精密採点DXから分かるカラオケ上達法とは?

精密採点DXから分かるカラオケ上達法とは?

「精密採点DX」は、カラオケでおなじみ、ライブダム(LIVE DAM)の採点機です。採点機能を使えば、カラオケが盛り上がること間違いなしで、誰が一番いい点数を出せるか競争したくなりますね。でもこの採点機、歌番組でも使われていますが、歌のプロでもなかなか100点を出すことは難しいのです。精密採点DXは、いったいどのような基準で点数を出しているのでしょうか。精密採点DXの採点基準を知れば、カラオケ上達法の近道がみえてきます!なお、精密採点DXは、精密採点DX-Gというアップグレード版がありますが、基本的な機能は同じです。


1.長く伸ばすところの音程は正確にキープしよう!

精密採点dxで良い点を取るためには、正確な音程で歌うことが必要です。アーティストが意外と音程を外してしまうのは、自分の曲であり、慣れているのでちょっとしたアレンジを加えて歌うから、とも言われています。アレンジをしてしまうと、精密採点DXとしては「音程を外した」とカウントされるので、まずは楽譜通りの音程で歌うことが必要になります。画面をみると音程のバーがあり、自分の声がバーの上に乗ったように表示されるので、もし音程が合わないときは巻き戻し機能を使ってもう一度同じところに戻り、音程を変えて歌ってみましょう。長い音程のバーは得点が高いので、音程面で高得点を狙うならまずは長く伸ばす音程を練習するといいでしょう。確かに、実際歌っているところを聞くと、同じ音程で長く伸ばすところがビシッと決まっていると、上手だなと感じやすいです。細かいところの音程を外しても、それほど気になりません。

2.リズムは走っちゃダメ!

リズムも正確さが求められますが、遅れてしまうよりも先走ってしまう(走り)の方が、減点率は高いそうです。リズムが整っていないと、聞いている方も聞きにくいので、ぜひリズムは正確に取れるように練習してください。歌詞を覚えていないと、思い出しながら歌うためリズムが取りづらくなります。 できれば字幕 は補助程度に、歌詞を覚えておくといいでしょう。どうしても早くなってしまうという方は、できるだけ遅めを意識して歌ってみてください。リズムは高得点を取りやすい項目なので、減得点を取ろうとするよりは、原点を少なくしよう、と思うといいでしょう。

3.表現力=音の強弱

表現力、と言われても難しいですが、簡単に言えば音の強弱のメリハリ(抑揚)をつけた歌い方をすることです。弱いところは思いっきり弱く、そうでないところは普通に歌ってみましょう。それだけでも、表現力の点数が上がります。「しゃくり」「フォール」「こぶし」の回数が点数に反映されますが、初心者でも高得点を狙いたい場合はあまり細かいことを考えなくても大丈夫です。音域の狭い曲の場合はそもそも抑揚がないので、意識するとかえって変な感じがしてしまうでしょう。音域の広い曲で、弱いところを意識してみるといいですよ。

採点機のコメントは必ず読んで!

採点機の基準に合わせて歌うことで、ある程度の上達を見込めます。100点を出すのはかなり難しいですが、90点くらいまでなら練習すれば十分達成可能です。何度も練習あるのみ!がんばってください。また、採点機からのコメントは、必ず読むようにしてくださいね。歌が上手くなるヒントがいっぱい詰まっています!

全国のボイストレーニングが習えるスクール一覧へ
本記事は2015年08月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもとに安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

関連する投稿


話す声、歌う声の上達方法『vol.4 発声法』

話す声、歌う声の上達方法『vol.4 発声法』

言葉を発する際、歌を歌う際などの、すべてに適用できる、発声の基となる発声法をご紹介してまいります。


新宿の駅近で通えるボイトレスクール5選!

新宿の駅近で通えるボイトレスクール5選!

