インナーマッスルを鍛えて内臓脂肪を減らしたい貴方にオススメしたいこと3選

インナーマッスルを鍛えて内臓脂肪を減らしたい貴方にオススメしたいこと3選

一見太ってないように見える方でも意外と内臓脂肪が蓄積してメタボリックシンドローム予備群と診断されたりします。実は内臓脂肪は皮下脂肪より落としやすいと言われています。ここでは内臓脂肪を解消するために、効果的なダイエット方法3つをご紹介します。


基本は有酸素運動と筋肉運動

内臓脂肪とは腹部の内臓の周りにある脂肪で、普通手でつまめる部分は皮下脂肪です。実はどちらが問題になるかというと、皮下脂肪より内臓脂肪なのです。よく言われているのが内臓脂肪の蓄積が生活習慣病を招くという事実です。おそらく内臓脂肪が多いと診断されると医療機関から有酸素運動と筋肉運動、食事療法を勧められます。

例えば有酸素運動とは、ウォーキング、アクアサイズ、軽めのジョギング、エアロバイクなどです。設備が整った場所に行かないとできない場合は、手軽にできるウォーキング等もお勧めです。1日の中で10分程度のウォーキングを数回繰り返すだけでもかまいません。

また基礎代謝を上げるとエネルギー量もそれだけ消費できるので、簡単な筋肉運動も効果があります。本格的にバーベルを上げるという事でなく、テレビを見ながらの「ながら」運動でかまいません。軽めの腹筋・背筋運動やダンベル運動などです。また最近は有酸素運動と筋肉運動を合体させたサーキットトレーニング等もあります。要は少しずつ、毎日続ける事です。

食生活を見直してみる

内臓脂肪を減らすには、規則正しい食生活に戻す事です。そしてその中で難しいのが「腹八分目」にするということです。内臓脂肪がついてしまった多くの原因は食べ過ぎや高脂肪といった食事などが要因です。女性は比較的男性より内臓脂肪がつきにくいと言われていますが、例えば高脂肪のケーキやお菓子等もカロリーが高いのです。ストレス解消のために、コンビニで大量のお菓子を買い込んで食べてしまう事が内臓脂肪につながります。

このような内臓脂肪を減らすには食生活を規則正しくすれば徐々に落ちて行きます。9時以降は食事をしない、天ぷらフライ、トンカツなどの油ものは2週間に1度程度にして、普段は和食を中心とした青魚やキノコ・小鉢・汁物などを活用します。海藻類、キノコ類、野菜類を積極的に摂り、油をあまり使わず煮る・焼くといった調理法を心がけると良いでしょう。最近はダイエットを助けるサプリメント等も多く出ていますが、何より重要なのはストレスを溜めないこと。溜めればドカ食い・やけ食いにつながります。適度にご褒美を与えつつ、食事をコントロールしてください。

ベリーダンスで内臓脂肪を減らす !

ベリーダンスのベリーはお腹という意味です。お腹を中心に腰を動かしてインナーマッスルを刺激します。踊る事でインナーマッスルが鍛えられて、気になる腰やお腹周りが引き締まります。ベリーダンスは激しい動きや緩やかな動きを組み合わせて行うので非常に運動効果が高く、特に有酸素運動として脂肪を効率よく燃焼させます。その意味からも内臓脂肪を減らすためには非常に効果的なエクササイズだと言えます。

ベリーダンスの動きの中で、お腹を出したり引っ込めたりする動作があります。これを繰り返すとお腹周りの内臓や腸の動きが活発になり、内臓の調子が整うことによって便秘解消や肌荒れ解消といった美容効果もアップします。そして何より内臓脂肪も減らす事ができるのです。お腹中心のダンスですから、お腹周り中心に鍛えることでウエストにくびれができて、理想的なウエストラインを目指すことができます。気がついたらウエストが引き締まって、同時に内臓脂肪も減っているという理想的なダイエット方法です。内臓脂肪も減らしながら、女性的な美しい体のラインも同時に目指すことが可能です。

気がついたら内臓脂肪が増えていたという方がいらっしゃると思います。男性と違って甘いものだけで内臓脂肪が増えるの?と疑問に思われるかもしれませんが、実は女性はそのパターンが多いのです。色々な方法がありますが、できれば内臓脂肪を減らしながら女性らしいラインも作れるエクササイズを取り入れたいものですね!その中でも、ベリーダンスは運動効果の高い有酸素運動で、内臓脂肪を燃やすのに最適。是非お試しくださいね!

本記事は2015年09月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもとに安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

関連する投稿


ダンサーに学ぶバストアップ術をベリーダンス教室で学ぼう!

ダンサーに学ぶバストアップ術をベリーダンス教室で学ぼう!

