこそ、自分の中で悩み、葛藤し、伝える方法を模索する中で、厳しいボイストレーニングや困難を乗り越えていく事ができるのです。

3.ストイックに仕事に打ち込めるか

華やかな歌手の仕事は、実は非常にハードで繊細です。レコーディングのために徹夜でスタジオにこもることもあれば、ライブで1時間以上歌いながらパフォーマンスをすることもあります。ファンサービスのため、立ちっぱなしのサイン会、握手会に対応することもあります。人前に出る仕事なので、スタイルの維持も大切です。そのため、デビュー後も食事管理をしながらの体づくりが欠かせません。一見華奢でほっそりしたアイドル歌手も、実はとても体力があるのです。

更に声はとても繊細なもの。声を守るために禁酒禁煙し、夏場もクーラーは極力使わず冷たいものを飲まないなど、喉の管理を徹底している歌手も少なくありません。そしてスキャンダルで今までの努力を無駄にしないため、私生活にも充分気を払う必要があります。歌手になるということは、それだけ多くの人の視線が集まるということ。歌のために生活のすべてを集約していくストイックさが、歌手になるための適正ともいえます。

華やかな歌手の仕事は、実は非常にハードで繊細です。レコーディングのために徹夜でスタジオにこもることもあれば、ライブで1時間以上歌いながらパフォーマンスをすることもあります。ファンサービスのため、立ちっぱなしのサイン会、握手会に対応することもあります。人前に出る仕事なので、スタイルの維持も大切です。そのため、デビュー後も食事管理をしながらの体づくりが欠かせません。一見華奢でほっそりしたアイドル歌手も、実はとても体力があるのです。

更に声はとても繊細なもの。声を守るために禁酒禁煙し、夏場もクーラーは極力使わず冷たいものを飲まないなど、喉の管理を徹底している歌手も少なくありません。そしてスキャンダルで今までの努力を無駄にしないため、私生活にも充分気を払う必要があります。歌手になるということは、それだけ多くの人の視線が集まるということ。歌のために生活のすべてを集約していくストイックさが、歌手になるための適正ともいえます。

4.いつでもポジティブでいられるか

歌手はデビュー後も、人に見えないところでボイストレーニングを続けたり、体を鍛えたりと、たゆまぬ努力が必要です。更に人と接する仕事なので、仕事仲間からも好印象である必要があります。多くの人が関わるため、体調が優れなくても弱音を吐かず、隠れて手当を受けながら歌い続ける歌手は多くいます。歌手として人前に立てば、良い評判以外を聞くことにも耐えなければいけません。どんな時も決して弱音を吐かず、ポジティブでいられるか。これは歌手を続けるためには非常に重要な条件です。

実は、プロの歌手でも、この4つの条件を最初から全て満たしているわけではありません。厳しいトレーニングの中で、バンド仲間やボイススクール、ボイストレーナーなどの支えてくれる人たちから少しずつ学んで受け取り、歌手になるというのはどういうことかという意識を持つ人も多くいます。

5.歌手のオーディションに積極的に応募する

どこからチャンスが生まれるか分からないのが芸能界です。プロダクションやレコード会社から、原石であるあなたを見つけてもらうために、積極的なオーディション応募をしていきましょう。

時代の流れもあり、プロダクションでは常に新しいジャンル・多彩なキャラクターの歌手を求めています。オーディションに数多く参加することで、プロデュース条件に合致する可能性も高まります。
もし不合格でも、自身の欠点や評価してもらえた点を洗い出すことができますし、歌手としての自分に足りないモノを見いだすこともできます。

自分自身を磨いていくことで、次のオーディションでは更に魅力あふれるパフォーマンスを見せられるようになります。

ボイトレスクールなどに通っていると非公開のオーディション情報を知ることもできます。

■オーディションサイト例

Deview

https://deview.co.jp/

芸能界デビューのチャンスをつかむオーディション情報サイト。Webからの応募はもちろん、人気プロダクションからスカウトされるチャンスも。運営会社:株式会社oricon ME

