男性でも綺麗な裏声が実現する練習方法、リップロールとタングトリルとは

男性でも綺麗な裏声が実現する練習方法、リップロールとタングトリルとは

男性でも、綺麗なハイトーンボイスや裏声を出したい場合には、リップロールやダングトリルなどの練習方法がおすすめです。この2つは裏声だけでなく、高音を出すためにも効果的なボイストレーニング方法です。


リップロールの効果的なトレーニング方法

リップロールとは名前の通り、唇を使った方法です。唇を閉じて息を吹いて唇(リップ)をブルブル震わせてロールさせる(音をブルブル出します)方法です。これがなぜ効果的かというと、唇をリラックスさせて裏声が綺麗に出るようになるからです。
それだけでなく、高音や低音などの極端な音域でのブレが少なくなります。また、正しい音程が取れるようになり、喉を開く練習にもなります。リップロールはボイストレーニングの中でも最強と言われ、特に高音を出したい方にはおすすめの方法です。やり方は以下のようにします。

1.唇を閉じる
2.閉じた唇はリラックスさせておく
3.唇を少しだけ前に出す
4.鼻から深く息を吸い、口から吐いて唇を震わせる


リップロールは唇や口周りをリラックスさせないとできません。また、一定の息をぶれないように吐くことがポイントです。できない方の多くが、息の量が多すぎるか少なすぎるかのどちらかです。また、唇が緊張していると、上手くできません。少し口角を持ち上げるとやりやすいので、お試しください。

ロングトーンの練習方法

ロングトーンでは、サックスで出しやすいとされる中音域の音から始め、自分が出せる最大の音量で吹き続けます。1回に伸ばし続ける時間の長さは、メトロノームを用いてまずは8拍から始めてみましょう。8拍のロングトーンで息が切れずに行えれば、肺活量をより多く必要とする低音域や高音域も、同様にロングトーンを行いましょう。

8拍のロングトーンに慣れたら、倍の時間をかけて16拍間のロングトーンを行うのもおすすめです。より長く安定した音が出せるようになれば、音階練習や楽曲練習においても息切れせず、安定した音を保てるようになります。

応用編としては、裏声や地声、音程に合わせてリップロールで声を出してみます。リップロールを使って音程に合わせて声を出す練習をしてみると、息の量がどの程度必要なのかわかるようになってきます。

タングトリルの効果とやり方

タングトリルは名前の通り舌を使ったトレーニング方法です。舌をリラックスさせて、裏声が出せるようになり、リップロールと同じように高音域や低音域でブレがなくなります。正しい音程が取れ、喉を開く練習にもなります。舌をリラックスさせるだけでなく、慣れてくると声帯近くの筋肉もリラックスさせられます。カラオケの前などに試してみると非常に良い結果が出る可能性があります。やり方は以下のようにします。

1.口を少し開ける
2.舌を歯の裏側あたりに置く(ラをイメージしてください)
3.舌をリラックスさせる
4.ラまたはルを発音するような感覚で息を吐きながら舌を震わせる


どうしてもできない場合は、舌の位置を少しずつ変えて練習しましょう。また息の量が多すぎても少なすぎても上手くできません。最終的にはリップロールの時と同じように、音程に合わせて声を出すようにしましょう。

まとめ

リップロールもタングトリルも、どちらも高音や裏声を出すトレーニングとして非常に有効です。息を出す量が一定になり、自然に高音や低音がぶれないようになります。もちろんカラオケをする前に練習すればリラックス効果もあり、良い声が出るようになります。ぜひお試しください。

本記事は2016年06月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもとに安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

関連する投稿


話す声、歌う声の上達方法『vol.4 発声法』

話す声、歌う声の上達方法『vol.4 発声法』

言葉を発する際、歌を歌う際などの、すべてに適用できる、発声の基となる発声法をご紹介してまいります。


新宿の駅近で通えるボイトレスクール5選!

