バレエ公演を愉しむのは音楽から!バレエの歴史と有名曲を知ろう

バレエ公演を愉しむのは音楽から!バレエの歴史と有名曲を知ろう

バレエは、ルネッサンス期のイタリア発祥の伝統ある舞台芸術です。バレエ公演を観る時は、いくつかの代表曲と歴史を知っておくと世界が広がります!もっとバレエ公演を楽しむために、おすすめの豆知識をお届けします!


ヨーロッパ貴族に愛されたバレエ

ルネッサンス期のイタリアで始まったバロ(Ballo)は、貴族たちが地面に円を描いていく遊びでした。そこから合唱の振り付けになり、宮廷貴族の間で楽しまれるようになりました。特に、ルイ14世はバレエが大好きなことで有名で、自ら舞台に出演し、王立舞踏アカデミーまで作ってしまうという、ものすごい熱の入れようでした。

今現在「バレエ」と聞いて連想されるような、ふわふわの衣装と爪先立ちが特徴のバレエは、フランスで発展したロマンティック・バレエが基礎になっており、その後ロシアに伝わってストーリー性のあるクラシック・バレエが完成しました。フランスで発展したため、バレエ用語はほぼフランス語の単語です。

20世紀初頭には、モダン・バレエという独創的なバレエを始める舞踏家が現れました。現在鑑賞できるのは、クラシック・バレエと、モダン・バレエがメインです。バレエは、無言で踊るので、必ずバックミュージックがかかります。バレエのために作曲されたクラシック音楽は、いくつかの代表作が残っており、今でもよく踊られる演目として有名です。

有名作品1:くるみ割り人形

くるみ割り人形は、一番有名といっても過言ではないほどよく踊られる作品です。チャイコフスキー作曲の三大バレエ音楽(あとの二つは「白鳥の湖」と「眠れる森の美女」)の一つです。ストーリーは知らなくても、イントロを聴けば知っているという人も多いでしょう。

クリスマスの夜のファンタジックな世界が人々を魅了してきました。くるみ割り人形をクリスマスの夜にプレゼントされた主人公は、くるみ割り人形(実はお菓子の国の王子)にお菓子の国へ連れて行ってもらいます。様々な人物による舞踏(スペインの踊り、アラビアの踊り、中国の踊りなど)でもてなされる主人公。それぞれ全く曲想の異なった曲であるため、一節だけを発表会で上演することもあります。きらびやかで豪華な演出が特徴です。

日本ではアレンジが加わったバージョンも存在し、バレエ団ごとに味付けが施された独自の「くるみ割り人形」を楽しめます。

有名作品2:海賊

アドルフ・アダン作曲のバレエ音楽「海賊」は、少し特殊な楽曲です。1858年にマリウス・プティバによって上演された時に、チェザーレ・プーニが数曲を追加し、アレンジしました。その後いくつかの曲が追加され、今に至ります。

海賊はギリシャに面するイオニア海を舞台にした、難破した海賊の首領コンラッドと、ギリシャの娘メドゥーラとの恋物語です。途中、いくつもの試練が二人に降りかかりますが、一番の見所は難破船のシーンです。大波に飲まれて船が難破するところは、思わず見入ってしまうほどの迫力があります。音楽は、海を舞台にした壮大な曲想です。冒険とロマンが好き!という人には是非一度観ていただきたい作品です。

まとめ

バレエ音楽は、普段の生活にもそれとなく流れていることがあります。ステップを踏みやすいリズムのある曲が多いので、聴いているだけでも踊りたくなってきます。ご紹介した以外にも、有名曲は多数あります。バレエを鑑賞する前には、公演される曲の大まかなストーリーと、上演作が全体の一節だけの場合は、前後とのつながりを前もって予習しておきましょう!

本記事は2016年08月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもとに安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

関連する投稿


初心者の大人でも参加できるバレエ教室の魅力!

初心者の大人でも参加できるバレエ教室の魅力!

近年では、美容や健康ブームの影響もあり、大人になってからバレエを始める方が増えてきました。運動神経に自信がない方や初心者でも安心して通えるバレエ教室にはどのような場所があるのでしょうか。気になる選び方とともに、早速見ていきましょう。


バレエコンクール、発表会に出る際の注意点

バレエコンクール、発表会に出る際の注意点

教室によって異なりますが、バレエの発表会は1年または2年に1度行う教室が多いようです。一方で、その教室を飛び出してバレエ団のオーディションを目指す方もいらっしゃいます。ここでは、バレエの発表会とオーディションの相違点、気を付けなければならない点をお伝えします。


意外と知らない?バレエの衣装「レオタード」と「トップス」の違いについて知ろう !