6.どこでも通用するデモテープを録って用意しよう

ライブハウスやレコード会社へ自分を売り込むための資料としてデモテープを用意しましょう。このデモテープが一次審査となることが多いので、自費出版で手売りできるほどの品質を目指します。つまり、お客さんが買ってくれない商品なら、プロの世界では通用しないということなのです。
デモテープの場合、イントロからAメロまでに掴みが得られるよう意識します。特に歌手志望なら、声をしっかり届けることを意識することが大切です。

CDや音源ファイルなどの形態でデモを作り、郵送や電子メール添付という形で発送します。その際には、アーティスト写真付きのプロフィールを添えることも大切です。

7. 音楽事務所に所属することのメリット・デメリット

音楽事務所に所属することで、テレビ出演など、歌手活動以外のところで仕事が広がる可能性があります。また、事務所側が仕事のブッキングやスケジュール管理、出演交渉なども行うため、歌手活動にしっかり専念できます。ただし契約期間が設けられる場合が多く、仕事の質によって契約更新が望めない場合もあります。

事務所等に属せず個人で仕事を受けることもできますが、経理や渉外業務などはすべて自分で行う必要があります。事務所所属歌手と異なり、営業先から受け取れるギャランティーが少ない可能性もあり、収入面で打撃を受けることもあるようです。

8.夢を捨てないこと(まとめ)

「念ずれば花開く」という言葉があります。気持ちをしっかり持って歌手への夢をあきらめずに行動を取ることで、デビューの道が開けます。そのためにはレッスンを受けることはもちろん、たくさんのオーディションを受けて自分自身を売りこんで行くことも大切です。

厳しい言葉を受ける場面もありますが、前向きな気持ちで進むことで必ず将来の糧になります。ここで挙げたさまざまなハードルを越えられると感じたら、歌手になるための第一歩としてボイトレレッスンを本気で打ち込んでいきましょう!

発声や抑揚、音程などをしっかり勉強していくことで魅力あるシンガーにどんどん近付いて行くことでしょう。

条件を満たせそうと思った人は、ボイストレーニングに本気で打ち込んでみてください。ボイストレーニングは歌いたい心から歌手に一歩でも近づくためには欠かせない、大切な方法です。

本記事は2015年08月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもとに安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

関連する投稿


話す声、歌う声の上達方法『vol.1基礎トレーニングとその順序』

話す声、歌う声の上達方法『vol.1基礎トレーニングとその順序』

「ボーカルスクールや話し方教室に通っているけど、一向に上手くならない」という声をよく耳にします。そんな方々のために、上達するための「マスターすべき順番」を述べていきたいと思います。声や音のことを文章にするのは容易ではなく、漠然とした説明となってしまう部分も多々あるかと思いますが、ご了承の程宜しくお願いいたします。


綺麗な裏声を出す練習法と裏声が出なくなった時の対処法

綺麗な裏声を出す練習法と裏声が出なくなった時の対処法

裏声がかすれて綺麗に出なかったり、そもそも裏声が出なかったりという方は多いです。地声には限界があるので裏声が上手に出せないとカラオケで歌える曲も限られてしまいますよね。この記事では誰にでもできるカンタンな裏声の出し方についてまとめたものを紹介します。


正しいミックスボイスの出し方と効率良い練習方法9選!

正しいミックスボイスの出し方と効率良い練習方法9選!

地声で出せる音って限られていますよね。特に男性で声変わりをしてしまうと今までは高音が出せていたのに急に出せなくなってしまうことも良くあることです。しかし、ミックスボイスをうまく使い分けることにより高音域を出すことができるようになるのです! 今回は、楽に発声できるミックスボイスの出し方をご紹介します!


