コロナ禍で増大する介護職のストレス。ストレスチェック制度でいち早く心のケアを

コロナ禍で増大する介護職のストレス。ストレスチェック制度でいち早く心のケアを

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大で生活様式が一変し、多くの方が不安とストレスを抱えて働いています。特に介護の現場では、利用者の感染・症状の重篤化だけでなく、自身への感染不安からもストレスが高まっています。care for careworkerプロジェクト実行委員会が全国20歳以上の介護・福祉従事者224名を対象に行った「介護・福祉従事者の新型コロナウイルスに関する意識調査 」(2021年2⽉15⽇~18⽇)によると、回答者の85%が感染拡大前よりも仕事に心理的なストレスを感じていると回答しました。そこで今回は、ストレスチェック制度についてお伝えします。


介護職は何にストレスを感じるか

介護業界は、慢性的に従業員のストレスが溜まりやすい業界だといわれていますが、彼らはどんなことにストレスを感じているのでしょうか。ここでは、公益財団法人介護労働安定センターが令和2年(2020年)8月に発表した「介護労働者の就業実態と就業意識調査 」から、介護職の方が感じている悩み、不安、不満をみていきます。

まず、「労働条件等の悩み、不安、不満等」で回答が多かったのは次の項目です。

・人手が足りない(55.7%)
・仕事内容のわりに賃金が低い(39.8%)
・身体的負担が大きい(腰痛や体力に不安がある)(29.5%)
・有給休暇が取りにくい(27.6%)
・精神的にきつい(25.6%)

「人手が足りない」の項目は、訪問系、施設系(入所型)、施設系(通所型)のいずれの職種でもトップとなっています。それが、下位の「休憩が取りにくい(22.6%)」「労働時間が不規則である(11.3%)」「労働時間が長い(9.0%)」といったストレスにもつながっていそうです。

次に、「職場での人間関係等の悩み、不安、不満等」では、次のような回答が上位を占めました。

・部下の指導が難しい(20.6%)
・自分と合わない上司や同僚がいる(20.2%)
・ケアの方法等についての意見交換が不十分である(20.1%)

そして、「利用者及びその家族についての悩み、不安、不満等」では、次のような回答が上位を占めています。

・利用者に適切なケアが出来ているか不安がある(39.7%)
・利用者と家族の希望が一致しない(23.0%)
・介護事故(転倒・誤嚥その他)で利用者に怪我をおわせてしまう不安がある(22.8%)

労働環境、職場での人間関係、そして利用者やその家族との関係。このように、介護の現場ではさまざまなストレス要因があります。

ストレスチェック制度を利用して、介護職のストレス度合いを見える化する

ストレスチェック制度とは?

ストレスチェック制度とは、従業員50人以上の事業所に対して、従業員の心理的な負担の程度を把握するための検査を年1回実施することを義務化する制度のことです。平成27年(2015年)12月に施行されました。なお、従業員50人未満の事業所に関しては当面の間、努力義務とされています。

制度では、調査票を用いて従業員の「仕事」「直近1ヶ月間の自身の状態」「周囲の人々」「満足度」などについて、簡易調査を行います。その結果からストレス度合いを点数化・評価し、本人に通知。必要に応じてセルフケアを指導したり、高ストレス者が発見された場合、医師による面談や相談窓口の案内などの実施が推奨されています。

そして、この検査結果は、所轄の労働基準監督署長に提出しなければなりません。なお、この結果を就業上の措置に必要な範囲を超えて本人以外が閲覧すること、ストレスチェックに関する労働者の秘密を事業者が不正に入手することは禁じられています。また、この結果によって従業員が不利益を被るような事態を防止するために、この結果を理由とする雇止め、退職勧告、降格、理不尽な配置転換などを事業所が行うことは禁じられています。

なぜ、ストレスチェック制度が導入されたのか

ストレスチェック制度が導入された要因には、「少子高齢化による生産年齢人口の減少」「働き方改革」などがあるとされています。現在、多くの業種で人材不足が慢性化しつつあるなか、働き方改革を実現させながら企業を持続的に成長させるためには、どうしても従業員に多くの負担がのしかかるからです。

