プイリやウクレレなどの、フラダンスで使う楽器について

プイリやウクレレなどの、フラダンスで使う楽器について

フラダンスといえばウクレレ の印象が強いですが、フラダンスで使われる楽器はそれだけではありません。他にもウリウリやイプなども使われています。今回はウクレレで使われる楽器について解説します。


ひょうたんを張り合わせたイプヘケ

イプヘケはひょうたんを二つ張り合わせた楽器です。これはひょうたんの側面を叩いて音を出す打楽器で、フラダンスでもよく用いられます。イプヘケを奏でる際にはカウラと呼ばれるストラップが必要で、カウラを用いることで音をより響かせられます。

イプヘケは形状によって使用用途が異なることも特徴です。例えば、下部が細長いイプヘケは音を遠くまで聴かせることができます。そのため、伴奏用に用いられます。また、一つのひょうたんから作られるイプヘケオレもあります。

イプヘケに用いられるひょうたん

そもそもイプとはハワイでは「ひょうたん」を意味しますが、イプヘケに用いられるイプは主に瓶型、オロ型、やかん型の三つです。瓶型は日本人が連想する”ひょうたん”に似ており、イプヘケオレに使用されます。

オロガタは他のイプよりも一回り大きいのが特徴で、イプヘケの下部に使用されます。また、やかん型のイプは全体的に丸く、イプヘケの上部に用いられます。イプは水筒としても使用されていましたが、このようにハワイの文化と密接な関係があるのがイプなのです。

ウクレレとフラダンス

ウクレレは当初は「ビラ・リイリイ」と呼ばれていましたが、そんなウクレレの歴史は比較的新しいものです。ウクレレは一九世紀後半にポルトガル人によって持ち込まれたブラギーニャと呼ばれるギターがその原型と言われています。

このブラギーニャがハワイ原産のコアの木で作られるようになり、独自の発展を遂げたのが今のウクレレです。このようにウクレレは比較的最近できたものなのですが、そんなこともあって現代フラダンスでのみ用いられることも特徴です。

その他の楽器

他にも各種の楽器がフラダンスでは用いられます。例えば、マスカラに似た楽器「ウリウリ」がその一つです。ウリウリはヤシの実をくり貫き、その中にポエなどの実を入れた楽器で、羽が装飾として付いていることが特徴です。他にフラダンスで使われる楽器にはプイルもあります。プイリは棒状の打楽器で、二本一組にして用います。棒同士を打ち合わせて音を奏でるだけでなく、肩や手などをプイリで叩いて音を出します。

また、プーニウという楽器もあります。これは半分にしたココナッツの実に動物の皮を張った打楽器で、太鼓に似ています。この他にも、儀式の始まりを告げる際に用いられるプーやカスタネットに似たイリイリなどがありますこのようにフラダンスの楽器には色々なものがあり、楽器ケースもそれぞれに対応したものがあります。

まとめ

フラダンスで用いられる楽器は実に豊富です。「フラダンス=ウクレレ」といった印象が強かった人にとっては、これだけ色々な楽器がフラダンスで使われていることは驚きかもしれません。このようにフラダンスの音楽は奥が深く、あまり知られていないことも多い踊りなのです。

本記事は2016年08月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもとに安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

関連する投稿


Hawa’ii(ハヴァッイイ)の語源知ろう!

Hawa’ii(ハヴァッイイ)の語源知ろう!

