裏声を鍛えるには、まずは自分の声を知ることから。

裏声を鍛えるには、まずは自分の声を知ることから。

音域が広い曲を歌いこなせると、カラオケの人気者になれます!とはいえ、音域が広い曲を歌うときの最大のネックは、高音域。裏声(ファルセット)を出した時の音程や、音量がコントロールできないというお悩みを持つ方はかなり多いです。生まれ持った声の質は簡単には変わりませんが、音域を広げ、コントロールできるようにすることは十分可能です。今回は、裏声を上手に出すコツについてお伝えします。


1.現在の自分の音域を知る

今、あなたの最低の音と、最高の音はどこですか?と、言われてもなかなか思い当たらないかもしれません。まずは、どこまで声が出るのか正確に調べてみましょう。ピアノかキーボードを用意し(ないという方はスマホのアプリでもOK)、基準の「ド」から、順番に音程を高くしながら声を出していきましょう。「ア」でもいいですし、「ラ」でも良いです。おそらく、最初の「ド」から次の「ド」までは出せるでしょう。では、その次はいかがですか?地声から、裏声に変わっていく音あたりでちょっと怪しくなってきたら、怪しい箇所をすかさずメモしましょう。

2.叫ばない!

歌うときの裏声には、いくつか種類があります。普段の生活で出す裏声は、芯のある声です。しかし、歌うときの裏声に芯があると、叫んでいるように聞こえてしまい、音程のコントロールも難しくなります。ロックでシャウトするときは芯のある高い声を出しますが、ほとんど叫び声に近いですね。今回は裏声の中でも「ファルセット」という、芯がないような柔らかい高音を目指しましょう。イメージしやすいのは、男性アーティストがかなり高い音域を歌うときの繊細な声です。女性の場合は囁くような感じの声になります。したがって、裏声は叫んではいけません。

3.フクロウの真似をしよう

意外なことに、裏声は一般的に「鍛える」というイメージとは少し違い、慣れの要素がかなり大きいです。小さい声で裏声を出せるようになってから、徐々に大きくしていくといいでしょう。まずは小さい声でいいので、最初に確認した地声と裏声との切り替え部分からスタート。喉に負担がかかってしまうので、必ず飲み物を用意してください。フクロウやオオカミのように「ホー」と声を出しましょう。声を出しづらいときは、上を向くと、余計な筋肉を使わずに済みます。毎日、少しずつ、コツコツと練習してくださいね。だんだんと声の高さを調整する輪状甲状筋が鍛えられ、裏声が安定するようになります。

また、うれしい効果として、輪状甲状筋が鍛えられることによって、裏声以外の音程も安定します。音痴の改善にも効果テキメン!裏声だけでなく、地声の部分も含めて、オクターブを行ったり来たりしてみてください。地声と裏声の違いをできるだけ無くしていくことによって、違和感のない美しい声を出すことができます。裏声と地声を自在に使いこなしているアーティストの楽曲を聴いて、研究してみるのもいいでしょう。

裏声を使いこなせるようになると、どんなアーティストの曲でも練習すれば歌えるようになります。音痴も改善できるのですから、カラオケで活躍したい!もっと上手になりたい!という方は、ぜひ裏声を鍛えましょう。

全国のボイストレーニングが習えるスクール一覧へ
本記事は2015年08月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもとに安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

関連する投稿


話す声、歌う声の上達方法『vol.4 発声法』

話す声、歌う声の上達方法『vol.4 発声法』

言葉を発する際、歌を歌う際などの、すべてに適用できる、発声の基となる発声法をご紹介してまいります。


新宿の駅近で通えるボイトレスクール5選!

新宿の駅近で通えるボイトレスクール5選!