ミドルボイスの音域を広げる!カラオケでどんな歌でも大丈夫

ミドルボイスの音域を広げる!カラオケでどんな歌でも大丈夫

カラオケは好きだし歌うことも楽しいのに、音域が低くて狭いので高音の歌が上手に歌えない……という悩みをお持ちの方は多いでしょう。発声のプロは、地声と裏声の中間のミドルボイス(ミックスボイス)を上手に出して歌うことが可能です。ここでは、カラオケで幅広い歌が歌えるようになれる音域の広げ方や練習法をご紹介します。ミドルボイスを攻略すると、高音を使った歌が無理なく歌えるようになりますよ!


歌が上手い人に共通する特徴10選

歌が上手い人に共通する特徴10選

歌の上手さは、歌唱力と一言では言い切れないさまざまな要素を持っています。歌が上手いことで知られている歌手でも、特に得意なテクニックがあるように、歌の上手さを見分ける簡単なボイストレーニング方法と、その分野で特に歌が上手い歌手をご紹介します。


最新の投稿


自宅で始めるパン屋開業(経営)の道。厨房(設備)はどうすれば?

自宅で始めるパン屋開業(経営)の道。厨房(設備)はどうすれば?

「自分で焼いたパンを多くの人に食べてもらいたい。しかも、それがお金になるなら、本当にすてき!」美味しいパンを焼ける人なら、このような気持ちを持つことは不思議ではありません。では、その夢、叶えちゃいましょうよ! 「無理だわ」と思っている方がいるなら、この記事を読みながら検討してみてください。ここでは、パン屋開業のノウハウをお伝えします。


パン作り職人の勤務時間や労働時間、仕事内容ってなにしてるの?

パン作り職人の勤務時間や労働時間、仕事内容ってなにしてるの?

「パン屋さんは朝早い」というイメージが未だに残っていますが、パン作り職人は現代でも朝早く仕事をしているのでしょうか。パン職人は一日どのような流れで仕事をしているのでしょうか。 これからパン店開業に向けて準備を始めたいという方にとって、労働時間や仕事内容はとても気になります。 ここでは、パン職人とパン店の一日の流れに関してまとめています。仕事としてパン作りをしたいと考えている方は参考になさってください。


パン教室開業に資格は要る?儲かるの?収入は?

パン教室開業に資格は要る?儲かるの?収入は?

「パンが美味しく焼ける。それも、お店に並ぶものと遜色ないパンを。」そんな方は、パン教室を開いてみてはいかがですか? でも、パン教室ってどのように開けば良いのでしょうか?それに、資格や設備はどんなものが必要で、そもそも儲かるのでしょうか?ここでは、パン教室の開業の様々な疑問点に迫ります。


パン屋開業に資格は必要?菓子製造業許可と飲食店営業許可の違い

パン屋開業に資格は必要?菓子製造業許可と飲食店営業許可の違い

新しくパン屋を開業するときに必要な資格は、営業形態によって違うことをご存知ですか。イートインにするのか、テイクアウトにするのか、それともパン教室という形にするのかによって、必要な許可が違います。 さらに、食パンと調理パンは法律上の取り扱いが違うため、食パンだけを販売するのか、調理パンも販売するのかによって必要な許可や資格が異なります。今回は、パン屋開業のために必要な資格についてご紹介します。


  [水性画材を使った作品]

[水性画材を使った作品]

今回のイラストに使用された画材、透明水彩は、絵の具とそれに加える水の量の加減により 仕上がりが大きく左右されます。 絵の具を少ししか出さずに塗ると全体的に薄くなり、インパクトのない仕上がりになってしまいます。 カラーインクはすでに色が作られているので、そのまま直接塗ることができ、 同じ透明の水性画材でも鮮やかなはっきりとした色がでます。 色にコントラスト(濃淡)を付けたいときは、水を加えて薄い色を作って描きます。 今回は、背景に余白の多い涼し気なイラストを選んでみました。