中学校学習指導要領によるダンス必修化の目的は何?

中学校学習指導要領によるダンス必修化の目的は何?

文部科学省は平成20年に改定した新学習指導要領に基づき、平成24年からダンス授業を体育の必須としました。そして文部科学省はダンス教育が円滑に行われるために中学校保健体育科教員向けのリーフレットを作成しています。その中でも学習指導要領が示す体育で行うダンスを3つに分け、「現代的なリズムのダンス」、「フォークダンス」、「創作ダンス」のいずれかを必修するように指導しています。これにより中学校の体育の指導教員は、ダンスという今までになかった科目を勉強することになりました。今なぜ文科省がこのような指導をしているのか、どのようなメリットがあるのかを説明します。


今なぜダンスが必修になったのか?

文科省がダンスを必修にした理由の1つに「多くの領域の学習体験をさせて自ら適した運動を選択させる」ためと答えています。この背景には子どもたちの生きる力を育むというテーマがあるようですが、この変更によって中学1年から2年生はこれまで選択性だった「ダンス」と「武道」を含めてすべての領域が必修となりました。この説明では武道も必修化されていますが、バランスを取るためにダンスも取り入れたようです。この武道も必須にした理由は伝統と文化を尊重するためであり、次のコラムで説明するダンスの種類があまりに突出しているために注目の的になっていません。実際はダンスと武道が必修になったのです。では今なぜダンスが必修になったことがこれほど注目されるようになったのかを順を追って解説します。

学校の体育で習うダンスは3種類のどれかを選択

冒頭でご紹介したダンスは「現代的なリズムのダンス」、「フォークダンス」、「創作ダンス」の3種類です。ここで疑問に思われた方もいるでしょうが、まったく聞きなれない「現代的なリズムのダンス」とは一体何でしょうか。実はこれヒップホップダンスの事を指しているのです。文部科学省らいしい命名ですが、ヒップホップにした理由はもっと深いところにあります。ヒップホップが若者に流行っているだけでなく、このダンスによって『踊れる能力を高める』ことより『仲間とのコミュニケーションを高める』ことを重視しているからです。確かにフォークダンスや創作ダンスも皆で踊りますが、特にヒップホップは3人以上の人数で踊るなどチームプレイが要求されるのです。それに全員が同じ動きをする必要もなく、うまい子はセンターに、苦手な子はサイドに配置したりして、心配りをする気持ちや連帯感を養いたいと考えているようです。

実際問題は教員の指導力

最近はアイドルを目指して子どものころからダンス教室に通うお子さんもいるので、ヒップホップといってもあまり抵抗感がないのでしょう。一方問題なのは実は教員の指導力だと言われています。実はなぜヒップホップばかりをここでとりあげているかというと全国の中学校の約66%以上がヒップホップを必修にすると回答しているからです。

先生はもともとプロのダンサーでもなく本格的に学んでないので、わざわざ外部講師としてプロダンサーを招いて授業を行っているところもあります。先生は学校の書類仕事や授業の用意など、教える以外にも忙しいものです。そこにダンスを学ぶ必要ができたのは、大変な労力です。一方そんな先生に指導を受ける子どもたちは、人に教えられるレベルでない体育の先生に指導を受けるのですから、デメリットもあるかもしれません。

文科省の狙いも理解できますが、本当に楽しんで学んでほしいのは子どもたちです。この授業を受けることで体育が好きになったり、新たな自分の可能性を見つけてくれることに期待したいと思います。

本記事は2015年11月06日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもとに安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

関連する投稿


文化としてのHIPHOPとB-BOYING/BBOYへの道

文化としてのHIPHOPとB-BOYING/BBOYへの道

一般的にHIPHOPと聞いてイメージするのは、ダンスかファッションが多いだろう。しかし本来のHIPHOPの発祥は、1970年代のアメリカニューヨークブロンクス地区で、ヒスパニック系の住民のコミュニティで行われていたブロックパーティから生まれた文化である。


ヒップホップの基本ステップ、クラブステップをマスターするコツ

ヒップホップの基本ステップ、クラブステップをマスターするコツ

ヒップホップダンスを格好良く踊る為には、基本ステップをマスターする必要があります。基本ステップを組み合わせて、アレンジができるようになると、曲に合わせて格好良く踊れるようになります。初心者でも踊りやすいクラブステップについて、コツをお伝えしたいと思います。コツを掴めば、マスターしやすいステップなので、是非参考にしてみてください。


ヒップホップ四大要素の一つ、ブレイクダンス(Breakin’)とは?

ヒップホップ四大要素の一つ、ブレイクダンス(Breakin’)とは?