今回は新宿駅にあるボイストレーニングスクールをご紹介します。新宿エリアにはたくさんのボイトレスクールがありますが、今回は新宿駅から駅近のスクールに注目してみました! ※写真イメージ:USボーカル教室


話す声、歌う声の上達方法『vol.3正しい呼吸法』

話す声、歌う声の上達方法『vol.3正しい呼吸法』

今回は、正しい腹式呼吸法についての記事を書いていきたいと思います。


話す声、歌う声の上達方法『vol.2 ブレスの入り口』

話す声、歌う声の上達方法『vol.2 ブレスの入り口』

今回は、息を吸う場所についての記事を書いていきたいと思います。 腹式呼吸についてお話する前に、呼吸することが可能な場所から「ブレス」を取った場合のご説明をさせていただきます。 息を吸い込む方法は「鼻」や「口」、あるいは「鼻口両方」から吸い込むことが出来ます。その時々の状況に応じ、吸い込む場所を使い分けられるように訓練していきます。それぞれ、ブレスの長所と短所が有るのが理由になります。これから、それぞれのブレスの特徴を書いていきます。


話す声、歌う声の上達方法『vol.1基礎トレーニングとその順序』

話す声、歌う声の上達方法『vol.1基礎トレーニングとその順序』

「ボーカルスクールや話し方教室に通っているけど、一向に上手くならない」という声をよく耳にします。そんな方々のために、上達するための「マスターすべき順番」を述べていきたいと思います。声や音のことを文章にするのは容易ではなく、漠然とした説明となってしまう部分も多々あるかと思いますが、ご了承の程宜しくお願いいたします。


最新の投稿


バイオリンは大人の初心者でも始められるのか

バイオリンは大人の初心者でも始められるのか

緩やかな曲線をたたえた形。華麗な音色。背筋をピンと伸ばして弓を動かす奏者。バイオリンの演奏は、どの視点から見ても美しくうっとりします。 そんなバイオリンに憧れて、大人の皆さんの中には、秘かに習ってみたいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?


【カジノゲーム】ブラックジャックとは?“カジノ流儀vol.2”

【カジノゲーム】ブラックジャックとは?“カジノ流儀vol.2”

世界中のカジノで楽しまれているトランプゲームの一つ〈ブラックジャック〉 聞いたことはある方もいらっしゃるかと思います。カジノゲームっていうと難しそうだとか全くわからないという方もいらっしゃると思いますが、ルールは意外と簡単なんです!ギャンブルが好きな方もそうでない方も楽しめるゲーム、ブラックジャックについて今回は記事を書かせていただきます。


バイオリンの絃は何種類?またそれらのメンテナンス方法とは

バイオリンの絃は何種類?またそれらのメンテナンス方法とは

バイオリンを練習していると、どのように弓の毛や絃などを替えていけばいいのか不安になってしまいますよね。楽器を演奏するうえで、定期的なメンテナンスは基礎練習以上に欠かせません。 そこで、ここでは「絃の種類や替え方」、「おすすめの素材」について詳しくご説明します。これからバイオリンを始めようと思っている方や、バイオリン初心者の方は必見です!


今話題のカジノ、実際カジノってなんなの? “カジノ流儀 vol.1”

今話題のカジノ、実際カジノってなんなの? “カジノ流儀 vol.1”

最近なにかと話題のカジノ。テレビや雑誌などのメディアで多く見かけるようになりましたが、実際カジノって何なのか?と疑問に思ってる方もいらっしゃると思います。2016年12月にカジノにまつわる法案が可決し、日本にもカジノがやってくるのが現実味を帯びてきましたね!今回はそんな話題のカジノの記事を紹介します。


タロットで、迷う人生から決められる人生へ。

タロットで、迷う人生から決められる人生へ。

誰でも、ネットを開けば、手軽に情報が得られる時代です。クリック一つで、自分が求める情報を得、クリック一つで消すことができます。気晴らしにネットサーフィンをすることもできます。いつでもどこでもできるので、とても便利です。でも、玉石混交のさまざまな情報がどんどん得られるので、情報過多で、迷路に迷い込んでしまうこともあるでしょう。便利な時代になるほど、安易に煽られない自分、本当に必要な情報を選択できる自分を作ることが、とても重要になってきます。そのために、自分を見つめる静かな時間を持ちましょう。瞑想、坐禅、内観もあります。また、古来からの象徴体系を受け継ぐタロットも、優れた方法の一つです。