バレエ公演を愉しむのは音楽から!バレエの歴史と有名曲を知ろう

バレエ公演を愉しむのは音楽から!バレエの歴史と有名曲を知ろう

バレエは、ルネッサンス期のイタリア発祥の伝統ある舞台芸術です。バレエ公演を観る時は、いくつかの代表曲と歴史を知っておくと世界が広がります!もっとバレエ公演を楽しむために、おすすめの豆知識をお届けします!


ヨーロッパ貴族に愛されたバレエ

ルネッサンス期のイタリアで始まったバロ(Ballo)は、貴族たちが地面に円を描いていく遊びでした。そこから合唱の振り付けになり、宮廷貴族の間で楽しまれるようになりました。特に、ルイ14世はバレエが大好きなことで有名で、自ら舞台に出演し、王立舞踏アカデミーまで作ってしまうという、ものすごい熱の入れようでした。

今現在「バレエ」と聞いて連想されるような、ふわふわの衣装と爪先立ちが特徴のバレエは、フランスで発展したロマンティック・バレエが基礎になっており、その後ロシアに伝わってストーリー性のあるクラシック・バレエが完成しました。フランスで発展したため、バレエ用語はほぼフランス語の単語です。

20世紀初頭には、モダン・バレエという独創的なバレエを始める舞踏家が現れました。現在鑑賞できるのは、クラシック・バレエと、モダン・バレエがメインです。バレエは、無言で踊るので、必ずバックミュージックがかかります。バレエのために作曲されたクラシック音楽は、いくつかの代表作が残っており、今でもよく踊られる演目として有名です。

有名作品1:くるみ割り人形

くるみ割り人形は、一番有名といっても過言ではないほどよく踊られる作品です。チャイコフスキー作曲の三大バレエ音楽(あとの二つは「白鳥の湖」と「眠れる森の美女」)の一つです。ストーリーは知らなくても、イントロを聴けば知っているという人も多いでしょう。

クリスマスの夜のファンタジックな世界が人々を魅了してきました。くるみ割り人形をクリスマスの夜にプレゼントされた主人公は、くるみ割り人形(実はお菓子の国の王子)にお菓子の国へ連れて行ってもらいます。様々な人物による舞踏(スペインの踊り、アラビアの踊り、中国の踊りなど)でもてなされる主人公。それぞれ全く曲想の異なった曲であるため、一節だけを発表会で上演することもあります。きらびやかで豪華な演出が特徴です。

日本ではアレンジが加わったバージョンも存在し、バレエ団ごとに味付けが施された独自の「くるみ割り人形」を楽しめます。

有名作品2:海賊

アドルフ・アダン作曲のバレエ音楽「海賊」は、少し特殊な楽曲です。1858年にマリウス・プティバによって上演された時に、チェザーレ・プーニが数曲を追加し、アレンジしました。その後いくつかの曲が追加され、今に至ります。

海賊はギリシャに面するイオニア海を舞台にした、難破した海賊の首領コンラッドと、ギリシャの娘メドゥーラとの恋物語です。途中、いくつもの試練が二人に降りかかりますが、一番の見所は難破船のシーンです。大波に飲まれて船が難破するところは、思わず見入ってしまうほどの迫力があります。音楽は、海を舞台にした壮大な曲想です。冒険とロマンが好き!という人には是非一度観ていただきたい作品です。

まとめ

バレエ音楽は、普段の生活にもそれとなく流れていることがあります。ステップを踏みやすいリズムのある曲が多いので、聴いているだけでも踊りたくなってきます。ご紹介した以外にも、有名曲は多数あります。バレエを鑑賞する前には、公演される曲の大まかなストーリーと、上演作が全体の一節だけの場合は、前後とのつながりを前もって予習しておきましょう!

本記事は2016年08月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもとに安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

関連する投稿


初心者の大人でも参加できるバレエ教室の魅力!

初心者の大人でも参加できるバレエ教室の魅力!

