小さい動きで大きな力を出すコツとは

小さい動きで大きな力を出すコツとは

武道には古来「小よく大を制する」という言葉があります。これは体格が小さい人であっても大柄な人を制することができるようになるというものです。それでは実際にどうしたらいいのでしょうか? 単なる理想論ではなく、実際の身体の使い方を工夫することで可能になります。


大きな筋肉を使う

空手では突き・蹴りを多用します。突きだったら腕の筋肉、蹴りだったら脚の筋肉がメインで使われると思われますが、これは「パーツ」を使うにすぎません。腕の筋肉は身体全体からすれば小さいですよね。大きな力を出そうと思ったら腕を太くするという発想になると思います。しかし筋肉を必要以上に大きくしてしまったらスピードが遅くなります。
また、筋肉が大きければ有利ならば「小よく大を制する」には程遠くなってしまいます。

そこで大きな筋肉を使うことが重要です。「突きは背中から」という言い方をすることもありますが、背中(背筋)は身体の中心にあり、しかも大きな筋肉です。そこを起点として力を伝えることができればスピードを落とさずに大きな力を伝える事が可能となります。

パーツではなく、全体の力を使うことが武術としての力の出し方です。

外側ではなく、内側の筋肉を活用する

突き同様に蹴りでも同じ事が言えます。太ももの筋肉はある程度必要ですが、過剰に太くしてしまったらスピードが落ちますし、動きの初めが大きくなります。この「動き初め」をいかに最小にするかがポイントです。武道では「予備動作を無くす」という言い方をしますが、蹴るという動作を相手に分からないようにスタートを切るというものです。

そのためには内側の筋肉(インナーマッスル)を使うと効果的です。蹴る時にはお腹の内側にある「大腰筋」というインナーマッスルを活用します。イメージでいうと、お腹の内側にゴムがあって、そのゴムを引っ張るように脚を挙げると予備動作を最小にして蹴りにつなげることが可能です。

内側の筋肉はイメージすることで使えてきます。
古来より「達人」と言われる人達は小柄な人が多いとされます。そういう人達が大きな力を生んでいるのはこのような身体操作が行われていると考えられます。

さらに深めていけば、呼吸や気の修練などもありますが、筋肉の使い方でいえば、上半身よりも下半身、前面よりも背面、外側よりも内側、と表すことができます。

まとめ

武術と近代スポーツの間には身体の使い方について相違があります。これは東洋と西洋の操作の違いとも言えます。空手はスポーツではなく、武術的な身体の使い方を学んでいきますが、学校で習う体育や通常のスポーツとは違ったアプローチです。
その辺りも考えながら取り組んでいけば、もっと空手の面白さも理解していただけると思います。

本記事は2019年08月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもとに安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

関連する投稿


空手の型における身体の使い方とは??

空手の型における身体の使い方とは??

空手と言って何をイメージしますか? お互いに技を出し合う「組手」、板や瓦を割る「試し割り」などあると思いますが、「型」演武をイメージする方は多いかと思います。でも型って何のためにやるの? どういう動きなの?と初心者の方は疑問もあるかと思います。


武術的な背骨の活用法について

武術的な背骨の活用法について

動きの質を高めるため体幹を鍛えたり、柔軟性を高めたりする練習は一般的です。更に繊細に身体を使っていく際に背骨の動きを活用するという方法もあります。単にストレッチ的に背骨を動かすのではなく、目的によって技術を使い分けます。そんな側面をご紹介いたします。


ボディーワークとしての武術空手の有効性

ボディーワークとしての武術空手の有効性

ボディーワークには大きく西洋型と東洋型に分かれます。西洋型ではアレクサンダーテクニークやロルフィングなどが有名ですが、東洋型では武術をベースとしたものが注目されています。そもそもボディーワークは身体を効率よく使う、とか、身体のバランスを整えるという技術の総称で、セラピストが使う施術の現場で活用されることが多かったですが、今ではスポーツ、バレエ、声楽など様々なジャンルでも使われています。


お尻を鍛えたいあなたに役立つ空手の蹴りとは?

お尻を鍛えたいあなたに役立つ空手の蹴りとは?

空手の蹴りには様々な種類があります。前回はお腹を引っ込めたい方に横蹴りをご紹介しました。今回は「お尻」を引き締めたい方にオススメの「後ろ蹴り」をご紹介します。


お腹を引っ込めたいあなたに役立つ空手の蹴りとは?

お腹を引っ込めたいあなたに役立つ空手の蹴りとは?

空手の蹴りには様々な種類があります。特にお腹を引っ込めたいと思っているあなたにオススメの蹴りをご紹介します。家でも簡単に実践できますよ!


最新の投稿


化粧水の重要性とは?

化粧水の重要性とは?

最近、空気が乾燥してきて気になるお悩みのひとつに 「化粧水が肌に入りにくい」 というお悩みがあります。 なぜ、「化粧水が肌に入りにくい」状態になるのかを、個人的な表現でお伝えさせて頂きますね★


小さなサロンの輝かせ方 vol.15 ~運営編~ リピート客の来店頻度を高めるには

小さなサロンの輝かせ方 vol.15 ~運営編~ リピート客の来店頻度を高めるには

こんにちは。吉祥寺でリラクゼーションサロンとスクールを運営しているfroの田本と申します。 最近リラクゼーション業界では、自宅やマンションの一室を改装した小さなサロンが人気を博しています。開業にかかる費用も少なく、技術があればそれなりにやっていくことができるので、新規出店をする人も増加の一途をたどっています。 でも、ちょっと待ってください。どうせやるなら、お客様に本当の満足と感動を与えられて、なおかつ自分で納得とやりがいを実感できるサロンを運営できた方が良いと思いませんか。 ここでは、そんなしっかりとした思いを持った方のために、キラリと光るサロン作りのヒントを与えられればと考えています。


小さなサロンの輝かせ方 vol.14 ~運営編~ 新規客を獲得するためには

小さなサロンの輝かせ方 vol.14 ~運営編~ 新規客を獲得するためには

こんにちは。吉祥寺でリラクゼーションサロンとスクールを運営しているfroの田本と申します。 最近リラクゼーション業界では、自宅やマンションの一室を改装した小さなサロンが人気を博しています。開業にかかる費用も少なく、技術があればそれなりにやっていくことができるので、新規出店をする人も増加の一途をたどっています。 でも、ちょっと待ってください。どうせやるなら、お客様に本当の満足と感動を与えられて、なおかつ自分で納得とやりがいを実感できるサロンを運営できた方が良いと思いませんか。 ここでは、そんなしっかりとした思いを持った方のために、キラリと光るサロン作りのヒントを与えられればと考えています。


書を世界に…VOL.4「書作品創作のヒント」とは…

書を世界に…VOL.4「書作品創作のヒント」とは…

書の「楽しさ」や「素晴らしさ」を伝える海外ツアーの中で、その国、その土地の文化や建築物、そして人柄などを知ることで自らの作品創作の大きなヒントを得ています。自身のプラスになることも数多くあります。


女性が憧れる小顔へ導く「小顔リンパドレナージュ」☆トリートメント ミニレッスン

女性が憧れる小顔へ導く「小顔リンパドレナージュ」☆トリートメント ミニレッスン

リンパドレナージュとは、どんなことをするのか?そもそも「リンパ」ってなに? そんな疑問にお応えして、初めての方でもわかりやすくリンパドレナージュについてお伝えします。さらに今回は顔に注目して「小顔リンパドレナージュ」のポイントをミニレッスンで紹介していきます。