精神障害による労災補償の請求件数の増加も要因の一つでしょう。令和2年度の「過労死等の労災補償状況」によると、精神障害による労災補償請求件数は2,051件で過去最多でした。5年前(平成27年度) と比較すると500件以上も増加しています。また、2,051件のうち支給決定件数は608件で、こちらも過去最多です。これは氷山の一角です。ストレス環境を我慢して働き続ける労働者は想像以上に多いのです。こうしたデータは、企業が労働者の負担軽減、心身の健康の維持のためにメンタルヘルス問題に真剣に向き合うべきであることを示しています。その具体的な取り組みとして、ストレスチェック制度が導入されたといえるでしょう。

ストレスチェック制度の2つの目的

ストレスチェック制度の目的は、大きく2つあります。

■従業員個人のストレス状況の把握
従業員個人のストレス状況を見える化し、その結果を本人に知らせることで、自覚のないストレスも含め、自らの状況を把握してもらいます。仮にメンタルヘルス不調の兆候があれば、セルフケアを指導したり、医師による面談や相談窓口につなげて、メンタルヘルス不調による精神疾患(障害)や休職・退職を未然に防止します。そのため、この制度は精神疾患により職や収入を失う可能性がある従業員、人材を失う可能性がある企業双方にとって効果的な対策となります。

■職場環境の改善
職場でのストレス要因を明確にし、勤務形態や組織の見直しなど、職場環境改善のための措置を講じます。これにより、長時間労働を防ぎ、従業員の疲労や過度の責任などが生じないように配慮、従業員がメンタルヘルス不調に陥るリスクを低減します。

介護職のストレスを軽減する

ストレスを認識したら、それを軽減・解消させることが求められます。ここではセルフケアだけでなく、事業者側がやるべき対処方法をご紹介します。

従業員が自分でできるケア方法

■プライベートと仕事を切り分ける
仕事は仕事として、プライベートな時間に仕事のことを考えない、ストレスを持ち込まないようにしましょう。料理や掃除、スポーツなど、仕事を忘れて集中してできることをやるのも一つの方法です。うまく切り分けられない時には、資格の勉強や趣味を楽しんだり、新しいことに挑戦したりするなど、物理的に切り替えるのもいいかもしれません。また、家族や友人に話を聞いてもらうのもおすすめです。

■自分なりの小さな気分転換方法を見つける
ストレスはどうしても溜まるもの。限界が来る前にリセットできるのが一番です。「おいしいものを食べる」「体を動かす」「マッサージに行く」「とにかく寝る」「お風呂に浸かる」「趣味に没頭する」など、特別なことじゃないような小さな気分転換方法を見つけておいて、こまめに自分を労ってあげましょう。

事業者側がやるべき対応

■相談しやすい環境づくりに努める
何か問題が起こった時だけでなく、日頃から積極的に従業員の声を聞き、相談しやすい環境を整えるよう努めましょう。従業員が何に不安や不満を感じ、何を求めているかを把握して、改善に取り組むことです。

■メンタルヘルスに関する情報・教育の提供
メンタルケア研修を実施するなどして、従業員にストレスの気付き方、予防・対処方法などの情報を提供します。介護業界に特有のストレスを軽減・解消するため、必要な場合には事業所内外の相談窓口へつなげられるように配慮します。

ストレスチェック制度を利用して、ストレスの少ない職場環境を実現する

ストレスチェック制度は、「頑張り過ぎている・追い詰められている自分自身に気付く」「よりよい職場環境をつくるための改善点を見つける」きっかけになるものです。人手不足が常態化していて、何かと難しいことや理不尽なことも多い介護業界で長く働く・働いてもらうには、少しでも働く人の心身の負担を軽減さしなければなりません。このストレスチェック制度を利用すれば、職場状況の改善や従業員のメンタルヘルス不調の防止にもつながります。みんなが働きやすい、ストレスの少ない職場環境の実現を目指しましょう。