ハワイを訪れる方は日本にも沢山いると思います。私達はハワイと言いますがハワイアン達はHawai’i(ハヴァイッイ)と言います。Ha(呼吸)wai(お水)’I(神)呼吸が出来、お水があり、神がいるから生きられると言うところからこの諸島の名前が付けられたそうです。


フラダンスはメイクが大切!フラダンス時のメイクと髪型のセット方法とは

フラダンスはメイクが大切!フラダンス時のメイクと髪型のセット方法とは

フラダンスを踊る際には服装やメイク、小物、アクセサリーなどにも気を使いたいものです。また、メイクが決まっていればやる気も出てきます。そんなフラダンスを踊る際にやっておきたいメイクや髪のセット方法について紹介します。


フラダンスの最大規模イベント「メリー・モナーク」の楽しみ方

フラダンスの最大規模イベント「メリー・モナーク」の楽しみ方

フラダンスには実は競技会がたくさんあります。その中でも最大の規模と存在感を誇るものが『メリー・モナーク・フェスティバル』です。この競技会は最も歴史が古く、既に50回以上開催されています。雑誌などでも特集が組まれるほどホットなフラダンスの発表会『メリー・モナーク・フェスティバル』についてご紹介します。


ハワイアン・ミュージックやフラダンスの有名曲を紹介

ハワイアン・ミュージックやフラダンスの有名曲を紹介

「フラダンスを始めたいけど何から学べば良いのかわからない……」なんて考えている方へ。まずは、フラダンスに欠かせないハワイアン・ミュージックに慣れてみるのはいかがでしょうか? 難しい技術や知識がなくても、音楽は自然と心や体を癒やしてくれるものです。ここでは、フラダンス初心者におすすめの有名な曲をご紹介します。


フラダンスはステップとハンドモーションが命!フラダンスの基本を学ぼう

フラダンスはステップとハンドモーションが命!フラダンスの基本を学ぼう

フラダンスの大まかな基本は二つあります。一つはハンドモーションです。ハンドモーションは、形や動きにそれぞれ意味のある手話のようなもの。それを手話ではなく踊りとして完成させるために、もう一つの基本であるステップが必要になります。ステップは、足の運びから体全体をリズムに乗せるための土台です。今回は、基本のステップとハンドモーションについてご紹介いたします。


最新の投稿


グースクール編集部が選ぶ!<参考になった口コミ賞> 2018年8月度

グースクール編集部が選ぶ!<参考になった口コミ賞> 2018年8月度

暑さも少し落ち着き始めました。過ごしやすい気候になってきましたね。さぁ、季節は秋に突入です。「読書の秋」「スポーツの秋」「勉強の秋」など、皆さんには「●●の秋」がありますか?9月は3連休も多く、自分と向き合う、趣味に没頭するなど、「始める」季節としては良い季節かもしれませんね。 今回は8月度の口コミ賞となりますが、皆さんの秋にぜひ役立ててくださいね♪


「セラピストが解剖学などを学ぶコツ」(「現役のセラピストが整体学校に通う理由のトップ3」の続き)

「セラピストが解剖学などを学ぶコツ」(「現役のセラピストが整体学校に通う理由のトップ3」の続き)

前回、『「なぜ現役のセラピストが整体学校に通うのでしょう」その理由のトップ3』という記事を書かせていただきました。3つの理由をあげさせていただいたところ、多くの反響をいただいたので、続きを書かせていただきます。


日常に潜む声の敵に注意して!『vol.1 基礎編』

日常に潜む声の敵に注意して!『vol.1 基礎編』

今回は、喉や声にとっての「敵」のお話をしていきます。どれだけ良い訓練をしていても、日常生活の中で「敵」になるようなことをしてしまっていては、意味がなくなってしまいますので、参考にして注意してみてくださいね。


「なぜ現役のセラピストが整体学校に通うのでしょう」その理由のトップ3

「なぜ現役のセラピストが整体学校に通うのでしょう」その理由のトップ3

もとは未経験の方が多く通われていたのに、気づくと現役のセラピスト、整体師の方のほか、柔道整復師や鍼灸師、看護師、助産師、パーソナルトレーナー、エステティシャンの方々の占める比率が半分ほどになりました。現役で活躍される方々に通われている理由を聴いてみました。


耳の訓練について『vol.1 ファミレス編	②』

耳の訓練について『vol.1 ファミレス編 ②』

前回ご紹介させていただきました「耳の訓練について『vol.1 ファミレス編 』」の続きとなります。今回もファミレスでもできる訓練をご紹介します♪