話す声、歌う声の上達方法『vol.4 発声法』

話す声、歌う声の上達方法『vol.4 発声法』

言葉を発する際、歌を歌う際などの、すべてに適用できる、発声の基となる発声法をご紹介してまいります。


様々な発声があり、呼び方も色々

今までにご紹介をしてきました「姿勢法」と「呼吸法」を用いて発声を行っていきましょう。

まず初めに、いろいろな呼び方のある「発声」についてお話していきます。
例えば・・・
◆チェストボイス
◆ファルセット
◆ミドルボイス
◆ヘッドボイス
◆シャウト等々。。
聞いたことのある名前はありますでしょうか。

今後も、新たな発声法の呼び方をが出てくる可能性があります。ですが、「発声」に共通していることは、<息を吐いて声帯を振動させる>ということであり、どの発声方法でも変わらない点になります。

発声の訓練方法

まずは力まずに、楽に声帯が振るえる(振動)ように発声ができることを、からだに教える訓練から初めてみましょう。

なぜ、からだに覚えさせることから始めるかというと、、、声を出そうとすると、頑張りすぎて力が入り過ぎてしまう場合が多々あります。ただ、最初の発声で力を入れ過ぎてしまうと、発声し終わるまでからだの力みが抜けにくいからです。

一度からだが力んでしまってかたまった状態になると、声がで出にくくなります。それでも、気合を入れて声を出そうとして、さらにからだを硬直させるという風に、最悪の状態が繰り返えされます。そのそうすると、声が出ない状態に陥ります。さらに、その状態が習慣化してしまうと、声を潰していますこともあります。そうならないための発声訓練ですが、からだに力が入らない発声の「ため息」をイメージして訓練してみましょう。

ため息発声法とは

練習の最初にする、発声方法のことを、<ため息発声法>と呼んでいます。

発声時にからだに力が入っていると、ため息のような声は出ません。例えば、仕事が終わった後「あ~今日も疲れた・・・」と自然にため息がもれてしまうような経験、ありませんか?一度は体験したことのあるこの「ため息」にヒントがあります。

その時のからだの状態を考えてみると、力がはいっておらず、まったく力んでいない状態だと思います。むしろ、からだがふにゃ~~と柔らかくなっているのを支えているのが大変なくらいではありませんか?それは、からだが脱力状態にならないと、ため息が出ないからです。逆の見方をすれば、からだの力が抜けたのと同時に、ため息を出すことができるのです。

自然と脱力しやすい方法になるので、このからだの状態から声を出していきますが、実際にからだがふにゃ~~となってしまっていると豊かなブレスが取れなくなります。そこで、からだがふにゃ~~とならずに、先に学習した「姿勢法」を使って発声をしていきます。

実際にやってみましょう!

【はじめに】
発声するときの発音は、最初は「あ」の口での発声で始めましょう。なぜ「あ」なのかというと、世界共通で一番楽に、大きく口を開くことができる発音だからです。逆に「い」や「う」は、口をある程度閉じないと発声出来ない発音になります。声が出る出口のが小さいと、口内に空気抵抗が生じて力が入りやすいため、最初は「い」や「う」ではなく、「あ」の口での発声が望ましいです。

「あ」の発声に慣れ安定をしてきたら、続いて「お」「え」「い」「う」、または「え」「お」「う」「い」の順番で発声してみましょう。発声時の声の高さですが、人によって異なっていて問題ありません。声の高さは様々ですので、最初の発声は、無理な音程で行うのではなく、自分の一番楽だと感じる高さで始めていきましょう。

【レッスン】それでは、発声していきましょう!
<STEP1>
足を軽く開いて立った状態から始めます。肩の力を抜いていきます。顎は軽く引いた状態で、頭のてっぺんを上の方向に引っ張られているるようなイメージで、からだを上の方に伸ばしていきます。(座って行う場合:足は直角に近い角度に曲げます。それ以外は立って行う姿勢と同じになります。)

<STEP2>
ブレスは鼻からでも口から、どちらでも大丈夫です。2、3秒をかけ、ゆっくりとゆったりと腹式呼吸を取ります。顔や顎のちからを抜き、ため息を吐くイメージで「あ~」と発声してみましょう。

<STEP3>
「あ~」の後、自然に息がなくなったら、再度、ゆっくりとゆったりとしたブレスを取り「あ~」と発声していきます。注意点としては、腹筋を意識し過ぎてしまい、お腹にちからを入れて発声してしまっている人がいますが、人間のからだは、一か所だけ意識して、そこを働かせるということが困難な生き物です。腹筋にちからを入れることで腹筋や背筋が硬直し、結果的に力みやすくなってしまいます。

今までに学んできた「姿勢法」を用いて、からだに力が入りすぎない脱力状態にすることができれば、自然に必要なだけ、腹筋や背筋などの支えができてきます。


この発声しやすいからだの状態を、よくからだに覚えさせることが大切になります。
毎日5分程度で良いので、まずは根気よく継続して練習してみましょう。

大阪梅田校【無料体験レッスン】あがり症克服のためのレッスン。声の達人のボイトレで克服、改善の道を探しましょう!(ブレスアカデミー)の体験レッスン|グースクール

http://gooschool.jp/sc/bvi0001/le/00004/sh0001/

大阪梅田校【無料体験レッスン】あがり症克服のためのレッスン。声の達人のボイトレで克服、改善の道を探しましょう!(ブレスアカデミー)の体験レッスン。場所は大阪市営地下鉄御堂筋線 梅田駅。電話問い合わせ(0800-813-2907)や資料請求ができます。

本記事は2017年09月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもとに安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

関連する投稿


新宿の駅近で通えるボイトレスクール5選!

