精密採点DXから分かるカラオケ上達法とは?

精密採点DXから分かるカラオケ上達法とは?

「精密採点DX」は、カラオケでおなじみ、ライブダム(LIVE DAM)の採点機です。採点機能を使えば、カラオケが盛り上がること間違いなしで、誰が一番いい点数を出せるか競争したくなりますね。でもこの採点機、歌番組でも使われていますが、歌のプロでもなかなか100点を出すことは難しいのです。精密採点DXは、いったいどのような基準で点数を出しているのでしょうか。精密採点DXの採点基準を知れば、カラオケ上達法の近道がみえてきます!なお、精密採点DXは、精密採点DX-Gというアップグレード版がありますが、基本的な機能は同じです。


1.長く伸ばすところの音程は正確にキープしよう!

精密採点dxで良い点を取るためには、正確な音程で歌うことが必要です。アーティストが意外と音程を外してしまうのは、自分の曲であり、慣れているのでちょっとしたアレンジを加えて歌うから、とも言われています。アレンジをしてしまうと、精密採点DXとしては「音程を外した」とカウントされるので、まずは楽譜通りの音程で歌うことが必要になります。画面をみると音程のバーがあり、自分の声がバーの上に乗ったように表示されるので、もし音程が合わないときは巻き戻し機能を使ってもう一度同じところに戻り、音程を変えて歌ってみましょう。長い音程のバーは得点が高いので、音程面で高得点を狙うならまずは長く伸ばす音程を練習するといいでしょう。確かに、実際歌っているところを聞くと、同じ音程で長く伸ばすところがビシッと決まっていると、上手だなと感じやすいです。細かいところの音程を外しても、それほど気になりません。

2.リズムは走っちゃダメ!

リズムも正確さが求められますが、遅れてしまうよりも先走ってしまう(走り)の方が、減点率は高いそうです。リズムが整っていないと、聞いている方も聞きにくいので、ぜひリズムは正確に取れるように練習してください。歌詞を覚えていないと、思い出しながら歌うためリズムが取りづらくなります。 できれば字幕 は補助程度に、歌詞を覚えておくといいでしょう。どうしても早くなってしまうという方は、できるだけ遅めを意識して歌ってみてください。リズムは高得点を取りやすい項目なので、減得点を取ろうとするよりは、原点を少なくしよう、と思うといいでしょう。

3.表現力=音の強弱

表現力、と言われても難しいですが、簡単に言えば音の強弱のメリハリ(抑揚)をつけた歌い方をすることです。弱いところは思いっきり弱く、そうでないところは普通に歌ってみましょう。それだけでも、表現力の点数が上がります。「しゃくり」「フォール」「こぶし」の回数が点数に反映されますが、初心者でも高得点を狙いたい場合はあまり細かいことを考えなくても大丈夫です。音域の狭い曲の場合はそもそも抑揚がないので、意識するとかえって変な感じがしてしまうでしょう。音域の広い曲で、弱いところを意識してみるといいですよ。

採点機のコメントは必ず読んで!

採点機の基準に合わせて歌うことで、ある程度の上達を見込めます。100点を出すのはかなり難しいですが、90点くらいまでなら練習すれば十分達成可能です。何度も練習あるのみ!がんばってください。また、採点機からのコメントは、必ず読むようにしてくださいね。歌が上手くなるヒントがいっぱい詰まっています!

全国のボイストレーニングが習えるスクール一覧へ
本記事は2015年08月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもとに安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

関連する投稿


話す声、歌う声の上達方法『vol.1基礎トレーニングとその順序』

話す声、歌う声の上達方法『vol.1基礎トレーニングとその順序』

「ボーカルスクールや話し方教室に通っているけど、一向に上手くならない」という声をよく耳にします。そんな方々のために、上達するための「マスターすべき順番」を述べていきたいと思います。声や音のことを文章にするのは容易ではなく、漠然とした説明となってしまう部分も多々あるかと思いますが、ご了承の程宜しくお願いいたします。


綺麗な裏声を出す練習法と裏声が出なくなった時の対処法

綺麗な裏声を出す練習法と裏声が出なくなった時の対処法

裏声がかすれて綺麗に出なかったり、そもそも裏声が出なかったりという方は多いです。地声には限界があるので裏声が上手に出せないとカラオケで歌える曲も限られてしまいますよね。この記事では誰にでもできるカンタンな裏声の出し方についてまとめたものを紹介します。


正しいミックスボイスの出し方と効率良い練習方法9選!