今回は新宿駅にあるボイストレーニングスクールをご紹介します。新宿エリアにはたくさんのボイトレスクールがありますが、今回は新宿駅から駅近のスクールに注目してみました! ※写真イメージ:USボーカル教室


話す声、歌う声の上達方法『vol.3正しい呼吸法』

話す声、歌う声の上達方法『vol.3正しい呼吸法』

今回は、正しい腹式呼吸法についての記事を書いていきたいと思います。


話す声、歌う声の上達方法『vol.2 ブレスの入り口』

話す声、歌う声の上達方法『vol.2 ブレスの入り口』

今回は、息を吸う場所についての記事を書いていきたいと思います。 腹式呼吸についてお話する前に、呼吸することが可能な場所から「ブレス」を取った場合のご説明をさせていただきます。 息を吸い込む方法は「鼻」や「口」、あるいは「鼻口両方」から吸い込むことが出来ます。その時々の状況に応じ、吸い込む場所を使い分けられるように訓練していきます。それぞれ、ブレスの長所と短所が有るのが理由になります。これから、それぞれのブレスの特徴を書いていきます。


話す声、歌う声の上達方法『vol.1基礎トレーニングとその順序』

話す声、歌う声の上達方法『vol.1基礎トレーニングとその順序』

「ボーカルスクールや話し方教室に通っているけど、一向に上手くならない」という声をよく耳にします。そんな方々のために、上達するための「マスターすべき順番」を述べていきたいと思います。声や音のことを文章にするのは容易ではなく、漠然とした説明となってしまう部分も多々あるかと思いますが、ご了承の程宜しくお願いいたします。


最新の投稿


バイオリンは大人の初心者でも始められるのか

バイオリンは大人の初心者でも始められるのか

緩やかな曲線をたたえた形。華麗な音色。背筋をピンと伸ばして弓を動かす奏者。バイオリンの演奏は、どの視点から見ても美しくうっとりします。 そんなバイオリンに憧れて、大人の皆さんの中には、秘かに習ってみたいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?


【カジノゲーム】ブラックジャックとは?“カジノ流儀vol.2”

【カジノゲーム】ブラックジャックとは?“カジノ流儀vol.2”

世界中のカジノで楽しまれているトランプゲームの一つ〈ブラックジャック〉 聞いたことはある方もいらっしゃるかと思います。カジノゲームっていうと難しそうだとか全くわからないという方もいらっしゃると思いますが、ルールは意外と簡単なんです!ギャンブルが好きな方もそうでない方も楽しめるゲーム、ブラックジャックについて今回は記事を書かせていただきます。


バイオリンの絃は何種類?またそれらのメンテナンス方法とは

バイオリンの絃は何種類?またそれらのメンテナンス方法とは

バイオリンを練習していると、どのように弓の毛や絃などを替えていけばいいのか不安になってしまいますよね。楽器を演奏するうえで、定期的なメンテナンスは基礎練習以上に欠かせません。 そこで、ここでは「絃の種類や替え方」、「おすすめの素材」について詳しくご説明します。これからバイオリンを始めようと思っている方や、バイオリン初心者の方は必見です!


今話題のカジノ、実際カジノってなんなの? “カジノ流儀 vol.1”

今話題のカジノ、実際カジノってなんなの? “カジノ流儀 vol.1”

最近なにかと話題のカジノ。テレビや雑誌などのメディアで多く見かけるようになりましたが、実際カジノって何なのか?と疑問に思ってる方もいらっしゃると思います。2016年12月にカジノにまつわる法案が可決し、日本にもカジノがやってくるのが現実味を帯びてきましたね!今回はそんな話題のカジノの記事を紹介します。


タロットで、迷う人生から決められる人生へ。

タロットで、迷う人生から決められる人生へ。

誰でも、ネットを開けば、手軽に情報が得られる時代です。クリック一つで、自分が求める情報を得、クリック一つで消すことができます。気晴らしにネットサーフィンをすることもできます。いつでもどこでもできるので、とても便利です。でも、玉石混交のさまざまな情報がどんどん得られるので、情報過多で、迷路に迷い込んでしまうこともあるでしょう。便利な時代になるほど、安易に煽られない自分、本当に必要な情報を選択できる自分を作ることが、とても重要になってきます。そのために、自分を見つめる静かな時間を持ちましょう。瞑想、坐禅、内観もあります。また、古来からの象徴体系を受け継ぐタロットも、優れた方法の一つです。