1. 自分のプレゼン聴いたことありますか?発声法でブラッシュアップ!
Vocal_13

自分のプレゼン聴いたことありますか?発声法でブラッシュアップ!

Vocal_13

 

せっかくプロジェクトに抜擢され、意気込んで取り組んだプレゼンテーションの場で思った様に声が出ず、小さな声で伝わらなかった…。大きな声を出したつもりが意外と出ていなかった。その様なご経験がある方、多いのではないでしょうか。大きな声を出す訓練法が分かれば、もうそんな失敗は無くなります!これを読んでプレゼンを大成功させましょう!

腹式呼吸を覚えよう

声が小さいからと言って、がむしゃらに大きな声を出せば良いというわけではありません。大きくても聞きにくい声では意味がありません。また、無理に大きな声を出して喉が痛くなる時はありませんか?それは呼吸法が身についていないからです。よく声はお腹から出しなさい、と言いますが、それはまさに腹式呼吸で発声しなさいと言っているのです。

腹式呼吸を身につければ喉に無理な力が入らず、自然とお腹から大きな声を発する事が出来る様になります。舞台俳優や歌手などプロの方々が喉を楽に、綺麗に発声出来るのは全て腹式呼吸が身についているからで、それが基本になります。まずは腹式呼吸を覚える事が重要です!

腹式呼吸の訓練法

そもそも腹式呼吸とは、通常の一般的な呼吸である肩が上下する様に呼吸する胸式呼吸と比べ、肩はほぼ動かずに息を吸うとお腹が膨らむ様な呼吸です。これにより、喉への負担が減り声の通りが良くなり、結果的に自然と大きな声が出る様になります。

これは、ある訓練法で身につけることが出来ます。

正しい息の吸い方・吐き方

正しく息を吸い、吐く事を身につけることから始めます。まずは、30秒で最初から最後まで同じ力、同じスピードでゆっくり吸います。この時、30秒で余す事なく限界まで吸いきる事がポイントです。その際、お腹を意識し徐々に膨らませる様に吸います。息を吸いきったら、今度は逆に30秒かけてゆっくりと同じ力、同じスピードで吐き切ります。これも同じく体内に空気を残す事なく全て吐く様に意識し、お腹も徐々に凹ませるイメージで行います。これの訓練を毎日繰り返します。

息つぎはお腹でコントロール

上記の訓練を毎日行えば、自然と腹式呼吸は身に付きます。そうしたら次に実際にプレゼンの場で話している場合などの息つぎのコツも覚えましょう。息継ぎの時、息を吸う事を意識するのではなく、お腹を膨らませる事に意識を置きましょう。反対も同じで、息を吐く場合も吐く事を意識せず、お腹を凹ませる事を意識しましょう。そうすれば、喉に対する負担を最小限に抑える事が出来ます。スムーズな腹式呼吸は、お腹への意識によってコントロール出来るのです。

この様な訓練を毎日反復して行う事によって大きな声は勿論の事、喉や首周りへの余計な力も無くなり身体への負担も軽減出来ます。しっかりと身につけ、プレゼンを成功させれば、その後打上げパーティのカラオケ大会でも更に目立つこと間違いありません!

本記事は、2015年8月7日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

 


「ボーカル・ボイストレーニング (ボイトレ)」の講座・レッスン

  1. TOP
  2. 習い事で毎日を楽しくマガジンTOP
  3. ボーカル・ボイストレーニング (ボイトレ)
  4. 突然まつげが抜ける!この原因っていったい何?