ダンサーさんにはスタイルが良い人が多いですが、スタイルを良くしたいならベリーダンスが効果的です。なぜならベリーダンスの独特な動きにはバストアップ効果を期待できるからです。そこで、バストアップに効果的なベリーダンスの動きや筋トレ法を紹介します。ベリーダンスを学んで、バストアップやヒップアップを実現させましょう。


脱リバウンド!ベリーダンスで痩せる為に知っておきたい4つのこと

脱リバウンド!ベリーダンスで痩せる為に知っておきたい4つのこと

日本におけるベリーダンスは、ダイエットエクササイズの一つとして捉えられています。身体全体を大きく使い、女性らしい妖艶な動きも多く取りこまれているため、理想のボディが手に入ると考えられているのです。ベリーダンスでリバウンドもなく綺麗なボディラインを手に入れるための秘訣をいくつかお教えします!


ベリーダンス上達に向けてオススメなこと3選!

ベリーダンス上達に向けてオススメなこと3選!

ベリーダンスを始めてしばらく経つけど、なかなか上のクラスへ行けない。なかなか上達しないと悩んでいる方は多いと思います。どうしたら良いのか悩んだなら再度、基本的なことを確認してみてはどうでしょう。基本の動作にこそ、上達へのヒントが隠れているかもしれませんよ。


練習中でも美しく!流行にとらわれないオススメ衣装やコーディネイトを考えてみよう

練習中でも美しく!流行にとらわれないオススメ衣装やコーディネイトを考えてみよう

ベリーダンスの魅力はその独特の動きにもありますが、何より1番魅力的なのは豪華で美しい衣装ではないでしょうか。こではレッスン時のウエアにどんな物を着たらいいのか、伝統衣装だけに囚われず現代風にアレンジしたコスチュームなど様々な衣装をご紹介します。


ベリーダンス初心者が知っておくべき、その歴史とジャンルとは?

ベリーダンス初心者が知っておくべき、その歴史とジャンルとは?

女性の魅力を引き出す踊り、ベリーダンス。ベリーダンスは、世界で一番古い踊りだという説もあるくらい歴史があり、長い間女性を虜にしてきました。それもそのはず。ベリーダンスは、女性である喜びに浸らせてくれる踊りだからです。今では、世界中で沢山の人が楽しんで踊っています。そうなるまでに、ベリーダンスはどこで生まれ、どんな歴史を辿ってきたのでしょうか?


最新の投稿


【カジノゲーム】ブラックジャックとは?“カジノ流儀vol.2”

【カジノゲーム】ブラックジャックとは?“カジノ流儀vol.2”

世界中のカジノで楽しまれているトランプゲームの一つ〈ブラックジャック〉 聞いたことはある方もいらっしゃるかと思います。カジノゲームっていうと難しそうだとか全くわからないという方もいらっしゃると思いますが、ルールは意外と簡単なんです!ギャンブルが好きな方もそうでない方も楽しめるゲーム、ブラックジャックについて今回は記事を書かせていただきます。


バイオリンの絃は何種類?またそれらのメンテナンス方法とは

バイオリンの絃は何種類?またそれらのメンテナンス方法とは

バイオリンを練習していると、どのように弓の毛や絃などを替えていけばいいのか不安になってしまいますよね。楽器を演奏するうえで、定期的なメンテナンスは基礎練習以上に欠かせません。 そこで、ここでは「絃の種類や替え方」、「おすすめの素材」について詳しくご説明します。これからバイオリンを始めようと思っている方や、バイオリン初心者の方は必見です!


今話題のカジノ、実際カジノってなんなの? “カジノ流儀 vol.1”

今話題のカジノ、実際カジノってなんなの? “カジノ流儀 vol.1”

最近なにかと話題のカジノ。テレビや雑誌などのメディアで多く見かけるようになりましたが、実際カジノって何なのか?と疑問に思ってる方もいらっしゃると思います。2016年12月にカジノにまつわる法案が可決し、日本にもカジノがやってくるのが現実味を帯びてきましたね!今回はそんな話題のカジノの記事を紹介します。


タロットで、迷う人生から決められる人生へ。

タロットで、迷う人生から決められる人生へ。

誰でも、ネットを開けば、手軽に情報が得られる時代です。クリック一つで、自分が求める情報を得、クリック一つで消すことができます。気晴らしにネットサーフィンをすることもできます。いつでもどこでもできるので、とても便利です。でも、玉石混交のさまざまな情報がどんどん得られるので、情報過多で、迷路に迷い込んでしまうこともあるでしょう。便利な時代になるほど、安易に煽られない自分、本当に必要な情報を選択できる自分を作ることが、とても重要になってきます。そのために、自分を見つめる静かな時間を持ちましょう。瞑想、坐禅、内観もあります。また、古来からの象徴体系を受け継ぐタロットも、優れた方法の一つです。


なぜ武道の姿勢は疲れずに集中力を高める事に役立つのか??

なぜ武道の姿勢は疲れずに集中力を高める事に役立つのか??

昔から武道・武術をやっている人は姿勢がいいと言われます。これは単に礼儀作法の一環だけでなく、生死をかけて勝負に挑んできた武道家たちが辿り着いた境地ともいえるでしょう。そこには無駄なく、機能性の高い姿勢を求めてきた結果が集約されています。どういう姿勢を重視しているのか、その一部をご紹介します。