近年では、美容や健康ブームの影響もあり、大人になってからバレエを始める方が増えてきました。運動神経に自信がない方や初心者でも安心して通えるバレエ教室にはどのような場所があるのでしょうか。気になる選び方とともに、早速見ていきましょう。


バレエコンクール、発表会に出る際の注意点

バレエコンクール、発表会に出る際の注意点

教室によって異なりますが、バレエの発表会は1年または2年に1度行う教室が多いようです。一方で、その教室を飛び出してバレエ団のオーディションを目指す方もいらっしゃいます。ここでは、バレエの発表会とオーディションの相違点、気を付けなければならない点をお伝えします。


意外と知らない?バレエの衣装「レオタード」と「トップス」の違いについて知ろう !

意外と知らない?バレエの衣装「レオタード」と「トップス」の違いについて知ろう !

バレエのレッスンに欠かせないのが、「レオタード」です。様々な形があり、女性にとって憧れの衣装とも言われています。幼い頃、漫画を読んで憧れた経験を持つ方もいるのではないでしょうか。ここでは、バレエの衣装について解説します。キッズ向けのバレエ衣装に関してもご紹介いたします。


バレエボーイズが流行?増えつつある男性バレエダンサーとは

バレエボーイズが流行?増えつつある男性バレエダンサーとは

バレエといえば、女性の習い事というイメージが強い傾向にあります。ところが、海外のバレエ公演には、必ずと言っていいほど男性のバレエダンサー(バレエボーイ)が出演しています。高い跳躍力、筋肉の美しさといった強い踊りが特徴です。


バレエの基礎とも言えるストレッチについて学ぼう!

バレエの基礎とも言えるストレッチについて学ぼう!

ストレッチには、大きく分けて静的ストレッチと動的ストレッチの2種類があります。静的ストレッチには筋肉をほぐして緩ませる効果があり、動的ストレッチは筋肉を温めて関節の可動域を柔軟にする効果が期待できます。 最近では「準備運動に静的ストレッチを行うと、けがの恐れがある」説もあるようですが、球技や陸上のような競技とは違い、バレエの前に行うには静的ストレッチも動的ストレッチも有効な準備運動と言えるのです。


最新の投稿


中国人とのコミュニケーションで覚えておきたいタブー!Vol.2『食事』

中国人とのコミュニケーションで覚えておきたいタブー!Vol.2『食事』

中国人にとって食事というのは、コミュニケーションにおける重要なツールです。これはビジネスだけではなく、友人関係でもとても大切な場となります。 今回は中国で食事をする時に覚えておくといい習慣とマナーをご紹介しましょう。


タロットは直観力を磨き、潜在力を引き出す強力なツールです。

タロットは直観力を磨き、潜在力を引き出す強力なツールです。

将棋や囲碁では、プロの棋士とAIとの対戦が話題になり、企業のAI導入計画聞くことも多くなりました。一気にAI(人工知能)は身近な存在になってきた感があります。AIが普及するにつれ、ますます人間固有の働きが求められるようになり、直観力・創造力をいかに発揮していくかが鍵になります。皆さんは備えができていますか。視覚言語であるタロットは、私たちの右脳を刺激し、これからの時代に最も必要とされる力をつける無限の可能性を持っています。長い歴史を持つタロットは、これからもインスピレーションの宝庫であり続けるでしょう。さまざまな分野で活躍する人のもう一つの顔がタロット愛好家ということはよくあることなのです。


俳優・女優として初舞台で気をつける5か条

俳優・女優として初舞台で気をつける5か条

今回は、舞台役者として活動したい方々に! 公演中に出来るだけ円滑に物事が運べるように、初舞台を踏む皆さんや舞台を経験してみたい皆さんに向けて本番間近の、劇場にいる時のアドバイスです!


結婚式で参考にしたい演出Vol.3「挙式後の〇〇シャワー」

結婚式で参考にしたい演出Vol.3「挙式後の〇〇シャワー」

今回ご紹介するのは、挙式の後の演出についてご紹介させていただきたいと思います。一番ポピュラーな演出は「フラワーシャワー」ですが、実は他にも色々な拘りの演出がありますので、参考にしてみてください。写真イメージ:竿田(さおだ)ご夫妻


話す声、歌う声の上達方法『vol.3正しい呼吸法』

話す声、歌う声の上達方法『vol.3正しい呼吸法』

今回は、正しい腹式呼吸法についての記事を書いていきたいと思います。