1. 福祉の仕事に就きたい方の必須知識!介護職員初任者研修とホームヘルパー2級の違いとは?
care_01

福祉の仕事に就きたい方の必須知識!介護職員初任者研修とホームヘルパー2級の違いとは?

care_01

介護の現場では取得が不可欠だった「ホームヘルパー2級」の資格。今では改称され資格の位置付けや性質も変わりました。この改称と資格の見直しによって、介護職のスキルアップの道が大きく開けました。年齢を重ねてしまった方でも遅くはありません!これからさらに深まる高齢者社会の中で働くための術を見つけてみましょう。

呼称変更の目的とは…?

ホームヘルパー(訪問介護員養成研修)制度が廃止されたのは、2012年度末のことです。2013年度からはそれに代わる資格として、「介護職員初任者研修」がスタートされました。「ホームヘルパー2級 廃止」のニュースは、新たに介護業界で働くために準備を始めていた方にはちょっとした衝撃が走りましたが、キャリアアップへ大きな道が開けることが分かりました。

この制度が大きく変わった目的なのですが、これまで複雑だった介護福祉に関する資格制度を一元化することです。スムーズに、国家資格である介護福祉士の資格を取得できるように、必修科目履修の重複を避けるべくシンプルなものへと見直しされたのです。

また、介護福祉士受験資格のハードルを明確にすることにもつながります。その結果、介護福祉士の資格を取得するために複数の資格を取得するといった遠回りを防げます。そして介護ヘルパー研修修了だけでスキルを終了させることなく、多くの方がキャリアアップを目指せるようにする目的があります。

介護職員初任者研修とホームヘルパー2級の資格の違い

さて、これまでのホームヘルパー2級の場合は、「訪問介護」に限定した家事支援・身体介護を中心とした資格でした。新しい介護ヘルパー研修(介護職員初任者研修)では訪問介護や施設介護などを問わず、介護職に携わるための基本的な知識や技術を身につけるための研修と位置付けられるようになりました。位置付けの定義を広く解釈しただけであり、基本的にはホームヘルパー2級の定義と変わらないと考えて差し支えありません。

資格取得までのステップに違いはある?

高齢者介護に欠かせない介護職員初任者研修は、従来のホームヘルパー2級の取得フローと何ら変わりありません。講義受講と実技実習を合わせて130時間受講することで取得できます。

ただし、資格取得のための履修内容の内訳が変更となり、130時間の研修の中で実技スクーリング重視となりました。内訳は講義40時間・実技実習90時間 となっています。実技実習の中で、施設実習は任意 となりましたので、若干の余裕が生まれたと捉えて良いでしょう。また、筆記式の修了検定に合格しなければ資格を取得することができません。修了検定不合格の場合でも、補講を受講するだけで再試験にチャレンジできます。

若干の履修科目の変更はあれど、従来のホームヘルパー2級保持者もそのまま資格を生かすことが可能で、改めて資格を取得する必要はありません。介護職員初任者研修資格を取得することで、実務経験3年以上で「介護福祉士」 、5年以上で「ケアマネージャー」 の受験資格が発生します。仕事上でのスキルアップ・ステップアップも見込めますね。

本記事は、2015年11月9日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


「介護職員初任者研修(旧名称ホームヘルパー2級)」の講座・レッスン

  1. TOP
  2. 習い事で毎日を楽しくマガジンTOP
  3. 介護職員初任者研修(旧名称ホームヘルパー2級)
  4. ボルダリングに適した服装とシューズはどういうもの?