「介護職員初任者研修(旧名称ホームヘルパー2級)」の講座・レッスンを探す
本記事は2021年08月10日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもとに安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

関連する投稿


【2021年度版】介護職でも産休、育休、介護休業は可能? 人員配置基準の見直しによって介護事業所の職場環境は劇的に改善

【2021年度版】介護職でも産休、育休、介護休業は可能? 人員配置基準の見直しによって介護事業所の職場環境は劇的に改善

常に人手不足でハードな仕事というイメージを持たれやすい介護職。ただ、介護の現場で働く人にもそれぞれのプライベートがあり、結婚、妊娠出産、子育て、家族の介護といったライフイベントも当然起きます。また、介護業界でも働き方改革が進む中、長期的なキャリア展望のもとで働き続けたいという人も増えています。産前産後休業(産休)、育児休業(育休)、介護休業といった、ライフイベントに合わせた休暇は、介護職でも取得可能なのでしょうか。ライフステージが変わっても介護職として活躍したいと希望する方に向けて、各種制度についてご紹介します。


高齢化社会でニーズ高まる、「自分らしい死」をサポートする看取り介護

高齢化社会でニーズ高まる、「自分らしい死」をサポートする看取り介護

高齢化社会の今、人生最後のときを穏やかに自分らしく迎えたいという希望を持つ方が増えています。今後、2040年頃には死亡数が最大に達するとされ、看取りの需要は今まさに高まっているところです。こうした社会的なニーズに加え、2006(平成18)年の看取り介護加算の追加によって、看取り介護を実施する介護施設が増えてきました。今回は、介護における看取りとはどのようなものなのか。そして、看取り介護と、緩和ケア、終末期ケア、エンゼルケアにはどのような違いがあるのかを説明します。また、看取りをサポートする関連資格についてもご紹介します。


進化する医療用ロボット。コロナ禍で期待を集める

進化する医療用ロボット。コロナ禍で期待を集める

少子高齢化により、多くの業種で人手不足が慢性化しています。それは医療業界も同様で、特に最近では新型コロナウイルス感染症の拡大の影響もあり、人手不足の解消は喫緊の課題となっています。そこで、現在、大きな注目を集めているのが医療用ロボットです。手術のサポートはもちろん、診療事務や調剤、介護など、さまざまな医療現場にロボットの導入が進んでいます。今回はこの医療用ロボットについて、どういった種類があるのか、導入のメリット・デメリット、そして最新の動向をお伝えします。


介護職員や要介護者の負担を軽減すると期待されている介護ロボット、コロナ禍で普及が進むか

介護職員や要介護者の負担を軽減すると期待されている介護ロボット、コロナ禍で普及が進むか

介護業界の人手不足解消は、少子高齢化が進む日本において喫緊の課題です。しかし、高齢化のスピードに雇用が追いつかない現状では、人の雇用以外にも何かしらの対策が求められます。そこで、今、大きな注目が集めているのが介護ロボットの活用です。最近では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染予防としても注目されています。今回は、介護ロボットの概要・種類、求められる背景から、介護ロボットの最新動向についてお伝えします。


介護職への転身でお金がもらえる? 2021年4月より導入された就労支援パッケージってどういう制度?

介護職への転身でお金がもらえる? 2021年4月より導入された就労支援パッケージってどういう制度?

慢性的な人手不足にある介護の現場。そんな状況にもかかわらず、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対処が加わったことで、介護職員の業務量と負荷は従来よりも増大しています。今や、介護職の人材確保は喫緊の課題と言えるでしょう。そこで、厚生労働省は新型コロナウイルスの影響で仕事を失った人たちの、介護・障害福祉職への転身を支援する就職支援パッケージの導入を決定、2021年4月から実施しています。


