話す声、歌う声の上達方法『vol.3正しい呼吸法』

話す声、歌う声の上達方法『vol.3正しい呼吸法』

今回は、正しい腹式呼吸法についての記事を書いていきたいと思います。


正しい「呼吸法」とは?

それでは、前回学んだ「姿勢法」を基に、今回は正しい「呼吸法」についての説明です。

まずはじめに・・・発声するためには、息を吐く必要があります。それは、息を吐いたときに、初めて、声帯が振動して声になるからになります。息を吐くには、空気の量が多いと楽に吐き易くなり、逆に、肺の中の空気が少ないと絞らないと吐くことができません。

肺にスムーズに空気を送ったり、スムーズに息を吐いたり出来るようになるように、横隔膜や腹筋、背筋等を利用する呼吸法を「腹式呼吸」と呼んでいます。皆さんもよく耳にする「腹式呼吸」は、別名、横隔膜呼吸法とも呼ばれており、無理なく声帯を振動させることができ、最大のパワーを発揮させることのできる呼吸法になります。

歌手や演劇家、ナレーター、又セミナーなどの講演や営業等で声をよく使う方々には、必要不可欠とも言える大切な訓練になります。しかしながら、多くの方が、腹式呼吸とは逆の胸式呼吸をされています。横隔膜筋等が使えなくて、すぐに声、身体が疲れてしまう可能性がありますのでお気をつけください。

例えば、すぐに喉が痛くなる、声が透らない、声が枯れる、大きな声が出ない、高い声が出ない、声が裏返る等々、悪い影響を及ぼす可能性が高くなります。既にステージで活動されている方や、ボーカルスクールの先生でも、やり方を間違って練習されてる方がいるのが、残念ながら現実です。

是非、ここで正しいやり方を学習して行きましょう!

正しい「呼吸法」のやり方

さっそく実践してみましょう!

<1>立っていても、座っていてもどちらでも構いません。前回学習した姿勢法を使った状態にしていきます。

<2>息を吸う場所ですが、鼻、口、鼻口両方、どの場所を使って頂いても構いません。

<3>肩の力を抜き、足は軽く開きます。顎は軽く引いた状態で身体を上方に伸ばして立ちます。座っている場合でも、顎を軽く引いた状態で上半身は上方に伸ばします。

<4>そして【ゆっくりと】息を吸い込んでいきます。お腹が少しずつ膨らんでいくよう意識して吸い込んでいきますが、4~5秒くらい時間をかけて【ゆっくりと】吸い込みましょう。この際、自分の中で吸い込める限界に対して、半分程の息の量が入れば十分です。無理をして、勢いよくたくさん吸い込もうとすると、身体が力み、息が上に上がってしまい、胸式呼吸になってしまう可能性がありますので、最初は少しの吸い込みだけで結構です。

<5>吸い込んだ息を吐いていきますが、肩の力を抜いたまま口を少し大きめに開けて吐き出していきます。

<6>口を大きめに開けることで、出口が大きくなり、吐き出す息がなくなっていきますが、口内の空気抵抗が少ないために、楽に息を吐き出せます。口をすぼめて、「シュー」という音を出しながら吐き出す人がいますが、これでは口内が狭くなり、空気抵抗が出来てしまいます。よって、力んで吐き出すことになりかねないので、初心者の方には、この吐き方は不向きになります。

<7>そして吐き出す時、お腹を意識するあまり、無理にへこまそうとすると力んでしまうので、へこみを意識するのではなく、自然に吐き出すことを意識していきます。

まとめ

呼吸法の基本は、実は寝てしまうくらいに楽なものなのです。この動作を、ゆっくりと5回から10回繰り返してみましょう。(回数に制限はありません)慣れてくれば、横隔膜や腹筋、背筋などが、柔らかくほぐれていくような感覚が感じられるようになってきます。十分にほぐれてきたら、少しずつで良いので、吸い込みを強くして、一瞬で大きく素早い吸い込みも出来るよう、毎日根気よく訓練して行きましょう。
以上、簡単ではありましたが、「正しい呼吸法」の説明になります。ぜひ試してみてください。

本記事は2017年08月09日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもとに安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

関連する投稿


話す声、歌う声の上達方法『vol.4 発声法』

話す声、歌う声の上達方法『vol.4 発声法』

言葉を発する際、歌を歌う際などの、すべてに適用できる、発声の基となる発声法をご紹介してまいります。


新宿の駅近で通えるボイトレスクール5選!