正しいミックスボイスの出し方と効率良い練習方法9選!

地声で出せる音って限られていますよね。特に男性で声変わりをしてしまうと今までは高音が出せていたのに急に出せなくなってしまうことも良くあることです。しかし、ミックスボイスをうまく使い分けることにより高音域を出すことができるようになるのです! 今回は、楽に発声できるミックスボイスの出し方をご紹介します!


ミドルボイスの音域を広げる!カラオケでどんな歌でも大丈夫

ミドルボイスの音域を広げる!カラオケでどんな歌でも大丈夫

カラオケは好きだし歌うことも楽しいのに、音域が低くて狭いので高音の歌が上手に歌えない……という悩みをお持ちの方は多いでしょう。発声のプロは、地声と裏声の中間のミドルボイス(ミックスボイス)を上手に出して歌うことが可能です。ここでは、カラオケで幅広い歌が歌えるようになれる音域の広げ方や練習法をご紹介します。ミドルボイスを攻略すると、高音を使った歌が無理なく歌えるようになりますよ!


歌が上手い人に共通する特徴10選

歌が上手い人に共通する特徴10選

歌の上手さは、歌唱力と一言では言い切れないさまざまな要素を持っています。歌が上手いことで知られている歌手でも、特に得意なテクニックがあるように、歌の上手さを見分ける簡単なボイストレーニング方法と、その分野で特に歌が上手い歌手をご紹介します。


最新の投稿


自宅で始めるパン屋開業(経営)の道。厨房(設備)はどうすれば?

自宅で始めるパン屋開業(経営)の道。厨房(設備)はどうすれば?

「自分で焼いたパンを多くの人に食べてもらいたい。しかも、それがお金になるなら、本当にすてき!」美味しいパンを焼ける人なら、このような気持ちを持つことは不思議ではありません。では、その夢、叶えちゃいましょうよ! 「無理だわ」と思っている方がいるなら、この記事を読みながら検討してみてください。ここでは、パン屋開業のノウハウをお伝えします。


パン作り職人の勤務時間や労働時間、仕事内容ってなにしてるの?

パン作り職人の勤務時間や労働時間、仕事内容ってなにしてるの?

「パン屋さんは朝早い」というイメージが未だに残っていますが、パン作り職人は現代でも朝早く仕事をしているのでしょうか。パン職人は一日どのような流れで仕事をしているのでしょうか。 これからパン店開業に向けて準備を始めたいという方にとって、労働時間や仕事内容はとても気になります。 ここでは、パン職人とパン店の一日の流れに関してまとめています。仕事としてパン作りをしたいと考えている方は参考になさってください。


パン教室開業に資格は要る?儲かるの?収入は?

パン教室開業に資格は要る?儲かるの?収入は?

「パンが美味しく焼ける。それも、お店に並ぶものと遜色ないパンを。」そんな方は、パン教室を開いてみてはいかがですか? でも、パン教室ってどのように開けば良いのでしょうか?それに、資格や設備はどんなものが必要で、そもそも儲かるのでしょうか?ここでは、パン教室の開業の様々な疑問点に迫ります。


パン屋開業に資格は必要?菓子製造業許可と飲食店営業許可の違い

パン屋開業に資格は必要?菓子製造業許可と飲食店営業許可の違い

新しくパン屋を開業するときに必要な資格は、営業形態によって違うことをご存知ですか。イートインにするのか、テイクアウトにするのか、それともパン教室という形にするのかによって、必要な許可が違います。 さらに、食パンと調理パンは法律上の取り扱いが違うため、食パンだけを販売するのか、調理パンも販売するのかによって必要な許可や資格が異なります。今回は、パン屋開業のために必要な資格についてご紹介します。


  [水性画材を使った作品]

[水性画材を使った作品]

今回のイラストに使用された画材、透明水彩は、絵の具とそれに加える水の量の加減により 仕上がりが大きく左右されます。 絵の具を少ししか出さずに塗ると全体的に薄くなり、インパクトのない仕上がりになってしまいます。 カラーインクはすでに色が作られているので、そのまま直接塗ることができ、 同じ透明の水性画材でも鮮やかなはっきりとした色がでます。 色にコントラスト(濃淡)を付けたいときは、水を加えて薄い色を作って描きます。 今回は、背景に余白の多い涼し気なイラストを選んでみました。