歌手を目指す前に読んで欲しい4つのこと

歌手を目指す前に読んで欲しい8つのこと

歌手を目指す前に読んで欲しい4つのこと

アイドルやバンドに憧れ、歌手になりたい夢を持つ人はたくさんいます。でも実際に歌手になり、華やかな表舞台に立てるのは本当にわずかな人だけです。なぜなら、歌手の歌が心に響くのは、プロとして歌手になった人たちに歌唱力以外の適性があったからなのです。ボイストレーニングで歌がうまくなるのは歌手になる方法の一つですが、最後まで頑張りぬけるかは本人の適性が重要になってきます。

そこで、歌手を目指す前に歌手になるための適性があるのかを確かめるための、4つの大事な条件をご紹介します。

1.本当に歌が好きか

歌手になるための、もっとも大切な条件です。本当に心から歌が好きでなければ、歌手になるための辛く厳しい道程を乗り越えることは困難です。プロの歌手として生活していける人は、歌手デビューした中でも更にひとにぎりのごくわずかな人だけです。そこにたどり着くには、多くの困難と苦労が待ち受けています。

おそらく楽しいこと以上に、苦しいことのほうが多いでしょう。多くの人は、道の途中であまりの苦しさに諦めてしまいます。ですが、歌が好きでそれが生きがいであれば、どんなにつらいときも乗り越えていけるはずです。

そして歌が好きであれば、なぜ歌うのか迷ったとき、好きだからという自分の心に支えられて進むことができます。歌が好きで、歌手になりたいという夢を諦めず、そのために努力を重ねて高い壁を乗り越えていけるひたむきさを持ち続けられるかどうかが、歌手になるための重要な適性です。

2.表現したいものがあるか

歌手になるということは、その詩が誰かの心に響くメッセージを持っているということです。ただ歌いたいだけでは、多くの人がその歌を聞きたいと思う歌手にはなれません。自分の中に歌うことで伝えたい、表現したいことがあることが重要です。

心に湧き出すなにかを誰かに伝えたいとき、歌という方法を選んだ人が歌手です。聞く人はそのメッセージに共感し、歌手の歌を聞きたいと思うのです。そして表現したいものがあるからこそ、自分の中で悩み、葛藤し、伝える方法を模索する中で、厳しいボイストレーニングや困難を乗り越えていく事ができるのです。

3.ストイックに仕事に打ち込めるか

華やかな歌手の仕事は、実は非常にハードで繊細です。レコーディングのために徹夜でスタジオにこもることもあれば、ライブで1時間以上歌いながらパフォーマンスをすることもあります。ファンサービスのため、立ちっぱなしのサイン会、握手会に対応することもあります。人前に出る仕事なので、スタイルの維持も大切です。そのため、デビュー後も食事管理をしながらの体づくりが欠かせません。一見華奢でほっそりしたアイドル歌手も、実はとても体力があるのです。

更に声はとても繊細なもの。声を守るために禁酒禁煙し、夏場もクーラーは極力使わず冷たいものを飲まないなど、喉の管理を徹底している歌手も少なくありません。そしてスキャンダルで今までの努力を無駄にしないため、私生活にも充分気を払う必要があります。歌手になるということは、それだけ多くの人の視線が集まるということ。歌のために生活のすべてを集約していくストイックさが、歌手になるための適正ともいえます。

4.いつでもポジティブでいられるか

歌手はデビュー後も、人に見えないところでボイストレーニングを続けたり、体を鍛えたりと、たゆまぬ努力が必要です。更に人と接する仕事なので、仕事仲間からも好印象である必要があります。多くの人が関わるため、体調が優れなくても弱音を吐かず、隠れて手当を受けながら歌い続ける歌手は多くいます。歌手として人前に立てば、良い評判以外を聞くことにも耐えなければいけません。どんな時も決して弱音を吐かず、ポジティブでいられるか。これは歌手を続けるためには非常に重要な条件です。

実は、プロの歌手でも、この4つの条件を最初から全て満たしているわけではありません。厳しいトレーニングの中で、バンド仲間やボイススクール、ボイストレーナーなどの支えてくれる人たちから少しずつ学んで受け取り、歌手になるというのはどういうことかという意識を持つ人も多くいます。

5.歌手のオーディションに積極的に応募する

どこからチャンスが生まれるか分からないのが芸能界です。プロダクションやレコード会社から、原石であるあなたを見つけてもらうために、積極的なオーディション応募をしていきましょう。
時代の流れもあり、プロダクションでは常に新しいジャンル・多彩なキャラクターの歌手を求めています。オーディションに数多く参加することで、プロデュース条件に合致する可能性も高まります。

もし不合格でも、自身の欠点や評価してもらえた点を洗い出すことができますし、歌手としての自分に足りないモノを見いだすこともできます。
自分自身を磨いていくことで、次のオーディションでは更に魅力あふれるパフォーマンスを見せられるようになります。
ボイトレスクールなどに通っていると非公開のオーディション情報を知ることもできます。

■オーディションサイト例
Deview
https://deview.co.jp/
運営会社:株式会社oricon ME

6.どこでも通用するデモテープを録って用意しよう

ライブハウスやレコード会社へ自分を売り込むための資料としてデモテープを用意しましょう。このデモテープが一次審査となることが多いので、自費出版で手売りできるほどの品質を目指します。つまり、お客さんが買ってくれない商品なら、プロの世界では通用しないということなのです。
デモテープの場合、イントロからAメロまでに掴みが得られるよう意識します。特に歌手志望なら、声をしっかり届けることを意識することが大切です。
CDや音源ファイルなどの形態でデモを作り、郵送や電子メール添付という形で発送します。その際には、アーティスト写真付きのプロフィールを添えることも大切です。

7. 音楽事務所に所属することのメリット・デメリット

音楽事務所に所属することで、テレビ出演など、歌手活動以外のところで仕事が広がる可能性があります。また、事務所側が仕事のブッキングやスケジュール管理、出演交渉なども行うため、歌手活動にしっかり専念できます。ただし契約期間が設けられる場合が多く、仕事の質によって契約更新が望めない場合もあります。

事務所等に属せず個人で仕事を受けることもできますが、経理や渉外業務などはすべて自分で行う必要があります。事務所所属歌手と異なり、営業先から受け取れるギャランティーが少ない可能性もあり、収入面で打撃を受けることもあるようです。

8.夢を捨てないこと(まとめ)

「念ずれば花開く」という言葉があります。気持ちをしっかり持って歌手への夢をあきらめずに行動を取ることで、デビューの道が開けます。そのためにはレッスンを受けることはもちろん、たくさんのオーディションを受けて自分自身を売りこんで行くことも大切です。

厳しい言葉を受ける場面もありますが、前向きな気持ちで進むことで必ず将来の糧になります。ここで挙げたさまざまなハードルを越えられると感じたら、歌手になるための第一歩としてボイトレレッスンを本気で打ち込んでいきましょう!
発声や抑揚、音程などをしっかり勉強していくことで魅力あるシンガーにどんどん近付いて行くことでしょう。

条件を満たせそうと思った人は、ボイストレーニングに本気で打ち込んでみてください。ボイストレーニングは歌いたい心から歌手に一歩でも近づくためには欠かせない、大切な方法です。

本記事は、2016年12月28日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


「ボーカル・ボイストレーニング (ボイトレ)」の講座・レッスン

  1. TOP
  2. 習い事で毎日を楽しくマガジンTOP
  3. ボーカル・ボイストレーニング (ボイトレ)
  4. 正しいミックスボイスの出し方と効率良い練習方法9選!