精密採点DXから分かるカラオケ上達法

精密採点DXから分かるカラオケ上達法とは?

精密採点DXから分かるカラオケ上達法

「精密採点DX」は、カラオケでおなじみ、ライブダム(LIVE DAM)の採点機です。採点機能を使えば、カラオケが盛り上がること間違いなしで、誰が一番いい点数を出せるか競争したくなりますね。でもこの採点機、歌番組でも使われていますが、歌のプロでもなかなか100点を出すことは難しいのです。精密採点DXは、いったいどのような基準で点数を出しているのでしょうか。精密採点DXの採点基準を知れば、カラオケ上達法の近道がみえてきます!なお、精密採点DXは、精密採点DX-Gというアップグレード版がありますが、基本的な機能は同じです。

1.長く伸ばすところの音程は正確にキープしよう!

精密採点dxで良い点を取るためには、正確な音程で歌うことが必要です。アーティストが意外と音程を外してしまうのは、自分の曲であり、慣れているのでちょっとしたアレンジを加えて歌うから、とも言われています。アレンジをしてしまうと、精密採点DXとしては「音程を外した」とカウントされるので、まずは楽譜通りの音程で歌うことが必要になります。画面をみると音程のバーがあり、自分の声がバーの上に乗ったように表示されるので、もし音程が合わないときは巻き戻し機能を使ってもう一度同じところに戻り、音程を変えて歌ってみましょう。長い音程のバーは得点が高いので、音程面で高得点を狙うならまずは長く伸ばす音程を練習するといいでしょう。確かに、実際歌っているところを聞くと、同じ音程で長く伸ばすところがビシッと決まっていると、上手だなと感じやすいです。細かいところの音程を外しても、それほど気になりません。

2.リズムは走っちゃダメ!

リズムも正確さが求められますが、遅れてしまうよりも先走ってしまう(走り)の方が、減点率は高いそうです。リズムが整っていないと、聞いている方も聞きにくいので、ぜひリズムは正確に取れるように練習してください。歌詞を覚えていないと、思い出しながら歌うためリズムが取りづらくなります。 できれば字幕 は補助程度に、歌詞を覚えておくといいでしょう。どうしても早くなってしまうという方は、できるだけ遅めを意識して歌ってみてください。リズムは高得点を取りやすい項目なので、減得点を取ろうとするよりは、原点を少なくしよう、と思うといいでしょう。

3.表現力=音の強弱

表現力、と言われても難しいですが、簡単に言えば音の強弱のメリハリ(抑揚)をつけた歌い方をすることです。弱いところは思いっきり弱く、そうでないところは普通に歌ってみましょう。それだけでも、表現力の点数が上がります。「しゃくり」「フォール」「こぶし」の回数が点数に反映されますが、初心者でも高得点を狙いたい場合はあまり細かいことを考えなくても大丈夫です。音域の狭い曲の場合はそもそも抑揚がないので、意識するとかえって変な感じがしてしまうでしょう。音域の広い曲で、弱いところを意識してみるといいですよ。

採点機のコメントは必ず読んで!

採点機の基準に合わせて歌うことで、ある程度の上達を見込めます。100点を出すのはかなり難しいですが、90点くらいまでなら練習すれば十分達成可能です。何度も練習あるのみ!がんばってください。また、採点機からのコメントは、必ず読むようにしてくださいね。歌が上手くなるヒントがいっぱい詰まっています!

エリアを選んでスクール探し♪
全国のボイストレーニングが習えるスクール一覧へ

本記事は、2015年8月1日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


「ボーカル・ボイストレーニング (ボイトレ)」の講座・レッスン

  1. TOP
  2. 習い事で毎日を楽しくマガジンTOP
  3. ボーカル・ボイストレーニング (ボイトレ)
  4. ボルダリングに適した服装とシューズはどういうもの?