1. インナーマッスルを鍛えて内臓脂肪を減らしたい貴方にオススメしたいこと3選
bellydance_20

インナーマッスルを鍛えて内臓脂肪を減らしたい貴方にオススメしたいこと3選

bellydance_20

一見太ってないように見える方でも意外と内臓脂肪が蓄積してメタボリックシンドローム予備群と診断されたりします。実は内臓脂肪は皮下脂肪より落としやすいと言われています。ここでは内臓脂肪を解消するために、効果的なダイエット方法3つをご紹介します。

基本は有酸素運動と筋肉運動

内臓脂肪とは腹部の内臓の周りにある脂肪で、普通手でつまめる部分は皮下脂肪です。実はどちらが問題になるかというと、皮下脂肪より内臓脂肪なのです。よく言われているのが内臓脂肪の蓄積が生活習慣病を招くという事実です。おそらく内臓脂肪が多いと診断されると医療機関から有酸素運動と筋肉運動、食事療法を勧められます。

例えば有酸素運動とは、ウォーキング、アクアサイズ、軽めのジョギング、エアロバイクなどです。設備が整った場所に行かないとできない場合は、手軽にできるウォーキング等もお勧めです。1日の中で10分程度のウォーキングを数回繰り返すだけでもかまいません。

また基礎代謝を上げるとエネルギー量もそれだけ消費できるので、簡単な筋肉運動も効果があります。本格的にバーベルを上げるという事でなく、テレビを見ながらの「ながら」運動でかまいません。軽めの腹筋・背筋運動やダンベル運動などです。また最近は有酸素運動と筋肉運動を合体させたサーキットトレーニング等もあります。要は少しずつ、毎日続ける事です。

食生活を見直してみる

内臓脂肪を減らすには、規則正しい食生活に戻す事です。そしてその中で難しいのが「腹八分目」にするということです。内臓脂肪がついてしまった多くの原因は食べ過ぎや高脂肪といった食事などが要因です。女性は比較的男性より内臓脂肪がつきにくいと言われていますが、例えば高脂肪のケーキやお菓子等もカロリーが高いのです。ストレス解消のために、コンビニで大量のお菓子を買い込んで食べてしまう事が内臓脂肪につながります。

このような内臓脂肪を減らすには食生活を規則正しくすれば徐々に落ちて行きます。9時以降は食事をしない、天ぷらフライ、トンカツなどの油ものは2週間に1度程度にして、普段は和食を中心とした青魚やキノコ・小鉢・汁物などを活用します。海藻類、キノコ類、野菜類を積極的に摂り、油をあまり使わず煮る・焼くといった調理法を心がけると良いでしょう。最近はダイエットを助けるサプリメント等も多く出ていますが、何より重要なのはストレスを溜めないこと。溜めればドカ食い・やけ食いにつながります。適度にご褒美を与えつつ、食事をコントロールしてください。

ベリーダンスで内臓脂肪を減らす !

ベリーダンスのベリーはお腹という意味です。お腹を中心に腰を動かしてインナーマッスルを刺激します。踊る事でインナーマッスルが鍛えられて、気になる腰やお腹周りが引き締まります。ベリーダンスは激しい動きや緩やかな動きを組み合わせて行うので非常に運動効果が高く、特に有酸素運動として脂肪を効率よく燃焼させます。その意味からも内臓脂肪を減らすためには非常に効果的なエクササイズだと言えます。

ベリーダンスの動きの中で、お腹を出したり引っ込めたりする動作があります。これを繰り返すとお腹周りの内臓や腸の動きが活発になり、内臓の調子が整うことによって便秘解消や肌荒れ解消といった美容効果もアップします。そして何より内臓脂肪も減らす事ができるのです。お腹中心のダンスですから、お腹周り中心に鍛えることでウエストにくびれができて、理想的なウエストラインを目指すことができます。気がついたらウエストが引き締まって、同時に内臓脂肪も減っているという理想的なダイエット方法です。内臓脂肪も減らしながら、女性的な美しい体のラインも同時に目指すことが可能です。

気がついたら内臓脂肪が増えていたという方がいらっしゃると思います。男性と違って甘いものだけで内臓脂肪が増えるの?と疑問に思われるかもしれませんが、実は女性はそのパターンが多いのです。色々な方法がありますが、できれば内臓脂肪を減らしながら女性らしいラインも作れるエクササイズを取り入れたいものですね!その中でも、ベリーダンスは運動効果の高い有酸素運動で、内臓脂肪を燃やすのに最適。是非お試しくださいね!

本記事は、2015年9月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


「ベリーダンス」の講座・レッスン

  1. TOP
  2. 習い事で毎日を楽しくマガジンTOP
  3. ベリーダンス
  4. 正しいミックスボイスの出し方と効率良い練習方法9選!