新宿の駅近で通えるボイトレスクール5選!

今回は新宿駅にあるボイストレーニングスクールをご紹介します。新宿エリアにはたくさんのボイトレスクールがありますが、今回は新宿駅から駅近のスクールに注目してみました! ※写真イメージ:USボーカル教室


話す声、歌う声の上達方法『vol.3正しい呼吸法』

話す声、歌う声の上達方法『vol.3正しい呼吸法』

今回は、正しい腹式呼吸法についての記事を書いていきたいと思います。


話す声、歌う声の上達方法『vol.2 ブレスの入り口』

話す声、歌う声の上達方法『vol.2 ブレスの入り口』

今回は、息を吸う場所についての記事を書いていきたいと思います。 腹式呼吸についてお話する前に、呼吸することが可能な場所から「ブレス」を取った場合のご説明をさせていただきます。 息を吸い込む方法は「鼻」や「口」、あるいは「鼻口両方」から吸い込むことが出来ます。その時々の状況に応じ、吸い込む場所を使い分けられるように訓練していきます。それぞれ、ブレスの長所と短所が有るのが理由になります。これから、それぞれのブレスの特徴を書いていきます。


話す声、歌う声の上達方法『vol.1基礎トレーニングとその順序』

話す声、歌う声の上達方法『vol.1基礎トレーニングとその順序』

「ボーカルスクールや話し方教室に通っているけど、一向に上手くならない」という声をよく耳にします。そんな方々のために、上達するための「マスターすべき順番」を述べていきたいと思います。声や音のことを文章にするのは容易ではなく、漠然とした説明となってしまう部分も多々あるかと思いますが、ご了承の程宜しくお願いいたします。


綺麗な裏声を出す練習法と裏声が出なくなった時の対処法

綺麗な裏声を出す練習法と裏声が出なくなった時の対処法

裏声がかすれて綺麗に出なかったり、そもそも裏声が出なかったりという方は多いです。地声には限界があるので裏声が上手に出せないとカラオケで歌える曲も限られてしまいますよね。この記事では誰にでもできるカンタンな裏声の出し方についてまとめたものを紹介します。


最新の投稿


整体師、セラピストの就職・転職ノウハウ「職場を自分の居場所にする」Vol.5(最終章)

整体師、セラピストの就職・転職ノウハウ「職場を自分の居場所にする」Vol.5(最終章)

就職率100%(東京整体学院いろは学舎 就職志望の受講生統計 2012年1月1日~2017年10月31日)の整体学校の教務部による就職支援の内容を公開。 ”就職率の数字”や“就職すること自体”より”職場が自分の居場所にしていただくこと”にこだわった就職支援の内容を読むだけでもタメになるところを抜粋してWEB講座にしました。 今回は、「就職後に職場を居場所と感じられるために大切なこと」をご紹介します。


【初心者必見】簡単にお菓子作りを行うための道具の揃え方

【初心者必見】簡単にお菓子作りを行うための道具の揃え方

「お菓子作りに挑戦するために道具を揃えたい!」と思っても、お菓子作りに必要な道具は非常にたくさんあります。 そのため、「どれから購入したらいいかわからない……」という人も多いはず。 そこでここでは、まず、お菓子作りをするために必要な基本的な道具についてお教えします。


整体師、セラピストの就職・転職ノウハウ「職場を自分の居場所にする」Vol.4

整体師、セラピストの就職・転職ノウハウ「職場を自分の居場所にする」Vol.4

就職率100%(東京整体学院いろは学舎 就職志望の受講生統計 2012年1月1日~2017年9月30日)の整体学校の教務部による就職支援の内容を公開。 ”就職率の数字”や“就職すること自体”より”職場が自分の居場所にしていただくこと”にこだわった就職支援の内容を読むだけでもタメになるところを抜粋してWEB講座にしました。 今回は、「成功する人・失敗する人の違い」をご紹介します。


お鍋で炊く美味しいお米の炊き方について

お鍋で炊く美味しいお米の炊き方について

現在は便利な炊飯器がたくさん販売されているため、「お鍋でお米を炊く」という人は少なくなっています。 たしかに、炊飯器での炊飯は、効率がよくて保管もしやすいですよね。 しかし土鍋でお米を炊くと、お米の粒が立ったようになり、非常においしくお米を味わえるということで、こちらも人気の炊飯方法です。 現在は、カビに強いお鍋、耐久力に優れたお鍋なども出ており、使いやすくなっているのもうれしいポイントです、 ここでは、お鍋でお米を炊く方法と、その保管方法について見ていきましょう。


書を世界に…VOL.2「ホノルル・サンフランシスコライブ書道ツアー」

書を世界に…VOL.2「ホノルル・サンフランシスコライブ書道ツアー」

「2014年ライブ書道・ワールドツアー2」と題し2月7日~16日までの10日間、ホノルル・サンフランシスコの2都市でワークショップや、他のジャンルで活躍中のアーティストの方々とコラボライブを敢行しました。