裏声を鍛えるには、まずは自分の声を知ることから。

裏声を鍛えるには、まずは自分の声を知ることから。

音域が広い曲を歌いこなせると、カラオケの人気者になれます!とはいえ、音域が広い曲を歌うときの最大のネックは、高音域。裏声(ファルセット)を出した時の音程や、音量がコントロールできないというお悩みを持つ方はかなり多いです。生まれ持った声の質は簡単には変わりませんが、音域を広げ、コントロールできるようにすることは十分可能です。今回は、裏声を上手に出すコツについてお伝えします。


1.現在の自分の音域を知る

今、あなたの最低の音と、最高の音はどこですか?と、言われてもなかなか思い当たらないかもしれません。まずは、どこまで声が出るのか正確に調べてみましょう。ピアノかキーボードを用意し(ないという方はスマホのアプリでもOK)、基準の「ド」から、順番に音程を高くしながら声を出していきましょう。「ア」でもいいですし、「ラ」でも良いです。おそらく、最初の「ド」から次の「ド」までは出せるでしょう。では、その次はいかがですか?地声から、裏声に変わっていく音あたりでちょっと怪しくなってきたら、怪しい箇所をすかさずメモしましょう。

2.叫ばない!

歌うときの裏声には、いくつか種類があります。普段の生活で出す裏声は、芯のある声です。しかし、歌うときの裏声に芯があると、叫んでいるように聞こえてしまい、音程のコントロールも難しくなります。ロックでシャウトするときは芯のある高い声を出しますが、ほとんど叫び声に近いですね。今回は裏声の中でも「ファルセット」という、芯がないような柔らかい高音を目指しましょう。イメージしやすいのは、男性アーティストがかなり高い音域を歌うときの繊細な声です。女性の場合は囁くような感じの声になります。したがって、裏声は叫んではいけません。

3.フクロウの真似をしよう

意外なことに、裏声は一般的に「鍛える」というイメージとは少し違い、慣れの要素がかなり大きいです。小さい声で裏声を出せるようになってから、徐々に大きくしていくといいでしょう。まずは小さい声でいいので、最初に確認した地声と裏声との切り替え部分からスタート。喉に負担がかかってしまうので、必ず飲み物を用意してください。フクロウやオオカミのように「ホー」と声を出しましょう。声を出しづらいときは、上を向くと、余計な筋肉を使わずに済みます。毎日、少しずつ、コツコツと練習してくださいね。だんだんと声の高さを調整する輪状甲状筋が鍛えられ、裏声が安定するようになります。

また、うれしい効果として、輪状甲状筋が鍛えられることによって、裏声以外の音程も安定します。音痴の改善にも効果テキメン!裏声だけでなく、地声の部分も含めて、オクターブを行ったり来たりしてみてください。地声と裏声の違いをできるだけ無くしていくことによって、違和感のない美しい声を出すことができます。裏声と地声を自在に使いこなしているアーティストの楽曲を聴いて、研究してみるのもいいでしょう。

裏声を使いこなせるようになると、どんなアーティストの曲でも練習すれば歌えるようになります。音痴も改善できるのですから、カラオケで活躍したい!もっと上手になりたい!という方は、ぜひ裏声を鍛えましょう。

全国のボイストレーニングが習えるスクール一覧へ
本記事は2015年08月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもとに安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

関連する投稿


話す声、歌う声の上達方法『vol.1基礎トレーニングとその順序』

話す声、歌う声の上達方法『vol.1基礎トレーニングとその順序』

「ボーカルスクールや話し方教室に通っているけど、一向に上手くならない」という声をよく耳にします。そんな方々のために、上達するための「マスターすべき順番」を述べていきたいと思います。声や音のことを文章にするのは容易ではなく、漠然とした説明となってしまう部分も多々あるかと思いますが、ご了承の程宜しくお願いいたします。


綺麗な裏声を出す練習法と裏声が出なくなった時の対処法

綺麗な裏声を出す練習法と裏声が出なくなった時の対処法

裏声がかすれて綺麗に出なかったり、そもそも裏声が出なかったりという方は多いです。地声には限界があるので裏声が上手に出せないとカラオケで歌える曲も限られてしまいますよね。この記事では誰にでもできるカンタンな裏声の出し方についてまとめたものを紹介します。


正しいミックスボイスの出し方と効率良い練習方法9選!