新宿の駅近で通えるボイトレスクール5選!

今回は新宿駅にあるボイストレーニングスクールをご紹介します。新宿エリアにはたくさんのボイトレスクールがありますが、今回は新宿駅から駅近のスクールに注目してみました! ※写真イメージ:USボーカル教室


話す声、歌う声の上達方法『vol.3正しい呼吸法』

話す声、歌う声の上達方法『vol.3正しい呼吸法』

今回は、正しい腹式呼吸法についての記事を書いていきたいと思います。


話す声、歌う声の上達方法『vol.2 ブレスの入り口』

話す声、歌う声の上達方法『vol.2 ブレスの入り口』

今回は、息を吸う場所についての記事を書いていきたいと思います。 腹式呼吸についてお話する前に、呼吸することが可能な場所から「ブレス」を取った場合のご説明をさせていただきます。 息を吸い込む方法は「鼻」や「口」、あるいは「鼻口両方」から吸い込むことが出来ます。その時々の状況に応じ、吸い込む場所を使い分けられるように訓練していきます。それぞれ、ブレスの長所と短所が有るのが理由になります。これから、それぞれのブレスの特徴を書いていきます。


話す声、歌う声の上達方法『vol.1基礎トレーニングとその順序』

話す声、歌う声の上達方法『vol.1基礎トレーニングとその順序』

「ボーカルスクールや話し方教室に通っているけど、一向に上手くならない」という声をよく耳にします。そんな方々のために、上達するための「マスターすべき順番」を述べていきたいと思います。声や音のことを文章にするのは容易ではなく、漠然とした説明となってしまう部分も多々あるかと思いますが、ご了承の程宜しくお願いいたします。


最新の投稿


【カジノゲーム】テキサスホールデムポーカーとは?“カジノ流儀vol.5”

【カジノゲーム】テキサスホールデムポーカーとは?“カジノ流儀vol.5”

世界で楽しまれているカジノゲームの一つ〈テキサスホールデムポーカー〉ポーカーというゲームを聞いたことがある方はいると思いますが、テキサスホールデムという言葉を聞いたことがない方が多いと思います。世界のカジノではこのテキサスホールデムポーカーが主流となっています。今回はこのテキサスホールデムポーカーについて記事を書かせていただきます。


【カジノゲーム】ルーレットとは“カジノ流儀vol.4”

【カジノゲーム】ルーレットとは“カジノ流儀vol.4”

世界中のカジノで楽しまれているゲームの一つ〈 ルーレット〉ドラマや映画などでも使われていたりするので名前を聞いたことがある方や見たことある方もいるかもしれません。「Queen of casino」と呼ばれ数多くのカジノで楽しまれているルーレットについて今回は記事を書かせていただきます。


だし(出汁)の取り方と、最適な保存方法について

だし(出汁)の取り方と、最適な保存方法について

「旨味を利用して料理を作ること」を覚えると、料理の幅は急激に広がり、そして料理の味に深みが増します。日本では「だし(出汁)」がありますが、これは料理の基本であるとともに、料理を非常に面白く、深く、個性的なものにしてくれるものです。 今回は、このだし(出汁)の利用方法について見ていきましょう。


料理の盛り付けを学べるテーブルコーディネート教室とは

料理の盛り付けを学べるテーブルコーディネート教室とは

「せっかく料理が作れるようになったのだから、だれかに見てもらいたい」 「きれいに盛り付けて、いかにもおいしそうに見えるようにしたい」 このように思うのは、ごく自然なことです。 だれかに褒めてもらえればモチベーションもあがりますし、ますます料理熱が上がりますよね。 そこでここでは、SNS映えする料理の盛り付けや、テーブルコーディネート技術についてお教えします。


表の誘惑よりも、裏の知識

表の誘惑よりも、裏の知識

スキンケア商品、キラキラとした謳い文句に誘惑されていませんか?