最新の投稿


【2021年度版】介護職でも産休、育休、介護休業は可能? 人員配置基準の見直しによって介護事業所の職場環境は劇的に改善

【2021年度版】介護職でも産休、育休、介護休業は可能? 人員配置基準の見直しによって介護事業所の職場環境は劇的に改善

常に人手不足でハードな仕事というイメージを持たれやすい介護職。ただ、介護の現場で働く人にもそれぞれのプライベートがあり、結婚、妊娠出産、子育て、家族の介護といったライフイベントも当然起きます。また、介護業界でも働き方改革が進む中、長期的なキャリア展望のもとで働き続けたいという人も増えています。産前産後休業(産休)、育児休業(育休)、介護休業といった、ライフイベントに合わせた休暇は、介護職でも取得可能なのでしょうか。ライフステージが変わっても介護職として活躍したいと希望する方に向けて、各種制度についてご紹介します。


違いがわかる人になりたい。おとなの嗜みとしてのお酒を学ぶ通信講座・オンラインレッスン3選

違いがわかる人になりたい。おとなの嗜みとしてのお酒を学ぶ通信講座・オンラインレッスン3選

コロナをきっかけに、おうちでお酒を飲む機会が増えたという方も多いのではないでしょうか。宅飲みだと、どうしても手軽な缶チューハイやビールばかり飲んでしまったり、大きな瓶で買ったお酒に飽きてしまったり、ツマミのレポートリーが尽きたり……と、マンネリは避けられないもの。どうせ飲むなら、自分好みのお酒を、お酒にぴったりの料理と一緒にたのしみたいですよね。そのためには、まずお酒やツマミを選ぶ基準となる知識が必要です。今回は、おうちでもバーやレストランのようにお酒をたのしむための知識と技術を身につけられるオンライン講座・レッスンを3つご紹介します。


人生に迷ったり、悩んだ時の道標を見つけよう。占いを身につける通信講座・オンラインレッスン3選

人生に迷ったり、悩んだ時の道標を見つけよう。占いを身につける通信講座・オンラインレッスン3選

占い、信じますか? あんまり信じてないけど、なんとなく朝のニュース番組で「今日の占い」を見ちゃう。いい結果なら信じたいし、悪い結果ならちょっと気にする、くらいの付き合いをしている方も多いのではないでしょうか。人生を預けるには頼りないけど、困った時の神頼みのように、迷った時には占いが、心の支えになることもあります。今回は、迷ったり困ったりした時に人生を少しいい方向に導くきっかけになりそうな、占いを学べる通信講座・オンラインレッスンを3つご紹介します。


医師をサポートする! 人気急上昇の医療秘書は医療事務とどう違う?

医師をサポートする! 人気急上昇の医療秘書は医療事務とどう違う?

景気の波に関係なく需要が見込める医療のお仕事。中でも最近人気を集めているのが、医師をサポートする「医療秘書」のお仕事です。医療機関で責任ある仕事に就きたいと思っている方や、秘書経験・コミュニケーション力を活かした仕事に就きたいと思っている方には、まさにうってつけのお仕事です。今回は、同じ医療機関で受付・事務に当たる医療事務との違いや医療秘書を目指すための資格についてもご紹介します。コロナ禍で医療従事者の重要性が改めて見直されている今、医療現場の最前線で働く医療秘書を目指してみませんか。


毎日のことだから、丁寧に向き合いたい。睡眠に関する通信講座・オンラインレッスン3選

毎日のことだから、丁寧に向き合いたい。睡眠に関する通信講座・オンラインレッスン3選

「人生の3分の1は睡眠」というように、睡眠は人生の中でも重要なもの。しかし、寝ようと思った時間に寝付けなかったり、さまざまな理由で夜中に目覚めてしまったり、そもそも忙しくてゆっくり眠ることが難しいなど、睡眠に関する悩みは多いものです。十分な時間をとった質のいい睡眠は、心身の疲れをとったり、日中のコンディションを整えたり、美容や健康の基礎になったり、学びや遊びの活力を生み出します。今回は、「よりよい睡眠」を求める方におすすめの、睡眠に関して専門的に学べる通信講座・オンラインレッスンを3つご紹介します。