バレエコンクール、発表会に出る際の注意点

バレエコンクール、発表会に出る際の注意点

教室によって異なりますが、バレエの発表会は1年または2年に1度行う教室が多いようです。一方で、その教室を飛び出してバレエ団のオーディションを目指す方もいらっしゃいます。ここでは、バレエの発表会とオーディションの相違点、気を付けなければならない点をお伝えします。


発表会ってどんなことをするの ?

発表会は、バレエ全幕、全幕物の一幕、全幕中の一部分の踊り、創作バレエなどを人前で踊ります。この日のために生徒さんは練習を積んできたので、配役は気になる所ですね。実力に合わせて先生が割り振ってくださるので、自分の役に全力で取り組みましょう。

発表会の練習は約半年前から始まることが多いです。普段の練習では味わえない経験をたくさんします。衣装合わせや照明合わせ、本番で使用する広い舞台で踊ること、そして本番と同じ緊張感で、全く同じことを通して行うゲネプロなど。真剣で緊張感があると同時に、非日常のワクワク感があります。

中には練習時間が取れないという方もいらっしゃるでしょう。でも一度役をいただいたら、先生や周りの期待を裏切らないためにも、できる限り調整してくださいね!

発表会の費用っていくらくらいかかるの?

バレエの発表会の費用は高額で、1人10万円くらいかかってしまいます。音響や照明、舞台監督など、様々なスタッフの人件費や施設使用料、衣装やメイクアップ用品など様々な経費がかさみます。

スタッフは教室の仲間などを調達したりして経費削減に取り組んでいますが、広いホールなどを借りる場合は限界があるようです。もし姉妹で発表会に出演となれば、相当の出費を覚悟しなければならないのでご注意を!

オーディションは、プロのバレエダンサーに近づく第一歩

発表会は、あくまで日頃の練習の成果を試す場です。一方、オーディションやコンクールは高い実力がある方が本格的なバレエ団の門を叩くときの入学試験だったり、舞台に立つための試験だったり、自分の実力を世界にアピールする場だったりします。

オーディションには、実力の他に様々な条件が設けられていることがあります。20歳以下、バレエ歴3年以上、身長160センチメートル以上などで、本当に狭き門です。小さい頃からバレリーナを目指して練習してきたなら別ですが、一般的な稽古でバレエを習っている方にはオーディションはハードルが高いかもしれません。

発表会でもオーディションでもメイクとヘアメイクの基本は一緒!

初心者がバレエメイクをした後、自分の顔を見たらぎょっとするかもしれません。まゆげやアイラインがいつもより長くはっきりしていますし、ノーズシャドウやアイシャドウ、チークもいつもよりくっきり入っています。そう、全体的にすごく大げさで濃いのです!

でもこれくらい大げさなメイクをしないと、遠目で見るステージ上では映えません。ステージメイクだと割り切りましょう。バレエの髪型は、シニヨンヘアが基本です。ポニーテールからヘアーネットでまとめ髪にする方法で、最初は難しいですが何度もやっている内に上手になってきます。心配ありません。

バレエのメイクアップ方法やヘアメイクのコツを友達同士で情報交換したり、お気に入りのメイクアップ製品やヘアメイク製品をプレゼントしあったりすると良いかもしれません。上手になりますし、仲間意識も芽生えます。

まとめ

プロも初心者も「舞台で踊って人に見てもらう」ということに変わりはありません。舞台に立つと、技術的にも精神的にも課題が見えてくることがあります。それらを乗り越えてさらに素敵なバレエダンサーを目指してください!応援しています!

本記事は2016年08月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもとに安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

関連する投稿


バレエ公演を愉しむのは音楽から!バレエの歴史と有名曲を知ろう

バレエ公演を愉しむのは音楽から!バレエの歴史と有名曲を知ろう

バレエは、ルネッサンス期のイタリア発祥の伝統ある舞台芸術です。バレエ公演を観る時は、いくつかの代表曲と歴史を知っておくと世界が広がります!もっとバレエ公演を楽しむために、おすすめの豆知識をお届けします!


初心者の大人でも参加できるバレエ教室の魅力!

初心者の大人でも参加できるバレエ教室の魅力!

近年では、美容や健康ブームの影響もあり、大人になってからバレエを始める方が増えてきました。運動神経に自信がない方や初心者でも安心して通えるバレエ教室にはどのような場所があるのでしょうか。気になる選び方とともに、早速見ていきましょう。


意外と知らない?バレエの衣装「レオタード」と「トップス」の違いについて知ろう !

