1. フラメンコをやるときの衣装とシューズはどんなものを用意すればいい?
flamenco_002

フラメンコをやるときの衣装とシューズはどんなものを用意すればいい?

flamenco_002

フラメンコの衣装といえば、赤と黒のひらひらしたフリルがついたセクシーなドレスのイメージがありますが、実はカラフルでかわいいドレスもたくさんあるのをご存知ですか?今回は、本格的にフラメンコのレッスンを続けることになったら用意したい衣装やシューズ、アクセサリーをご紹介します。

フラメンコのレッスン着

フラメンコのレッスン着は、できればレオタードのような体の線がきっちり出るスタイルがおススメです。理由としては、体の線が出ているウェアだと、動きがわかりやすいので自分の動きが確認しやすく、スクールの先生も指導がしやすいからです。

ただ、一般の人でレオタードを持っている人は珍しいと思うので、まずは動きやすいTシャツやカットソー、ストレッチパンツを持って行きましょう。本格的に続けようと思うまでは、ドレスなどは買わなくても大丈夫です。教室によってはレッスン着を販売していることもあるので、何を揃えたらいいのかわからないときは、まずは教室で質問してみるといいでしょう。

一番重要といって差し支えないシューズ(サパトス)

フラメンコは足を良く使うダンスです。そのため、自分に合わないシューズで踊ると、足が痛くてたまらなくなってしまいます。

フラメンコを本格的に始めたいと思っている人は、最初にサパトスと呼ばれるかかとが太く、裏に鋲が打ち付けてある専用のシューズを買うと良いでしょう。値段は1万円から2万円後半くらいまでのものが多いのですが、多少高くても通販ではなくお店にいって購入することを推奨します。

靴の革の部分は革がいいという方もいれば、スウェード生地はフィットして痛くならないという方もいます。フラメンコにおけるシューズはステップを踏む際にも非常に大切な要素の一つになるので、分からない事は教室の先生に質問したりして、自分にあったシューズを見つけるようにしましょう。

衣装は丈が体格にあったものを選ぶ

フラメンコの衣装のことをファルダと言います。ファルダはスカート型の物から、マーメイド型までありますが、初心者はスカート型にフリルが一段ついたものが扱いやすくて良いと言われています。

また、発表会や舞台などで使う衣装は、教室の先生から「この服を用意してください」と、指示があったり、場合によっては貸してもらえることもあります。もし、上達して自分の衣装が欲しいと思うようになったら、上下が揃った衣装を買うと良いと思います。

フラメンコをやる際は、大きめのイヤリングをつけるなどの目立つアクセサリーを付けると、より見栄えが良くなるのでおススメです。

まとめ

「フラメンコを習おう」と決意が固まったら、まずは靴(サパトス)から揃えるようにしましょう。そして練習にも慣れて来たらフラメンコ衣装(ファルダ)を購入するようにしましょう。自分にあった靴、お気に入りの衣装があれば、楽しく踊れること間違いなしです!

本記事は、2016年12月4日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


「フラメンコ」の講座・レッスン

  1. TOP
  2. 習い事で毎日を楽しくマガジンTOP
  3. フラメンコ
  4. ボルダリングに必要不可欠なトレーニングと筋トレのメソッドを公開