ヒップホップの基本ステップ、クラブステップをマスターするコツ

ヒップホップの基本ステップ、クラブステップをマスターするコツ

ヒップホップダンスを格好良く踊る為には、基本ステップをマスターする必要があります。基本ステップを組み合わせて、アレンジができるようになると、曲に合わせて格好良く踊れるようになります。初心者でも踊りやすいクラブステップについて、コツをお伝えしたいと思います。コツを掴めば、マスターしやすいステップなので、是非参考にしてみてください。


クラブステップはどんなステップ?

クラブステップの「クラブ」とはカニの事です。カニが左右に動くような足の動きが、とても特徴的です。ステップをどのくらいのカウントで左右に動くかによっても、表情が違ってきて、コミカルな動きにはぴったりなステップです。

クラブステップの足の動きに注意!

クラブステップの足の動きのみについて説明します。まず、両足でつま先立ちになります。そこから右方向に進むように、踵を下ろします。次に踵で立つようにして、つま先を浮かせて、右方向に進むようにつま先を右に動かします。これを繰り返しましょう。横方向にどんどん進められるように、基本の足の動きを体で覚えましょう。それができるようになったら、左に進む動きも練習しましょう。音楽に合わせてやってみると、気分も盛り上がりますし、ステップもやりやすいですよ!

クラブステップのやりかた

基礎となる足の動き行うと、足は平行になる形で左右に動いていましたね。それではいよいよ、クラブステップの動きをやってみましょう。スタートは足をハの字の形にして始めます。足をハの字に置いたら、右足はつま先立ち、左足は踵で立ちます。そしてはじめに練習したクラブステップの足の動きで、左方向へ進みましょう。そうすると左に一歩進み、足の形は逆ハの字になっていますね。次に右足は踵で立ち、左足はつま先で立ちます。そして左方向へハの字の足の形になるように進みます。このやり方で、クラブステップができました。1カウントで、今説明した動きがすべて入ります。右方向も同じように行います。右に行く時は、ハの字の形から、右足は踵で立ち、左足はつま先で立ち右方向へ進みます。次に、逆ハの字から、右足はつま先で立ち、左足は踵で立ち、右方向へ進むと言った具合です。はじめは2カウントずつ左右に動く動きを練習してみると良いと思います。

この動きが基本的なクラブステップの動きになります。この動きに加えて、足が逆ハの字に足がなっている時に、リズムに合わせて、上半身をダウンさせる動きを入れると、躍動感が出て格好良くなります。また、バリエーションを持たせたい時には、クラブステップをしている時に左右同じカウントで動くのではなくて、2カウント右、2カウント左、1カウント右、1カウント右といったように、変化をいれて踊るといいです。色々な表情が出てきます。

クラブステップは、ヒップホップダンスの初心者が必ず習う基本のステップです。慣れてきたら、肩を上下させる動きや、手の動きなどを加えていくと、動きのバリエーションが増えていきます。とても使えるステップです。かわいらしくも、コミカルにも、またクールにもなるクラブステップを、足の動きをマスターして、是非踊ってみてください!

本記事は2015年11月09日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもとに安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

関連する投稿


文化としてのHIPHOPとB-BOYING/BBOYへの道

文化としてのHIPHOPとB-BOYING/BBOYへの道

一般的にHIPHOPと聞いてイメージするのは、ダンスかファッションが多いだろう。しかし本来のHIPHOPの発祥は、1970年代のアメリカニューヨークブロンクス地区で、ヒスパニック系の住民のコミュニティで行われていたブロックパーティから生まれた文化である。


ヒップホップ四大要素の一つ、ブレイクダンス(Breakin’)とは?

ヒップホップ四大要素の一つ、ブレイクダンス(Breakin’)とは?

ブレイクダンスは 1970年代に、ニューヨークのサウスブロンクスで発祥したストリートダンスのスタイルです。日本語ではブレイクやBreakin’とも略され、ギャング同士の抗争で、銃撃戦の代わりに用いたダンスバトルで発展したと言われています。現在はアフリカの民族舞踊やブラジルの格闘技などの動きを取り入れ、アクロバティックでダイナミックな技が人気です。また、現在世界で最もダンス人口が多いジャンルでもあります。そんなブレイクダンスのテクニックや仕方、服装の特徴などを紹介します!