新宿の駅近で通えるボイトレスクール5選!

今回は新宿駅にあるボイストレーニングスクールをご紹介します。新宿エリアにはたくさんのボイトレスクールがありますが、今回は新宿駅から駅近のスクールに注目してみました! ※写真イメージ:USボーカル教室


話す声、歌う声の上達方法『vol.2 ブレスの入り口』

話す声、歌う声の上達方法『vol.2 ブレスの入り口』

今回は、息を吸う場所についての記事を書いていきたいと思います。 腹式呼吸についてお話する前に、呼吸することが可能な場所から「ブレス」を取った場合のご説明をさせていただきます。 息を吸い込む方法は「鼻」や「口」、あるいは「鼻口両方」から吸い込むことが出来ます。その時々の状況に応じ、吸い込む場所を使い分けられるように訓練していきます。それぞれ、ブレスの長所と短所が有るのが理由になります。これから、それぞれのブレスの特徴を書いていきます。


プロの声優ってどうやってなるの?

プロの声優ってどうやってなるの?

アニメや映画など、プロの声優として自分もあのフィールドに立ちたい! 果たして声優になるためにはどうしたらいいのか?また、それに必要なものをまとめてみました!


ナレーションの初仕事で気をつけること!

ナレーションの初仕事で気をつけること!

プロの声優・ナレーターを目指すみなさんへ。 実際に現場に出たときにはこんなことに気をつけましょう!


最新の投稿


整体師、セラピストの就職・転職ノウハウ「職場を自分の居場所にする」Vol.5(最終章)

整体師、セラピストの就職・転職ノウハウ「職場を自分の居場所にする」Vol.5(最終章)

就職率100%(東京整体学院いろは学舎 就職志望の受講生統計 2012年1月1日~2017年10月31日)の整体学校の教務部による就職支援の内容を公開。 ”就職率の数字”や“就職すること自体”より”職場が自分の居場所にしていただくこと”にこだわった就職支援の内容を読むだけでもタメになるところを抜粋してWEB講座にしました。 今回は、「就職後に職場を居場所と感じられるために大切なこと」をご紹介します。


【初心者必見】簡単にお菓子作りを行うための道具の揃え方

【初心者必見】簡単にお菓子作りを行うための道具の揃え方

「お菓子作りに挑戦するために道具を揃えたい!」と思っても、お菓子作りに必要な道具は非常にたくさんあります。 そのため、「どれから購入したらいいかわからない……」という人も多いはず。 そこでここでは、まず、お菓子作りをするために必要な基本的な道具についてお教えします。


整体師、セラピストの就職・転職ノウハウ「職場を自分の居場所にする」Vol.4

整体師、セラピストの就職・転職ノウハウ「職場を自分の居場所にする」Vol.4

就職率100%(東京整体学院いろは学舎 就職志望の受講生統計 2012年1月1日~2017年9月30日)の整体学校の教務部による就職支援の内容を公開。 ”就職率の数字”や“就職すること自体”より”職場が自分の居場所にしていただくこと”にこだわった就職支援の内容を読むだけでもタメになるところを抜粋してWEB講座にしました。 今回は、「成功する人・失敗する人の違い」をご紹介します。


お鍋で炊く美味しいお米の炊き方について

お鍋で炊く美味しいお米の炊き方について

現在は便利な炊飯器がたくさん販売されているため、「お鍋でお米を炊く」という人は少なくなっています。 たしかに、炊飯器での炊飯は、効率がよくて保管もしやすいですよね。 しかし土鍋でお米を炊くと、お米の粒が立ったようになり、非常においしくお米を味わえるということで、こちらも人気の炊飯方法です。 現在は、カビに強いお鍋、耐久力に優れたお鍋なども出ており、使いやすくなっているのもうれしいポイントです、 ここでは、お鍋でお米を炊く方法と、その保管方法について見ていきましょう。


書を世界に…VOL.2「ホノルル・サンフランシスコライブ書道ツアー」

書を世界に…VOL.2「ホノルル・サンフランシスコライブ書道ツアー」

「2014年ライブ書道・ワールドツアー2」と題し2月7日~16日までの10日間、ホノルル・サンフランシスコの2都市でワークショップや、他のジャンルで活躍中のアーティストの方々とコラボライブを敢行しました。