意外と知らない?バレエの衣装「レオタード」と「トップス」の違いについて知ろう !

バレエのレッスンに欠かせないのが、「レオタード」です。様々な形があり、女性にとって憧れの衣装とも言われています。幼い頃、漫画を読んで憧れた経験を持つ方もいるのではないでしょうか。ここでは、バレエの衣装について解説します。キッズ向けのバレエ衣装に関してもご紹介いたします。


バレエボーイズが流行?増えつつある男性バレエダンサーとは

バレエボーイズが流行?増えつつある男性バレエダンサーとは

バレエといえば、女性の習い事というイメージが強い傾向にあります。ところが、海外のバレエ公演には、必ずと言っていいほど男性のバレエダンサー(バレエボーイ)が出演しています。高い跳躍力、筋肉の美しさといった強い踊りが特徴です。


バレエの基礎とも言えるストレッチについて学ぼう!

バレエの基礎とも言えるストレッチについて学ぼう!

ストレッチには、大きく分けて静的ストレッチと動的ストレッチの2種類があります。静的ストレッチには筋肉をほぐして緩ませる効果があり、動的ストレッチは筋肉を温めて関節の可動域を柔軟にする効果が期待できます。 最近では「準備運動に静的ストレッチを行うと、けがの恐れがある」説もあるようですが、球技や陸上のような競技とは違い、バレエの前に行うには静的ストレッチも動的ストレッチも有効な準備運動と言えるのです。


最新の投稿


クッキーを手作りするときの砂糖と焼き上がりの関係について

クッキーを手作りするときの砂糖と焼き上がりの関係について

お菓子作りに欠かすことのできないものと言えば、「砂糖」です。 現在でこそ砂糖を使わないお菓子のレシピや市販品が出回っていますが、それでも、この材料がとても重要なものであることは間違いありません。 当たり前のようにクッキーなどに入っている「砂糖」。 しかしこの「砂糖」の使い方によって、仕上がりが異なってくることをご存知でしょうか? 今回は、なかなか奥深いこの砂糖についてお話ししていきます。


「サロン開業の教科書講座」Vol.2  サロンの規模で変わる開業準備

「サロン開業の教科書講座」Vol.2 サロンの規模で変わる開業準備

手に職をつけていただくまで[サロン開業や就職、副業]を責任を持ってサポートする整体学校による記事です。 / “① 生徒さんへの開業支援の内容”や、好評いただいている“② サロン開業の教科書講座”、“③ 開業相談で寄せられるご質問”から「サロン開業に役立つ情報」を抜粋してご案内しています。 / サロン開業を志す方のご参考になればうれしいです。 / 今回は、前回の『目指すサロンの規模』に続いて、『サロンの規模ごとの準備』についてご案内します。


知らない名前も?一度は食べておきたい世界のお菓子の9種類

知らない名前も?一度は食べておきたい世界のお菓子の9種類

ケーキにプリン、クッキーという定番のお菓子から、ポテトチップスのようなスナック菓子、アイスクリームなどの冷菓、シャーベットなどの氷菓と呼ばれるものまで、お菓子の定義は幅広いです。


パティシエになるのはどんな資格が必要?年収(給料)は ?

パティシエになるのはどんな資格が必要?年収(給料)は ?

お菓子は、人の舌だけでなく、心まで幸せにしてくれます。お菓子が持つ甘味、美しい見た目、心が華やぐ香り……。 時にお菓子は、ただの「食べ物」であることを越え、「思い出」「喜び」とも直結するものになり得ます。 こんな素敵なものを作り出す「パティシエ」。 ここでは、パティシエを将来の夢としていたり、パティシエになるために頑張ったりしている人に対して、パティシエという仕事の実態となり方をお教えします。


空手には投げはあるのか?? ~武術としての空手の姿~

空手には投げはあるのか?? ~武術としての空手の姿~

テレビや雑誌で空手が紹介される事が増えてきました。スポーツとしての空手はルールがあります。流派によってルールも異なってきますが、多くは「掴み」は反則としています。多分掴みを認めると柔道と区別がつかなくなってしまうという事が考えられます。それでは空手には掴みはないのでしょうか??