1. 職場から自宅まで。様々な場所で使われるアロマディヒューザーが女性にオススメな理由とは?
aroma_010
  • 2016年10月23日UP
  • カテゴリ:アロマ

職場から自宅まで。様々な場所で使われるアロマディヒューザーが女性にオススメな理由とは?

aroma_010

職場の会議室や待合室で、ふとよい香りに気が付いた経験はありますか?そんな空間では、部屋の片隅や窓辺にアロマディヒューザーがこっそりと置いてあることがほとんどです。今回は、アロマディヒューザーの魅力や意外と知らない使用シーンについて詳しくご紹介します。

アロマディヒューザーってどんなアロマグッズ?

アロマディヒューザーとは、電気によって加熱されたアロマウォーターの水蒸気からアロマの香りを楽しむことができるアロマグッズです。アロマディヒューザーから発される水蒸気は空気の乾燥を防ぐ効果も持つので、加湿目的と合わせて使用されるケースが多くなっています。
現在、販売されているアロマディヒューザーには卓上用の小型タイプから据え置き用ものなどがあり、形状やカラーにバリエーションがあるので使用シーンや周りのインテリアに合わせて好みのデザインを自由に選べる点が魅力です。また、近年では香りが広がりやすいアロマドロップ式だけでなく、霧状のミストでふわっと優しく香る超音波式のアロマディヒューザーに人気が高まっています。

アロマディヒューザーの使い方

家庭や職場で使用されているアロマディヒューザーの多くは、主に超音波式の霧状ミストを噴出するタイプのアロマディヒューザーで、しばしばアロマディヒューザーとも呼ばれます。使い方は商品によっても異なりますが、まず規定量の水を本体容器内に入れ、吸気口近くのフィルターに好みの香りのアロマオイルや精油を垂らします。この2点のセットが完了したら、あとは電源を入れるだけ自動的に本体の水が過熱され、簡単にアロマを楽しむことができます。商品によっては使用できるアロマオイルが限られている場合もあるので、購入時は事前によく確認しておきましょう。コンセントから電源を取り、火を使わずにアロマを楽しむことができるので目を離しても安全に使用できます。

アロマディヒューザーが職場でよく使われる理由

アロマの香りと加湿の機能を兼ね備えたアロマディヒューザーですが、意識して目を向けてみるとオフィスの片隅や化粧室、医療機関や公共施設などで頻繁に見かけることができます。アロマと言えば自宅でゆっくり・・・という認識が強い方も多いかもしれませんが、目を離していても長時間稼働が可能で、頻繁な手入れが不要な点が魅力となり近年では多くの職場で導入されています。
毎日のお手入れとしては、1日1回本体容器内の水を換えたり、アロマオイルを垂らし直すだけなので忙しい職場でも導入しやすいのではないでしょうか。また、日中稼働し続けるエアコンによって乾燥しやすい職場や各施設にアロマディヒューザーを設置することで、働く人や利用者にとって心安らげる空間となります。

まとめ

アロマディヒューザーは、数あるアロマグッズの中でも香りを楽しむだけでなく、加湿ができる優れものです。そのため、乾燥によるストレスを感じやすい女性を中心に多くの方が公私を問わず使用しています。
是非、この機会に好みの香りで自宅や職場の加湿を兼ねて使用してみてはいかがでしょうか?その場にいる自分だけでなく、周囲の人々全員が「素敵な空間だなぁ」と感じること間違いありません。

エリアを選んでスクール探し♪
全国にあるアロマが習えるスクール・教室一覧へ

本記事は、2016年10月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


「アロマ」の講座・レッスン

  1. TOP
  2. 習い事で毎日を楽しくマガジンTOP
  3. アロマ
  4. 介護職員基礎研修の廃止に伴う介護実務者研修とは?