中学校学習指導要領によるダンス必修化の目的は何?

中学校学習指導要領によるダンス必修化の目的は何?

文部科学省は平成20年に改定した新学習指導要領に基づき、平成24年からダンス授業を体育の必須としました。そして文部科学省はダンス教育が円滑に行われるために中学校保健体育科教員向けのリーフレットを作成しています。その中でも学習指導要領が示す体育で行うダンスを3つに分け、「現代的なリズムのダンス」、「フォークダンス」、「創作ダンス」のいずれかを必修するように指導しています。これにより中学校の体育の指導教員は、ダンスという今までになかった科目を勉強することになりました。今なぜ文科省がこのような指導をしているのか、どのようなメリットがあるのかを説明します。


ストリートダンスの一種、ハウスダンスとは?

ストリートダンスの一種、ハウスダンスとは?

メジャー化しているヒップホップダンス程は知られていないハウスダンス。しかしその歴史はヒップホップダンスとほぼ同時期から始まっています。ダンス界では知られた存在で、若者を中心に今、人気のあるダンスのひとつでもあります。そんなハウスダンスとは、一体どんなものなのでしょうか。


hiphop danceの定番技、ポップコーンをマスターする具体的なダンス練習法

hiphop danceの定番技、ポップコーンをマスターする具体的なダンス練習法

hiphop danceの定番技であるポップコーンダンスは、初心者向けのダンスですが、中々に難しいと言われています。しかし、ヒップホップダンスの中では基本ステップの1つで、応用が効きやすく、覚えておくと損はしないでしょう。そんなhiphop danceの定番技、ポップコーンダンスの練習法をご紹介します!


最新の投稿


クッキーを手作りするときの砂糖と焼き上がりの関係について

クッキーを手作りするときの砂糖と焼き上がりの関係について

お菓子作りに欠かすことのできないものと言えば、「砂糖」です。 現在でこそ砂糖を使わないお菓子のレシピや市販品が出回っていますが、それでも、この材料がとても重要なものであることは間違いありません。 当たり前のようにクッキーなどに入っている「砂糖」。 しかしこの「砂糖」の使い方によって、仕上がりが異なってくることをご存知でしょうか? 今回は、なかなか奥深いこの砂糖についてお話ししていきます。


「サロン開業の教科書講座」Vol.2  サロンの規模で変わる開業準備

「サロン開業の教科書講座」Vol.2 サロンの規模で変わる開業準備

手に職をつけていただくまで[サロン開業や就職、副業]を責任を持ってサポートする整体学校による記事です。 / “① 生徒さんへの開業支援の内容”や、好評いただいている“② サロン開業の教科書講座”、“③ 開業相談で寄せられるご質問”から「サロン開業に役立つ情報」を抜粋してご案内しています。 / サロン開業を志す方のご参考になればうれしいです。 / 今回は、前回の『目指すサロンの規模』に続いて、『サロンの規模ごとの準備』についてご案内します。


知らない名前も?一度は食べておきたい世界のお菓子の9種類

知らない名前も?一度は食べておきたい世界のお菓子の9種類

ケーキにプリン、クッキーという定番のお菓子から、ポテトチップスのようなスナック菓子、アイスクリームなどの冷菓、シャーベットなどの氷菓と呼ばれるものまで、お菓子の定義は幅広いです。


パティシエになるのはどんな資格が必要?年収(給料)は ?

パティシエになるのはどんな資格が必要?年収(給料)は ?

お菓子は、人の舌だけでなく、心まで幸せにしてくれます。お菓子が持つ甘味、美しい見た目、心が華やぐ香り……。 時にお菓子は、ただの「食べ物」であることを越え、「思い出」「喜び」とも直結するものになり得ます。 こんな素敵なものを作り出す「パティシエ」。 ここでは、パティシエを将来の夢としていたり、パティシエになるために頑張ったりしている人に対して、パティシエという仕事の実態となり方をお教えします。


空手には投げはあるのか?? ~武術としての空手の姿~

空手には投げはあるのか?? ~武術としての空手の姿~

テレビや雑誌で空手が紹介される事が増えてきました。スポーツとしての空手はルールがあります。流派によってルールも異なってきますが、多くは「掴み」は反則としています。多分掴みを認めると柔道と区別がつかなくなってしまうという事が考えられます。それでは空手には掴みはないのでしょうか??