ブレイクダンスは 1970年代に、ニューヨークのサウスブロンクスで発祥したストリートダンスのスタイルです。日本語ではブレイクやBreakin’とも略され、ギャング同士の抗争で、銃撃戦の代わりに用いたダンスバトルで発展したと言われています。現在はアフリカの民族舞踊やブラジルの格闘技などの動きを取り入れ、アクロバティックでダイナミックな技が人気です。また、現在世界で最もダンス人口が多いジャンルでもあります。そんなブレイクダンスのテクニックや仕方、服装の特徴などを紹介します!


ストリートダンスの一種、ハウスダンスとは?

ストリートダンスの一種、ハウスダンスとは?

メジャー化しているヒップホップダンス程は知られていないハウスダンス。しかしその歴史はヒップホップダンスとほぼ同時期から始まっています。ダンス界では知られた存在で、若者を中心に今、人気のあるダンスのひとつでもあります。そんなハウスダンスとは、一体どんなものなのでしょうか。


hiphop danceの定番技、ポップコーンをマスターする具体的なダンス練習法

hiphop danceの定番技、ポップコーンをマスターする具体的なダンス練習法

hiphop danceの定番技であるポップコーンダンスは、初心者向けのダンスですが、中々に難しいと言われています。しかし、ヒップホップダンスの中では基本ステップの1つで、応用が効きやすく、覚えておくと損はしないでしょう。そんなhiphop danceの定番技、ポップコーンダンスの練習法をご紹介します!


最新の投稿


グースクール編集部が選ぶ!<参考になった口コミ賞> 2019年2月度

グースクール編集部が選ぶ!<参考になった口コミ賞> 2019年2月度

編集部の周りでは、少しずつ梅や桜のつぼみを見かけるようになりました。今の環境からの卒業を控え、新生活が始まる方も多いかと思います。別れと出会いの季節とはよく言ったもので、3月は色々なコトで一区切りというところでしょうか。学び業界でも4月から新しく習い事を始めたり、新社会人をスタートして、スキルアップのためにセミナーに参加し始めたりと、多くの方の関心が集まる時期です。皆さんも気になる習い事がありましたらぜひ検索してみてください♪


小さなサロンの輝かせ方 vol.4 ~小粒でもキラリと光るあなたのサロンを~

小さなサロンの輝かせ方 vol.4 ~小粒でもキラリと光るあなたのサロンを~

こんにちは。吉祥寺でリラクゼーションサロンとスクールを運営しているfroの田本と申します。 最近リラクゼーション業界では、自宅やマンションの一室を改装した小さなサロンが人気を博しています。開業にかかる費用も少なく、技術があればそれなりにやっていくことができるので、新規出店をする人も増加の一途をたどっています。 でも、ちょっと待ってください。どうせやるなら、お客様に本当の満足と感動を与えられて、なおかつ自分で納得とやりがいを実感できるサロンを運営できた方が良いと思いませんか。 ここでは、そんなしっかりとした思いを持った方のために、キラリと光るサロン作りのヒントを与えられればと考えています。


  [ポスターカラー、透明水彩を使った作品]

[ポスターカラー、透明水彩を使った作品]

今回のイラストに使用された画材ポスターカラーは不透明の水性絵の具ですが、水の量を少し少なめにすると上から何度も重ねる事ができ、油絵やアクリル画に似た表現が可能です。 透明水彩は水と絵の具の量の加減が、とても難しい画材です。乾くと濡れているときよりも薄くなるので,絵の具の量が少ないと弱々しい作品になってしまいます。また、水の量が少なすぎると、ぱさついてしまい奇麗な筆のタッチがでなくなってしまいます。


武術的な背骨の活用法について

武術的な背骨の活用法について

動きの質を高めるため体幹を鍛えたり、柔軟性を高めたりする練習は一般的です。更に繊細に身体を使っていく際に背骨の動きを活用するという方法もあります。単にストレッチ的に背骨を動かすのではなく、目的によって技術を使い分けます。そんな側面をご紹介いたします。


小さなサロンの輝かせ方 vol.3 ~小粒でもキラリと光るあなたのサロンを~

小さなサロンの輝かせ方 vol.3 ~小粒でもキラリと光るあなたのサロンを~

こんにちは。吉祥寺でリラクゼーションサロンとスクールを運営しているfroの田本と申します。 最近リラクゼーション業界では、自宅やマンションの一室を改装した小さなサロンが人気を博しています。開業にかかる費用も少なく、技術があればそれなりにやっていくことができるので、新規出店をする人も増加の一途をたどっています。 でも、ちょっと待ってください。どうせやるなら、お客様に本当の満足と感動を与えられて、なおかつ自分で納得とやりがいを実感できるサロンを運営できた方が良いと思いませんか。 ここでは、そんなしっかりとした思いを持った方のために、キラリと光るサロン作りのヒントを与えられればと考えています。