意外と知らない?バレエの衣装「レオタード」と「トップス」の違いについて知ろう !

バレエのレッスンに欠かせないのが、「レオタード」です。様々な形があり、女性にとって憧れの衣装とも言われています。幼い頃、漫画を読んで憧れた経験を持つ方もいるのではないでしょうか。ここでは、バレエの衣装について解説します。キッズ向けのバレエ衣装に関してもご紹介いたします。


バレエボーイズが流行?増えつつある男性バレエダンサーとは

バレエボーイズが流行?増えつつある男性バレエダンサーとは

バレエといえば、女性の習い事というイメージが強い傾向にあります。ところが、海外のバレエ公演には、必ずと言っていいほど男性のバレエダンサー(バレエボーイ)が出演しています。高い跳躍力、筋肉の美しさといった強い踊りが特徴です。


バレエの基礎とも言えるストレッチについて学ぼう!

バレエの基礎とも言えるストレッチについて学ぼう!

ストレッチには、大きく分けて静的ストレッチと動的ストレッチの2種類があります。静的ストレッチには筋肉をほぐして緩ませる効果があり、動的ストレッチは筋肉を温めて関節の可動域を柔軟にする効果が期待できます。 最近では「準備運動に静的ストレッチを行うと、けがの恐れがある」説もあるようですが、球技や陸上のような競技とは違い、バレエの前に行うには静的ストレッチも動的ストレッチも有効な準備運動と言えるのです。


最新の投稿


今話題のカジノ、実際カジノってなんなの? “カジノ流儀 vol.1”

今話題のカジノ、実際カジノってなんなの? “カジノ流儀 vol.1”

最近なにかと話題のカジノ。テレビや雑誌などのメディアで多く見かけるようになりましたが、実際カジノって何なのか?と疑問に思ってる方もいらっしゃると思います。2016年12月にカジノにまつわる法案が可決し、日本にもカジノがやってくるのが現実味を帯びてきましたね!今回はそんな話題のカジノの記事を紹介します。


タロットで、迷う人生から決められる人生へ。

タロットで、迷う人生から決められる人生へ。

誰でも、ネットを開けば、手軽に情報が得られる時代です。クリック一つで、自分が求める情報を得、クリック一つで消すことができます。気晴らしにネットサーフィンをすることもできます。いつでもどこでもできるので、とても便利です。でも、玉石混交のさまざまな情報がどんどん得られるので、情報過多で、迷路に迷い込んでしまうこともあるでしょう。便利な時代になるほど、安易に煽られない自分、本当に必要な情報を選択できる自分を作ることが、とても重要になってきます。そのために、自分を見つめる静かな時間を持ちましょう。瞑想、坐禅、内観もあります。また、古来からの象徴体系を受け継ぐタロットも、優れた方法の一つです。


なぜ武道の姿勢は疲れずに集中力を高める事に役立つのか??

なぜ武道の姿勢は疲れずに集中力を高める事に役立つのか??

昔から武道・武術をやっている人は姿勢がいいと言われます。これは単に礼儀作法の一環だけでなく、生死をかけて勝負に挑んできた武道家たちが辿り着いた境地ともいえるでしょう。そこには無駄なく、機能性の高い姿勢を求めてきた結果が集約されています。どういう姿勢を重視しているのか、その一部をご紹介します。


バイオリンは幼児(子供)の脳に良い効果を与えるって本当?

バイオリンは幼児(子供)の脳に良い効果を与えるって本当?

子供の脳に良い影響をもたらすと科学的に立証されている楽器がバイオリンです。小さい子供がいる家庭の場合、習い事を考えている方は多いのではないでしょうか? 小さい頃から脳の発達を活性化させることで、将来どのような大人になるのかが変わってきます。ここでは、「バイオリンが子供の脳へどのような効果・影響をもたらすのか」や「習わせるタイミング」について見ていきましょう。


ドラム教室(レッスン)に習いたい人に伝える初めての教室選び

ドラム教室(レッスン)に習いたい人に伝える初めての教室選び

今や、便利なネット時代。独学でドラムを勉強しようと検索すれば、様々な動画などが出てきます。 でも、「ドラムの楽譜の読み方がちんぷんかんぷん」「自分に合ったスティックの握り方が分からない」などと、独学では自分自身ではなかなか解決できない疑問がわんさか溢れてくることが多いですよね。しかも、変な打ち方のクセがついてしまうことも。 そんな時は、思い切ってドラム教室のドアを叩いてみましょう! ドラム教室は、ドラム初心者の強い味方になってくれます。ここでは、ドラム初心者のための教室の選び方についてお伝えします。