正しいミックスボイスの出し方と効率良い練習方法9選!

地声で出せる音って限られていますよね。特に男性で声変わりをしてしまうと今までは高音が出せていたのに急に出せなくなってしまうことも良くあることです。しかし、ミックスボイスをうまく使い分けることにより高音域を出すことができるようになるのです! 今回は、楽に発声できるミックスボイスの出し方をご紹介します!


ミドルボイスの音域を広げる!カラオケでどんな歌でも大丈夫

ミドルボイスの音域を広げる!カラオケでどんな歌でも大丈夫

カラオケは好きだし歌うことも楽しいのに、音域が低くて狭いので高音の歌が上手に歌えない……という悩みをお持ちの方は多いでしょう。発声のプロは、地声と裏声の中間のミドルボイス(ミックスボイス)を上手に出して歌うことが可能です。ここでは、カラオケで幅広い歌が歌えるようになれる音域の広げ方や練習法をご紹介します。ミドルボイスを攻略すると、高音を使った歌が無理なく歌えるようになりますよ!


歌が上手い人に共通する特徴10選

歌が上手い人に共通する特徴10選

歌の上手さは、歌唱力と一言では言い切れないさまざまな要素を持っています。歌が上手いことで知られている歌手でも、特に得意なテクニックがあるように、歌の上手さを見分ける簡単なボイストレーニング方法と、その分野で特に歌が上手い歌手をご紹介します。


最新の投稿


自宅で始めるパン屋開業(経営)の道。厨房(設備)はどうすれば?

自宅で始めるパン屋開業(経営)の道。厨房(設備)はどうすれば?

「自分で焼いたパンを多くの人に食べてもらいたい。しかも、それがお金になるなら、本当にすてき!」美味しいパンを焼ける人なら、このような気持ちを持つことは不思議ではありません。では、その夢、叶えちゃいましょうよ! 「無理だわ」と思っている方がいるなら、この記事を読みながら検討してみてください。ここでは、パン屋開業のノウハウをお伝えします。


パン作り職人の勤務時間や労働時間、仕事内容ってなにしてるの?

パン作り職人の勤務時間や労働時間、仕事内容ってなにしてるの?

「パン屋さんは朝早い」というイメージが未だに残っていますが、パン作り職人は現代でも朝早く仕事をしているのでしょうか。パン職人は一日どのような流れで仕事をしているのでしょうか。 これからパン店開業に向けて準備を始めたいという方にとって、労働時間や仕事内容はとても気になります。 ここでは、パン職人とパン店の一日の流れに関してまとめています。仕事としてパン作りをしたいと考えている方は参考になさってください。


パン教室開業に資格は要る?儲かるの?収入は?

パン教室開業に資格は要る?儲かるの?収入は?

「パンが美味しく焼ける。それも、お店に並ぶものと遜色ないパンを。」そんな方は、パン教室を開いてみてはいかがですか? でも、パン教室ってどのように開けば良いのでしょうか?それに、資格や設備はどんなものが必要で、そもそも儲かるのでしょうか?ここでは、パン教室の開業の様々な疑問点に迫ります。


パン屋開業に資格は必要?菓子製造業許可と飲食店営業許可の違い

パン屋開業に資格は必要?菓子製造業許可と飲食店営業許可の違い

新しくパン屋を開業するときに必要な資格は、営業形態によって違うことをご存知ですか。イートインにするのか、テイクアウトにするのか、それともパン教室という形にするのかによって、必要な許可が違います。 さらに、食パンと調理パンは法律上の取り扱いが違うため、食パンだけを販売するのか、調理パンも販売するのかによって必要な許可や資格が異なります。今回は、パン屋開業のために必要な資格についてご紹介します。


  [水性画材を使った作品]

[水性画材を使った作品]

今回のイラストに使用された画材、透明水彩は、絵の具とそれに加える水の量の加減により 仕上がりが大きく左右されます。 絵の具を少ししか出さずに塗ると全体的に薄くなり、インパクトのない仕上がりになってしまいます。 カラーインクはすでに色が作られているので、そのまま直接塗ることができ、 同じ透明の水性画材でも鮮やかなはっきりとした色がでます。 色にコントラスト(濃淡)を付けたいときは、水を加えて薄い色を作って描きます。 今回は、背景に余白の多い涼し気なイラストを選んでみました。